Jun 07 2019

Shonen Knife(少年ナイフ)が新譜を発表

少年ナイフが新アルバム『Sweet Candy Power』を日本ではP-Vineから、オーストリアリアではヴァルヴ・レコードから、アメリカとヨーロッパではグッド・キャラメルから発売する。このアルバムにはフルのナイフサウンドが収録されている。ポップパンク、バラード、メタル、木やファンタジー、ビデオゲームやもちろん食べ物についての曲などが収録されている。

Jun 07 2019

Pavementが再結成に

ペーヴメントが再結成を発表した。バンドは1989年、カリフォルニアのストックトンで結成、インディーズレーベルマタドールから、早期に成功したグループのひとつだ。1999年、バンドは解散。2010年に短期間再結成したものの、同期のピクシーズのように、再結成後の方が解散前よりも人気があることに気付いたようだ。彼らがもともと発表していたのはスペインとポルトガルの二つのフェスティバルへの参加だが、ファンはライブ予定が増えるのではないかと期待している。

Jun 07 2019

鬼才Leon Redbone、69歳で他界

謎めいたミュージシャン、レオン・レッドボーンが69歳で他界した。

彼は1890年代のティン・パン・アレー音楽や、早期のジャズやブルースなど昔からの音楽を好んだ。本名はディクラン・ゴバリアン、キプロス生まれのアメリカ系だったが、60年代中頃にカナダに移住した頃レオン・レッドボーンと改名。彼は自分の音楽にそのさりげないユーモアのセンスを混ぜ込み、自分について大ボラな話を作り続けた。ボブ・ディランは1972年のフォーク・フェスティバルで彼の演奏を見て、ローリング・ストーンズ誌のインタビューで高く評価した。レオンは1975年にワーナーから『On the Track』でレコード・デビュー。彼の流行とは関係ないが非常に素晴らしい音楽がラジオではなかなか流されなかった中で、テレビ番組への出演により非常に人気だった。彼の演奏時のスタイルはヒゲにサングラス、パナマ帽というものだったため、正確な年齢がわからず、実際の彼が20代だった頃、多くの観客は彼の年齢を50代から60代と間違えていたという。彼のアルバムのカバーは彼を描いた絵か漫画のカエルだったが、写真は使われなかった。彼はフランク・ザッパの別名義だというものもいた。彼の深い声やユーモアのセンスはアニメ映画の声優としても人気で、ウィル・ファレルの映画「エルフ」でも彼は有名になった。彼の曲の多くは非常にわかりにくいカバー曲で、ほとんどどの曲が何のコピーでどの曲がオリジナルか分からないくらいだった。彼は大ヒット曲というものには恵まれなかったが、アルバムは堅実な売り上げを誇理、レッド・ストライプスのジャック・ホワイトが彼の作品のリイシュー盤を制作するほどだった。

安らかに。

Jun 03 2019

伝説のロッカー、ロッキー・エリクソン死去

ロックの伝説的ミュージシャン、ロッキー・エリクソンが71歳で他界した。ロッキーが初めて世に出たのは、テキサス州オースティンをベースに活動するサイケデリックバンド、13th フロアー・エレベーターズのシンガーとメインの作曲者として。このバンドはロッキーが19歳だった1966年の「You’re Gonna Miss Me」1曲しかヒットと呼べる曲を残さなかった。彼らのアルバムは、ロック史上初のサイケデリックとジャケットに明記されたアルバムと言われている。13th フロアー・エレベーターズのサウンドはユニークなもので、フルートのように演奏され、鳩のような音を出すエレクトリック・ジャグも使われた。このバンドはマリファナを含む幻覚系麻薬の信奉者で、警察にもマークされていた。1968年、ロッキーは統合失調症と診断され、治療を受ける。1969年にはマリファナ所持で逮捕、当時これは10年の懲役刑となるはずだった。投獄を避けるため、彼は精神的無能力であったため無罪と主張。結局彼は収監されず、精神病院に入院、そこから彼は何度も脱走している。その後彼は電気ショックやクロルプロマジンなどの治療を受けるが、状況は変わらず、むしろ悪化させた。その後彼はブリーブ・エイリアンというバンドを結成、マイナー・ヒット「Two-Head Dog」を飛ばす。この曲は歌詞に「ホワイトハウスの中にクレムリンが二つ頭の犬といる」とあり、一部ではドナルド・トランプを予言する曲とも言われている。

彼の非常に興味深い歌詞(「You Don’t Love Me Yet」のようにロマンティックなものから、彼の妄想やモンスターに対する興味からできた「I Walked With A Zombie」など)や彼の健康状態に対する不安などから、バットホール・サーファーズ、ダグ・サーム、ナーブブレーカーズ、ZZトップらテキサスのミュージシャンが彼を支えた。ロッキーはまた、CCRのスチュー・クックともレコーディングしている。

彼は気まぐれだが人気のパフォーマーであり続け、彼のアルバムは控えめながら確実に売れ続けた。1990年にサイアー・レコードが素晴らしいトリビュート・アルバムをまとめたが、それにはジーザス・アンド・メアリー・チェイン、プライマル・スクリーム、テレビジョンのリチャード・ロイド、ルー・アン・バートン、ZZトップ、ダグ・サーム、REM、ジュリアン・コープらが参加している。

ロッキーはそれでも苦しみ続けた。一度は、近隣の住民への郵便を勝手に取って自分の家の壁に封をしたまま貼り付け、郵便物窃盗の罪で逮捕されたが、最後は解放された。2001年には兄弟のサムナーが法的後見人となり、信託基金を設定して医療費や弁護士費用などの面倒を見た。2005年になるとロッキーは薬を必要としなくなり、車を自分で運転するなどかなり普通の生活が送れるようになった。ツアーにも復帰し、多くのミュージシャンとコラボレーションしている。2015年にはエレベーターズのメンバーのトミー・ホール、ジョン・アイク・ウォルトンとと再会ライブをオースティンのサイケ・フェスティバルで行なっている。

ロッキー・エリクソンよ、安らかに。

May 30 2019

Spotifyがロイヤリティ増額に反意、バッシングに

作曲者のオンライン収入を守るためにアメリカで決まったロイヤリティ増額の取り決めに対して、アップルが受け入れたのに対し、スポティファイが拒否の姿勢を示したことで、スポティファイは多くの作曲者や、音楽業界のリーダー達から激しい非難を受けている。全米音楽パブリッシング協会や多くの作曲者がこのムーブメントをリードしている。アーティストらに敏腕マネージャーとして名高いアーヴィング・アゾフはツイッターで「アップルはアーティスト・ビジネスを理解している。Google、パンドラ、スポティファイは全くわかっていない」と意見を表明。アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイやグウェン・ステファニに曲を提供しているソングライターのジェイソン・トランターは「曲が存在しなければこれらのテクノロジー会社には売るべきものがないだろうに。恥ずべきことだ」と言っていたと言われている。音楽業界でのトップ弁護士であるダイナ・ラポルトはもっとはっきりと「スポティファイ、なんて安っぽいゴミ野郎なの。ふざけた寝言をどっかにやってちょうだい…恥を知るべきです」と発言。多くの言葉が投げつけられる中、アーティストらと仲の良いスポティファイ版権事業の世界統括部長だったアダム・パーネスは6月3日に有効となる退職届を提出したという。

May 30 2019

Streetlight Cadenceが6月新譜をリリース

ストリートライト・ケイデンスが新譜『Momentary』を6月18日にリリースする。このバンドはホノルルのストリートで活動を開始、その後数々のバンドバトルを勝ち抜き、ハワイのナ・ホク賞の「オルタネイティブ・アルバム」賞を受賞。活動を広める為、ロサンゼルスに移住し、またストリートで活動するもディズニーランドやユニバーサルスタジオ他、様々なクラブなどでのギグも行う。また、ストリートの活動を記録したビデオ「Will Play For Food」をハワイのテレビで放映した。このテレビシリーズでは、東京を含む数々の大都市での路上ライブの様子が含まれ、多くの観客に囲まれて、警官に睨まれる様子なども写っている。「Will Play For Food」は安価な機材で記録されているが、彼らの技術の高さ(多くの場合、スタンダードなロックの楽器に加えヴァイオリン、チェロやアコーディオンを使用)や彼らの溢れるユーモアのセンスが光っている。バンドにとって驚いたことに、このテレビシリーズはエミー賞にノミネートされた。こちらの賞は9月22日に決定される。

May 22 2019

ByteDanceがストリーミングサービスの開設準備

中国のネット会社、バイトダンスが国際的な音楽ストリーミング・サービスを開始予定で、すでにインドのレーベルT-シリーズやタイムズ・ミュージックと契約を完了した。バイトダンスはショート・ビデオ・アプリのティックトックを所有。ティックトックは非常に高い人気を誇り、世界中で10億回もダウンロードされている。国際的なレーベルであるワーナー、ソニーやユニバーサルはまだ契約に至っていない。彼らはバイトダンスがティックトックが使用している大量のアメリカ、日本、韓国の音楽に対する支払いを全くしていないため、ストリーミングへの契約をするためにはティックトックとの契約をしなければならないとしている。バイトダンスは2012年にソフトウェア・エンジニアの張一鳴が設立、現在750億ドルの市場価値があるとされている。これはスポティファイの約3倍に当たる数字だ。

May 22 2019

Borisが8月にダブルアルバムをリリース

日本発のパワー・バンド、ボリスが8月にサードマンズ・レコードから新しいダブル・アルバム『Love and Evil』をリリース、8月から9月にかけてアメリカツアーを行う。サードマンはホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが立ち上げたデトロイトのインディーズ・レーベルで、今後ボリスの『あくまのうた』『Feedbacker』も再販する。

May 22 2019

8月に予定されていたWoodstock 50が中止になるか?

8月の16日から18日に予定されていたウッドストック50は、1969年に開催されたオリジナルのウッドストックを記念したイベントになる予定だったが、現在許可関連、構造的な問題を抱え、中止の危機に瀕している。1969年のウッドストックにも参加していたオーガナイザーのマイケル・ラングによると中止はないということだが、スポンサーの電通とプロモーターのスーパーフライ(ボナルーやアウトサイド・ランズなどのアメリカでの大きなイベントを開催している)はすでに撤退している。このフェスには、ジョン・セバスチャンやカントリー・ジョー・マクドナルドやメラニーら1969年に出演していたアーティスト何組かに加え、マイリー・サイラス、チャンス・ザ・ラッパー、ザ・キラーズやホールジーら、現在のトップアーティストも参加予定だった。通常、フェスがキャンセルされる場合、合意された出演料の50%をアーティストに支払わなければならない。

May 19 2019

Lana Del ReyがSublimeのカバーをリリース予定

ラナ・デル・レイがサブライムの「Doin’ Time」をリリースすると発表した。現在、この南カリフォルニアをベースに活動していたレゲエ、ヒップホップ、パンクバンドのドキュメンタリー映画「サブライム」は各地のフィルム・フェスティバルを回っている。この映画にはライブ映像やバンドメンバーのインタビュー、ノーダウト、インキュバスやフィッシュボーンなど友人バンドのインタビューも含まれる。ラナ・デル・レイはこのところジャック・アントノフのプロデュースで『Norman Fucking Rockwell』というタイトルのアルバムを作っているが、リリース日程は未定。

May 19 2019

Ethan HawkeとAlessandro NivolaがLouvin Brothersの伝記映画に

俳優のイーサン・ホークとアレッサンドロ・ニヴォラがルーヴィン・ブラザーズの伝記映画『Satan Is Real』にルーヴィン兄弟として出演する。ルーヴィン・ブラザーズは非常に影響力の強いカントリー・ミュージック・デュオだったが、非常に不安定な関係(弟のチャーリーは非常に敬虔なクリスチャンだったのに対し、兄のアイラは飲兵衛で激しい気性の持ち主だった)でもあった。彼らが兄弟である事、また彼らのルーツでもあるヒルビリー・ゴスペルのスタイルに起因する彼らの素晴らしいハーモニー(兄弟ハーモニーと呼ばれることもあった)は彼らをカントリー・ミュージック業界で一大勢力に伸し上げた。彼らのヒットで1番よく知られているのは「Cash On the Barrelhead」で、グラム・パーソン、ドリー・パートン、ワンダ・ジャクソンやアリソン・クラウスら多くのアーティストにカバーされている。バーズにカバーされた「The Christian Life」や最初のヒット・バージョンになったバラード「Knoxville Girl」など素晴らしい曲が多い。イーサン・ホークは、以前カルト的なシンガー・ソングライターのブレーズ・フォーレイについての映画の監督も務めている。

May 18 2019

Neil Youngが新譜を発表

ニール・ヤングが、1973年にアラバマで彼のストレイ・ゲーターズ・バンドと行ったライブの録音アルバム『Tuscaloosa』を6月7日に発売すると発表した。このアルバムに録音されているのは『Harvest』アルバムの曲や、当時の新譜『Time Fades Away』の曲がほとんどだ。ニールは現在新たな曲をクレイジー・ホースと録音中で、ニルス・ロフグリンが引退したポンチョ・サムペドロの代わりにギターを担当する。

May 18 2019

SXSWの日本代表、Hiroshi Asada(麻田浩)が引退

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)がトムズ・キャビン代表の麻田浩氏が日本代表を引退すると発表した。麻田は弁天レコードのオードリー・木村と共に30年近くこの役職を勤め、非常に人気の高い「Japan Nite」イベントとツアーを企画・運営した。ペティ・ブックス、マミー・ザ・ピープショー、ブリーチ、ヌードルス、ロリータNo.18、浅草ジンタ、50回転ズ、ペッズやエレガーデンら、多くの日本バンドが麻田と木村の努力によりここからアメリカでの足がかりを得た。SXSWは新代表を早目に発表するとしている。

May 18 2019

伝説のシンガー、女優のDoris Dayが自宅で死去

アメリカのシンガー、女優で動物愛護活動家だったドリス・デイがカリフォルニア州カーメル・ヴァレーの自宅で死去した。97歳だった。本名ドリス・カッペルホフの彼女がドリス・デイとして最初に日の目を見たのは1939年、ビッグ・バンドのシンガーとしてだった。彼女は1位を獲得した1945年のヒット曲「Sentimental Journey」を含め多くのヒット曲を歌った。1948年には『Romance on the High Seas(邦題:洋上のロマンス)』で映画デビューを飾ると、その後はロック・ハドソン、クラーク・ゲーブル、ケーリー・グラント、ジェームズ・キャグニーやフランク・シナトラなどのトップ俳優と次々共演した。1989年にはグラミーの生涯功績賞を受賞。彼女は明るいロマンティック・コメディを得意としており、元気できちんとしたイメージでよく知られている。彼女は4度結婚しており、そのうち2回はミュージシャンとの短いものだったが、その後彼女のマネージメントや映画のプロデューサーをしたマーティン・メルチャーと結婚、最後にはレストランのメートル・ドテルだったバリー・コムデンと結婚した。1968年にメルチャーが他界した際、彼が管理していたはずのドリス・デイの資産はほぼ亡くなっていたのが発表された。彼女が1968年から73年の間、あまり希望していなかったテレビ番組の司会を彼の要求に応えて引き受けたのもこの資産状況の影響だったと言われている。80年代半ば頃から、彼女はエンターテイメント業界からほぼ引退していた。彼女は動物愛護活動家として熱心に活動していて、1971年には他の多くの女優たちと反毛皮運動を始める。多くのアニマル・シェルターの資金を提供し、動物の権利の為にキャンペーン活動もしている。彼女の最後の夫は、実際彼女は彼よりも動物たちを大切にしていると言っていた。彼女は最初の夫との間に1子をもうけたが、彼はコロムビア所属の音楽プロデューサー、テリー・メルチャーとしてよく知られていて、バーズ、ポール・リビア、レイダーズやビーチ・ボーイズと仕事をしている。彼についてよく知られているのは、彼がカルト・リーダーであるチャールズ・マンソンに興味を持ったものの、最終的には一緒に仕事をすることを拒んだことだろう。その後、マンソンと彼のカルトのメンバーは以前メルチャーが借りていた家に当時住んでいた女優のシャロン・テートを殺害したことで知られている。テリーはまた、スライ・ストーンと契約した事でも知られている。スライ・ストーンはドリス・デイのヒット曲で、彼女の番組のテーマソングでもあった「Que Sera Sera」をカバー。長年にわたり、ドリス・デイとスライ・ストーンが恋愛関係にあるのではと囁かれていたが、これについては証拠はない。

非常に才能に恵まれ、大きな心を持った女性、ドリス・デイよ、安らかに。

May 11 2019

Nils LofgrenがLou Reedとの合作曲の新譜を発売

ギタリストのニルス・ロフグレンが、ルー・リードと一緒に作った曲でアルバム『Blue With You』を、自分が主宰するキャトル・トラック・ロード・レコードから発売する。このうち3曲は1979年のルー・リードのアルバム『The Bells』にも収録されているもの。ロフグレンのキャリアはカルトバンドのグリンから始ま理、すぐにニール・ヤングのコラボレーターとして抜擢され、後にブルース・スプリングスティーンのギタリストとして活動。彼が初めて自分の名前を冠したアルバムでソロ・デビューしたのは1975年だが、そこそこの人気だった。また、彼は「Keith Don’t Go」という彼のギターのヒーローであるキース・リチャーズに関する、ロフグレンの曲の中で最も有名なものもその頃プロデュースしている。驚くことに、ルートニルスはアメフトの話で盛り上がった(ルーはダラス・カウボーイのファンでニルスはワシントン・レッドスキンズのファン)という。その後、ルーは3日の間にニルスの曲に歌詞をつけてしまったという。

May 11 2019

Linda Ronstadtのドキュメンタリー映画が製作中

リンダ・ロンシュタットの自伝「Simple Dreams: A Musical Memoir」を元に新たなドキュメンタリー映画「リンダ・ロンシュタット: The Sound of My Voice」が製作中だ。ロンシュタットのキャリアはポップ、ロック、ソウル、カントリー、フォーク、ミュージカル、メキシカンやジャズなど多くのジャンルを横断する素晴らしいものだ。彼女は10個のグラミー賞を受賞したが、その成功と、彼女が普通の価値観を持った美人で素晴らしい声を持っている事、その声が他人の作った歌をさらにヒットさせた事、それらは時に批評家を苛立たせ、不人気を呼んだ。彼女はキャリアを通じてプロデューサーでピーター・&・ゴードンの1人、ピーター・アッシャー(後にアップル・レコードのA&Rを勤め、新人歌手やソングライターの発掘を手がけた。ジェームズ・テイラーはその1人)と組んでいた。ロンシュタットが初めて名を売ったのは、ストーン・ポニーズというバンドの一員として。彼女は西海岸サウンドの大きな歯車の一つで、ジャクソン・ブラウン、ウォレン・ゼヴォン、ランディ・ニューマン、JD・サウザー、リトル・フィーとやイーグルスのメンバーたちと演奏、レコーディングをしている。2013年に彼女はパーキンソン病にかかっていて、声の制御ができなくなったと発表している。

May 08 2019

Papa Grows Funkが期間限定で再結成

ニューオリンズ・ジャズ・フェスタで最も話題になった事の一つに、期間限定のパパ・グローズ・ファンク再結成がある。パパ・グローズ・ファンクは2013年「期間未定の休止状態」に入ったが、バンドリーダーでキーボーディストのジョン・”パパ”・グローは必ずまた演奏すると約束していた。

このバンドはニューオリンズの大黒柱として活動を続け、他での演奏活動に加え、かの有名なメープル・リーフで10年以上にわたり、毎週ライブを行っていた。時々ツアーにも出かけ、日本にも2回、1回はフジロックでチャーのバックバンドとして来日している。このところ、メンバーのジョン・グローとジューン山岸は日本でプロジェクトバンドのファンク・オン・ダ・テーブルとして活動、メンバーにはドラマーのニッキ・グラスピーとライズの日本人ベーシストのケンケンが参加していた。パパ・グローズ・ファンクは4枚のファンキーなスタジオアルバムをリリース、日本ではバッファロー・レコードから入手できる。他にもドラマーのジェフリー・”ジェリービーン”・アレクサンダー(ジョン・クリアリーとも活動している)、ベーシストのマーク・ペロ、サキソフォン奏者のジェイソン・ミングルドルフもパパ・グローズ・ファンクのメンバーだ。

May 08 2019

Rory Gallagherトリビュート・コンサートがアイルランドで開催

5月30日から6月2日、アイルランドのドネガルでロリー・ギャラガーの追悼コンサートを開催する計画が進んでいるという。ディープ・パープルのグレン・ヒューズ、バーニー・マースデン、ウィッシュボーン・アッシュらも発表された参加メンバーに名を連ねている。

このアイルランド人の偉大なギタリストは、肝臓に問題を抱え、1995年に47歳で他界している。彼が最初にギタリストとしての名声を獲得したのは、60年代半ば、ブルース・ロック・バンドのテーストでだろう。1971年に彼はソロアルバム『Rory Gallagher』を、その後は有名なライブアルバム『Live In Europe』や『Irish Tour ’74』など、年に1枚のペースでアルバムをリリースした。彼のギタリストとしての名声は高く、メロディ・メーカーのアンケートではエリック・クラプトンを2位に抑えて最高のギタリストとして選ばれている。ローリング・ストーンズもミック・テイラーの後釜として彼に打診したというほどだ。伝説では、あるジャーナリストがジミ・ヘンドリックスに「世界で1番偉大なギタリストは誰だと思う?」と尋ねたところ、ヘンドリックスは「知らねえよ、ロリーに聞きに行ってくれ」と言ったという。ロリー・ギャラガーは1974年、75年、77年と1981年に来日していて、多くのライブは違法録音されていたという。

May 08 2019

Riot Girlムーブメント復活?Bikini Killが再結成

ライオット・ガール・ムーブメントが再燃しているようだ。ライオット・ガールの発信源とも言われるバンド、ビキニ・キルが最近再結成し、彼女達のライブは非常に高く評価されている。シンガーのキャスリーン・ハンナ率いるこのバンドはフェミニスト的な歌詞やエネルギッシュなパンク・パフォーマンスで流行の先端を行っていた。1990年から97年の活動期間中にキル・ロック・スターズ・レコードから2枚のスタジオアルバムをリリースしている。再結成したバンドには、オリジナルメンバーのハンナ、トビ・ヴェイルとキャシー・ウィルコックス、ギターのビリー・カレンの代理でエリカ・ドーン・ライルが参加している。ハンナはビースティ・ボーイズのアダム・ホロヴィッツと結婚しており、またニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirits」をインスパイアした事でも知られている。

ベーシストのメリッサ・オフ・ダ・マーによると、最近シンガーのコートニー・ラヴ、ドラマーのパティ・シェメルやギタリストのエリック・アーランドソンに会い、インタビューでホールの再結成をほのめかしている。ホールは1989年から2002年まで活動、また2010年から2012年まで再結成していた。悲劇のヒロインを気取るのとメディアの注目が大好きなコートニー・ラヴは以前キャスリーン・ハンナに暴行を働いており、ビキニ・キルを「詐欺師」などと呼び中傷を重ねている。コートニーは、カート・コバーンの元恋人達に対して暴力的で突拍子も無い行動を取る事で有名で、シンガーのメアリー・ルー・ロードも標的にされている。

Apr 26 2019

Bruce Springsteenが5年ぶりの新譜リリースを発表

ブルース・スプリングスティーンが5年ぶりにスタジオ・レコーディングした新アルバム『Western Stars』を6月14日に発売すると発表。このアルバムにはアメリカーナの要素が感じられ、60年代、70年代のカリフォルニアの作曲家からインスピレーションを受けたという。アルバム曲の中でも、「Chasin’ Wild Horses」「Hitch Hikin’」「Somewhere North of Nashville」などは既に知られている。このアルバムに収録されている最初の曲は「Hello Sunshine」で、今日からオンラインストアにお目見えしている。

Apr 26 2019

ニューオリンズのJazz and Heritage Festival開催、各賞は

例年のニューオリンズ、ジャズ・アンド・ヘリテージ・フェスティバルで、ニューオリンズ市はザ・ビッグ・イージー賞(ニューオリンズのニックネーム、ザ・ビッグ・イージーに因む)のスポンサーをしている。今年の受賞者はマイク・ディロン・バンドで、ベスト・ロック賞とベスト男性パフォーマンス賞を受賞。ベスト女性パフォーマンス賞とベストR&B賞はタロニア「タンク」ボールに、ベスト・ブルース賞はサマンサ・フィッシュに、ベスト・ブラスバンド賞はホット・エイト・ブラス・バンドが受賞。ベスト・ザディコ賞はドウェイン・ドプジーとザディコ・ヘルレイザーに。ベスト・トラディショナル・ジャズ賞はチューバ・スキニーが受賞し、ベスト・エンターテナー賞はザ・リヴァイヴァリスツがもらった。日本の映画「怒り」に「Tucked In」が使われていたストゥープ・キッズもこのイベントで演奏していた。

Apr 25 2019

Mark Guilianaが新アルバムを発売

ドラマーのマーク・ギリアナが新アルバム『Beat Music! Beat Music! Beat Music』をリリースした。彼は大体においてジャズドラマーと思われていて、モダン・ドラマー誌の読者アンケートで2017年のベストドラマーに、ジャズの偉人ジョン・スコフィールド、ブラッド・メルドーやグレッチェン・パーラト(ギリアナの妻)を差し置いて選ばれた。彼はデイヴィッド・ボウイ、ミシェル・ンデゲロチェロ、マット・キャメロンと仕事をしたり、マース・ヴォルタのフアン・アルデレッテやバッファロー・ドーターのシュガー・吉永とプロジェクト・バンドのヘイロー・オービットを立ち上げ活動している。マークの新譜はエレクトリックな音を多用し、「見つけた」ヴォーカルを使っている。「Bullet」という曲では日本の駅内放送が使われた。

Apr 25 2019

「Old Town Road」が驚きのチャート1位に

アメリカの現在のチャート1位は「Old Town Road」という変わった曲で、多くの人がその人気に驚きを隠せない。無名のラッパー、リー・ナス・Xによるカウボーイをテーマにしたこの曲は、人気のTikTokアプリでデビュー。ラップ曲にも関わらずカウボーイをテーマにしたせいか多くのカントリー系ラジオで放送された。苦情によりいくつかの曲では放送されなくなり、ビルボードのカントリーチャートからも外されたが、逆に話題となった。その後、リー・ナス・Xは1992年に大ヒット「Achy Breaky Heart」を歌ったが、現在はマイリー・サイラスの父として1番知られているカントリー歌手のビリー・レイ・サイラスとタッグを組んだ。ビリー・レイとのリミックス・バージョンはポップ・ラジオで大々的に取り上げられ、1週間で1億4300万ヒットを稼いだ。

Apr 25 2019

Kポップがアメリカでムーブに

Kポップがアメリカで現在ブームになっている。その筆頭、BTSの3枚目のアルバム『Map Of The Soul: Persona』がアメリカ人ヒットメーカーのホールジーとのコラボで現在のヒット曲「Boy With Luv」の影響もあってかチャート1位に。また、女性グループのブラックピンクも人気を加速させていて、コーチェラでも話題になり、アメリカではテレビ出演もしている。

Apr 25 2019

Iggy Popは72歳に

4月21日でイギー・ポップは72歳になった。伝説のパンク・シンガー、本名ジェームズ・オスターバーグはストゥージズのシンガーとなる前は高校生の頃友人と始めたバンドでドラムを叩いていた。ザ・ストゥージズはエレクトラから2枚のアルバムをリリース、これが批評家から高い評価を受け、多くのバンドを魅了したが、実際の売り上げはそこそこといったところだった。エレクトラにクビにされたストゥージズに、デイヴィッド・ボウイが彼のプロダクションに誘い、伝説の1枚となった『Raw Power』をプロデュースした。それからポップとボウイは数々のコラボレーションを行っている。イギーは現在オーストラリアでのツアーを終えたばかり。このツアーでは「Repo Man」「Jean Genie」(デイヴィッド・ボウイがイギー・ポップの伝説について作詞作曲したもの)「Real Wild One」(オーストラリア人、ジョニー・オキーフェのカバー)や「Red Right Hand」(ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズのカバー)などを演奏している。

Apr 25 2019

Lizzoの新曲、5月18日にリリース

2019年5月18日にリリースされるリゾの「Cuz I Love You」に注目だ。グラマラスな黒人女性シンガーのリゾはユーモアのセンスに溢れた歌やラップが素晴らしい。彼女の歌い方はオールドスクールなスタイルにモダンなヒップホップやテクノの技法を混ぜたものだ。今回のコーチェラ・フェスティバルでは最も話題になったアーティストの1人で、彼女のビデオ配信は100万を超えるヴューを叩き出しているが、未だ日本でのリリース予定はない。この曲は、アメリカではアトランティックからの2曲めのリリースとなる。

Apr 24 2019

GazettEがワールドツアーに

ビジュアル系バンドガゼットが『ワールドツアー19』を開始する。彼らのツアーはロサンジェルスのウィルターン・シアターでこけら落とし、そこからダラス、ニューヨーク市、トロントを経由してメキシコ、そしてラテンアメリカへと向かい、ロンドン、パリ、ドイツ、ロシアまで続く予定。

Apr 16 2019

Rickie Lee Jonesが新譜を発売、来日公演も

偉大なシンガー・ソングライターのリッキー・リー・ジョーンズが新譜『Kicks』をPヴァインから5月15日にリリース、大阪で5月16日、東京の文化村オーチャード・ホールで5月17日に演奏する。彼女と一緒に、素晴らしいヴァイブを持ったパーカッション奏者、マイク・ディロンがツアーをする。彼については彼のバンド、クリッターズ・バッギンや、プライマス、ガラージ・ア・トロワとの仕事から知っている人も多いだろう。

Apr 16 2019

映画監督のHiro Muraiが話題に

現在アメリカで最も話題になっている映画監督に、ヒロ・ムライがいる。彼の父親は著名な音楽プロデューサーの村井邦彦で、グループサウンズやイエローマジックオーケストラのプロデュースをしたことで知られている。ヒロ・ムライは日本で生まれ、9歳で渡米。その後南カリフォルニア大学の名高い映画学科に入学した。彼はフライング・ロータス、ブロック・パーティ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、デイヴィッド・ゲッタ、チャンス・ザ・ラッパー、やセント・フランシスら多くのミュージシャンと仕事をしている。しかし、彼を話題の中心に押し上げたのはラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優ドナルド・グローヴァーの音楽用芸名)との仕事だ。彼らがガンビーノの「This is America」の為に制作したビデオが非常に高い評判を呼び、グラミーのベスト・ミュージック・ビデオ賞を受賞した。

Apr 16 2019

Bruce Hornsbyが新アルバムをリリース

ブルース・ホーンズビーがソロとしての11枚目のスタジオ・アルバム『Absolute Zero』をリリースした。ブルースは1986年に最初のヒット「The Way It Is」をリリース。この曲の影響でソフト・ロック・ミュージシャンとして扱われてきたが、彼はそのキャリアの中で、ブルーグラス、ジャズ、エレクトロニカ、クラシックなど多くのジャンルに精通、スパイク・リー映画のサントラを手がけたり、グレースフル・デッドの非公式キーボード奏者として活動するなど、彼の活動は多岐にわたる。「The Way It Is」はツーパック、E-フォーティ、スヌープ・ドッグなど多くのヒップホップ・アーティストにも使われている。彼の最新アルバムには、ゲストとしてボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノン、ジャズの偉人ジャック・デジョネットが参加してる。