Dec 08 2018

BuzzcocksのPete Shelleyが他界

ブリティッシュ・パンクバンドのバズコックスに所属していたピート・シェリーが63歳で他界、心臓発作だという。セックス・ピストルズに影響されたこのバンドは1976年にボルトンで結成され、自分のレーベルを立ち上げた最初のパンクバンドだ。メジャーレーベルからのデビューシングル「Orgasm Addict」はヒットはしなかったもののカルト的な人気を博している。この後にリリースした「What Do I Get」はトップ50にランクイン、「Ever Fallen In Love (With Someone You Shouldn’t)」は12位になった。バズコックスが1981年に解散すると、シェリーはソロ活動を続ける。よりエレクトロニックなサウンドに近づいてから発表した「Homosapien」は彼のバイセクシュアリティについて言及し、注目された。アメリカではチャートにランクインしたものの、BBCでは放映禁止となった。安らかに。

Dec 08 2018

Blade Runnerのアニメ映画プロジェクトが進行中

アメリカの会社何社かが集まり、伝説的な映画『Blade Runner』の以前の話、2032年に設定された話を扱うアニメ映画『Blade Runner – Black Lotus』を制作した。攻殻機動隊(ゴースト・イン・ザ・シェル)の荒牧伸志と神山健治が監督、カウボーイ・ビバップの渡辺信一郎がクリエイティブ・ディレクター。

その間、日本のアニメを多く扱っているネットフリックスは2019年4月1日に公開になる新しいウルトラマンのアニメシリーズを開始する。

Dec 08 2018

Hosono Haruomiが欧米で静かな人気に

欧米でゆっくりと、しかし確かな人気を博しているのは細野晴臣だ。ある年代のアメリカ人はイエロー・マジック・オーケストラ時代から細野を知っている。YMOは80年代前半にアメリカでアルバムをリリースし、ライブも行なっている。また、彼が宮崎駿の1980年代中頃の作品『風の谷のナウシカ』のテーマ曲を作曲したことで彼のことを知った人々もいる。しかし多くの細野ファンにとっては、映画『Lost In Translation』で使われたハッピーエンドの曲が最初のきっかけだ。最近、細野はアメリカの再版レーベル、ライト・イン・ザ・アティックからソロアルバムをリリースした。また、彼が最近高い評価を得た是枝裕和の映画『万引き家族』のサウンドトラックを手がけたことでも知られている。今年インディ・ロック・アーティストのマック・デマクロが細野の「Honey Moon」のカバーをリリース、彼を音楽的影響に上げている。

Dec 04 2018

GalacticがニューオリンズのTipitina’sを購入

いくつかの情報によると、ニューオリンズのファンクバンド、ギャラクティックがニューオリンズのアップタウンに位置するライブハウス、ティピティーナズを購入したらしい。ティピティーナズが最初にオープンしたのは1977年、プロフェッサー・ロングヘアのファンがすでに開業していたクラブを買い取り、プロフェッサー・ロングヘアの曲から名前をもらった。以降、このライブハウスは何度かの変遷を経て1984年には一度閉店。現在は問題のある不動産屋のローランド・フォン・カーナトウスキー(現在不動産以外のビジネスに関連する問題で訴訟を起こされている)が持ち主だった。プロフェッサー・ロングヘアやギャラクティックだけでなく、ザ・ネヴィル・ブラザーズ、ザ・ミーターズ、ドクター・ジョン、トロンボーン・ショーティやラジエーターズなど、ニューオリンズのトップミュージシャンの多くがここで演奏している。ギャラクティックは未だティピティーナズの購入を公表していないが、彼らの新アルバム『Already Ready Already』が2月7日に発売になる事、また2月に全米ツアーを開始することを発表している。

Dec 04 2018

3月にRyuichi Sakamotoも参加の原子力反対コンサートが開催

2019年3月23日、24日にNo Nukes(原子力反対)コンサートが予定され、坂本龍一、アジアン・カンフー・ジェネレーション、アシッドマン、ザ・ハイエイタスやブレーメンなど、トップアーティストが参加予定。最初のNo Nukesコンサートは1979年にマディソン・スクエア・ガーデンで開催され、ジャクソン・ブラウン、ボニー・レイットやグラハム・ナッシュが主催者に混じって演奏した。それ以降もNo Nukesの活動は不定期に続けられた。日本人アーティストの多くは政治的な立ち位置を明確にしないが、RCサクセションは1988年に非常に有名になったエディ・コクランの「サマータイム・ブルース」に日本語で歌詞をつけた反核ソングを録音している。東芝EMIは、親会社の東芝が原子力発電に多額の投資をしていることからこのアルバムの発売を拒否。しかし、後にRCサクセションの『Covers』アルバムは発売され、大ヒットとなった。日本で最初のNo Nukesイベントは福島原発のメルトダウンとその後起こった環境危機に際し、2012年に開催された。東京電力の緩い危機管理や政府が問題を隠蔽しようとしたことにより、多くの人がより心配や怒りを深めることになった。来年のイベントに参加のミュージシャンと、多くの企業利益よりも公共の安全を大切にする人に感謝したい。

Dec 04 2018

Mark Knopflerが3年ぶりのアルバムを発売

マーク・ノップラーが3年ぶりにソロアルバム『Down the Road Wherever』をリリースした。プリテンダーズ、ジョン・メイヤーやポール・マッカートニーとプレイしていたロビー・マッキントッシュも、金管やフィドル、フルートや口笛奏者たちと登場する。ジェフ・ベックの協力者かつソロプレイヤーとして活躍中のイメルダ・メイもバック・コーラスとして参加している。

Nov 27 2018

Na Palapalaiの新譜が制作中

ナー・パラパライの新譜『Back to the Patch』が制作中だが、リリース時期は未定だ。このグループのメンバー、クアナ・トレス・カヘレは現在日本で7日間ライブツアーを(素晴らしいスペシャルゲスト、ケハウ・タムレと共に)敢行中で、他にも12月に「Winter Wonderland」と銘打ってライブを行う予定だという。

Nov 27 2018

Perry Farrellが2019年にソロアルバムを発表予定

ペリー・ファレルが2019年に新たなソロアルバム『Kind Heaven』を発表する。彼はラスベガスで彼の言うところの「没入型エンターテイメント」をするためのレジデンシー・プログラムの予定もあるという。これが正確に何を意味するのかはまだはっきりしないが、カインド・ヘヴンのメンバーにはドラムにマット・チャンバーレイン、ジェインズ・アディクションのベーシスト、クリス・チェイニーや、キーボードにマット・ロードやギターにニック・マーベリーがいる。アルバムのゲストとして決定しているのはモトリー・クルーのトミー・リー、フー・ファイターズのテイラー・ホーキンズやジョージ・ハリソンの息子のダーニ・ハリソン。このアルバムは、ペリー・ファレルにとっては2001年以来で、プロデューサーはデイヴィッド・ボウイ、T .レックスやアンジェリーク・キジョーとの仕事で知られるトニー・ヴィスコンティだ。

Nov 27 2018

Kacey Musgravesがカントリー・ミュージック・アワードで受賞

今年フジロックで演奏したケイシー・マスグレイヴスだが、今年のカントリー・ミュージック・アワードの「今年のアルバム」賞を、彼女の『Golden Hour』が受賞した。この受賞は、様々な面から評価されている。まず、ラジオで聴けるカントリー音楽は男性シンガーが非常に強く、とある情報によると、女性アーティストの曲はラジオでは10%ほどしか流れないという。今年、彼女以外の4人の候補者はすべて男性で、ラジオでも彼女よりはるかに多く取り上げられてきた。また、ケイシーのアルバムは厳密にはカントリーのみではなく、ポップやエレクトロニックの影響が大きい。

ケイシー・マスグレイヴス、受賞おめでとう。また、彼女の幅広い活躍に気づいたスマッシュ、おめでとう。

Nov 22 2018

3 x 4、コンピレーション発売

11月23日、レコード・ストア・デイに発売されるアンダーグラウンド・コンピレーション『3 x 4』には注目だ。このアルバムにはバングルズ、ドリーム・シンジケート、ザ・レイン・パレードやスリー・オクロックなどがお互いの曲をカバーしたトラックも含まれている。ザ・ペイズリー・アンダーグラウンド・ムーブメントは80年代にロサンゼルスで始まり、マジー・スターやダニー・アンド・ダスティなど、多くのバンドに影響を与えている。

Nov 22 2018

David Bowie Is アプリがリリースに

David Bowie Is 展が記録されたアプリが1月8日、ボウイの72回目の誕生日にリリースされる。展覧会はロンドン、ニューヨーク、東京で開催される。このアプリはソニー・ミュージック・ジャパンの協力で提供された。

Nov 22 2018

第2回Hi, How Are You Dayフェスティバル開催

テキサス州オースティンで第2回Hi, How Are You Dayフェスティバルが2019年1月22日に開催される。フレイミング・リップスがヘッドライナー、ヨ・ラ・テンゴ、ビルト・トゥ・スピルも出演予定だ。このイベントはカルト・シンガー、ダニエル・ジョンストンのお祝いで、58回目の誕生日の当日に行われる。

ジョンストンはバイト先のマクドナルドで、客に自宅で録音したカセットテープを無料で配布することから音楽のキャリアを始めた。カート・コバーン彼の描いた蛙のTシャツを着て写真撮影したことからメジャーになり、この蛙はジョンストンのアルバム『Hi, How Are You』のカバーも飾った。彼の曲はトム・ウェイツ、ベック、ジャッド・フェアー、マーキュリー・レヴなど多くのアーティストがカバーしている。

Nov 16 2018

I Am Robot and Proudが新譜『Lucky Static』を発表

アイ・アム・ロボット・アンド・プラウドが新譜『Lucky Static』をリリースした。トロントをベースに活動するこのエレクトロニック・ポップ・アーティストは、本名をショウ・ハン・リームと言い、中国や香港で新譜のプロモーション・ライブも行っていて、来年初頭には日本にも来るという噂もある。ショウ・ハンは高橋幸宏、宮内 優里、ボアダムスのドラマー千住宗臣やヴィジュアル・アーティストの真鍋大度など多くの日本人アーティストともコラボレーションを行っている。

Nov 16 2018

Joni Mitchell,有志が75歳記念イベント開催

シンガー・ソングライターのジョニ・ミッチェルが75歳を迎えた。これを記念して、LA ミュージック・センターに音楽業界の人々が集結、トリビュート・コンサートを開催。この日集まったミュージシャンはグラハム・ナッシュ、チャカ・カーン、ジェームス・テイラー、クリス・クリストファーソン、シール、ブライアン・ブレイド、ルーファス・ウェインライト、エミー・ルー・ハリス、ロス・ロボス、ダイアナ・クラールなど。またデヴィッド・ゲフィン、トム・ハンクス、ジェイク・ジレンホールやキャメロン・クロウも参加した。

Nov 16 2018

カリフォルニア州の山火事でスター宅も焼失

カリフォルニア州は現在、過去類を見ないほどの山火事に襲われている。北カリフォルニアで「キャンプ・ファイア」はパラダイスの町を焼き尽くし、48人が死傷した。南カリフォルニアでは「ウールジー・ファイア」がマリブの家を焼き、マイリー・サイラスやニール・ヤングなどのスターの家も被害に合っている。アメリカ大統領のドナルド・トランプはツイッターで「もっと多くの製材業が許可されていたらこのような悲劇は起こらなかっただろう、管理が行き届かないのが問題だ」という趣旨の愚かしいツイートを流しているが、実際には火事の被害に合った土地はほとんどが連邦政府の管理下、つまりトランプ自身の管理区域内だった。マイリー・サイラスは、消防士や警察官の努力に感謝するメッセージを公表。ニール・ヤングはトランプに対して彼はアメリカを率いるに「相応しくない」、科学を否定している、議会は彼を弾劾すべきだと厳しく批判している。ニール・ヤングは結婚して3ヶ月の妻ダリル・ハンナと住んでいたが、サンタ・クルズの山に牧場と、ハワイにも家がある事が知られている。

Nov 13 2018

Queenの伝記映画がスマッシュヒットに

批評家の前評判に反して、クイーンの伝記映画『Bohemian Rhapsody』が、封切りした最初の週だけで5200万ドルを売り上げるスマッシュヒットとなった。この映画は、フレディ・マーキュリー役を演じる予定だった著名なコメディアン兼俳優のサシャ・バロン・コーエンが創造性の違いから降板するなど、完成までに思いの外長い時間がかかっている。コーエンはこの映画をもっと過激で、マーキュリーの不安定さや、ドラッグの問題やゲイ・セックスにフォーカスしたかったようだが(マーキュリー自身が自分の映画ができるとしたら完全に18禁になると言っていた)。監督のブライアン・シンガーも撮影を繰り返しすっぽかしたり、俳優やスタジオスタッフと揉めて解雇されたりということもあったが、映画はデレク・フレッチャーが完成させた(フレッチャーはエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』の監督で、この映画は来夏封切りになる)。ただし、マーキュリーがバンドメイトにAIDSになったことを告白したタイミングがよりドラマチックになるように変更されているなど、事実や時系列が異なることがあるため、この映画についての評価は分かれている。しかし、ファンはこの映画を大絶賛し、ラミ・マレックはオスカーを取れるのでは、と噂されている。

Nov 13 2018

Jets Overheadが回顧アルバムを発売

カナダのバンド、ジェッツ・オーヴァーヘッドが新たに彼らの軌跡を振り返って『The Timing: 15 Years of Jets Overhead』をリリースした。このアルバムには、アップルが彼らの「今週のベスト」プレイリストにフィーチャーした新曲「The Timing」も含まれている。

Nov 13 2018

MinistryのAl JourgensenとPaul Barkerが和解

ミニストリーのリーダー、アル・ユルゲンセンと彼のパートナーであるポール・バーカーが長い諍いの末和解し、音楽でコラボするという。ミニストリーは80年代中頃に結成してからずっと、パンクとダンスミュージックを掛け合わせたような、インダストリアル・ミュージックの旗手であり続けた。ユルゲンセンは変わり者で難しい性格と有名で、一時期はドラッグの大量摂取で知られていた。パーカーは音楽業界で活躍を続け、ギター・ペダル会社マレッコの共同設立者でもある(ミニストリーのドラマー、ビル・リーフリンは現在キング・クリムゾンのメンバー)。ユルゲンセンはミニストリーを新メンバーで再結成し、現在全米ツアー中で好評を博している。彼らは『Industrial Accident: The Story of Wax Trax! Records』というドキュメンタリーがミニストリーが最初に所属していたシカゴのレーベル、ワックス・トラックスを扱ったことから再会、映画が数々のフィルム・フェスティバルに参加するごとにユルゲンセン、バーカー、クリス・コネリー、ジェロ・ビアフラがゲストとしてトークしている。また、同じくインダストリアルの巨頭で、ワックス・トラックスからデビューした、ナイン・インチ・ネイルズで1番知られているトレント・レズナーもマリリン・マンソンとの長期に渡る争議を解決した。

Nov 01 2018

“Beastie Boys Book”が書店にお目見え

571ページからなる『ビースティー・ボーイズ・ブック』が発売になり、マイク・Dとアド・ロックが全米でトークショーを行い、その後ロンドンに本のプロモーションで行く予定だ。この本には初出の写真やアイテムが多く含まれていて、彼らの活動の歴史全てが網羅されている。

Nov 01 2018

NBA注目の試合でRHCPのAnthony Keidisが退場に

バスケットボール・シーズンが始まり、NBAのスーパースター、レブロン・ジェイムスが新たに移籍したロサンジェルス・レイカーズが、リーグMVPのジェイムズ・ハーディン率いるヒューストン・ロケッツと対戦する試合が注目されていた。レイカーズの大ファンで有名なレッド・ホット・チリ・ペッパーのフリーとアンソニー・キーディスがコートサイドにいても驚きはない。不運にも試合自体は喧嘩で中止。レイカーズの選手2人とロケッツのクリス・ポールが退場になった。ポールの退場時、アンソニー・キーディスがポールに向かって罵詈雑言で罵った上中指を立てるジェスチャーをしたため、キーディスも試合会場から退場になったという。

Nov 01 2018

D.O.A.のJoey Shitheadがカナダの市議に

カナダのパンクバンド、D.O.A.のジョーイ・シットヘッドが本名のジョー・キースリーとしてブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の市議に選ばれた。彼はD.O.A.の40周年ツアーにも参加する予定だ。

Oct 21 2018

Destroy Boysが新譜を発売

サクラメント発の若いライオット・ガールズバンドのデストロイ・ボーイズが新譜『Make Room』をリリースした。このバンドはまだ高校生の間にローリング・ストーン誌に注目され、グリーンデイのビリー・ジョー・アームストロングが彼らのTシャツを着て撮影されるなど、北カリフォルニアでは大きな話題となっている。現在バンドはアメリカの西から東海岸へワーナー・ブラザーズ所属の女性パンクバンド、リグレッツとライブツアー中だ。

Oct 21 2018

Chai がUKツアーで大きな反響

名古屋発の女性オンリーバンドのチャイがスーパー・オーガニズムと合同で行っているUKツアーだが、ヨーロッパやアメリカの音楽ファンやメディアの間で大きな反響を呼んでいる。すでにベビーメタルに次ぐ人気を博しているようだ。まだ彼らのライブを見ていない方には、ぜひ次の機会を逃さないようお勧めしたい。

Oct 21 2018

The Beatlesのホワイトアルバム豪華版発売

ビートルズの『ホワイトアルバム』の豪華版が11月9日に発売された。このデラックス版には、オリジナルの30曲に加え、ジャイルズ・マーティンによるリミックス・バージョンなど、多くのボーナストラックだけでなく、164ページに及ぶハードカバーの冊子も付録として付いている。

Oct 21 2018

Neil Young、1976年ライブのセットアルバムが販売に

ニール・ヤングの1976年ソロライブのライブセットが、11月30日にリリースされる。このアルバムには有名な「Mr. Soul」「Heart of Gold」や、1990年になるまで公式リリースされなかった「White Line」、未発売の「No One Seems To Know」が含まれる。

Oct 17 2018

Lazy Guns Brisky がニューシングルをリリース

レイジー・ガンズ・ブリスキーがニューシングル「Hello Again」をリリースした。この女性オンリーのインディーズ・ロックバンドは2006年にメンバー全員が高校生の時に結成され、すぐに国内外で多くのファンを獲得する。しかし、全てがうまく行き始めたように思えたときに一度解散。現在は再結成され、さらに力強くなって現在ヨーロッパツアーを敢行中だ。

Oct 17 2018

Live Nationがニューオリンズに新たなライブハウスをオープン

イベントプロモート会社のライブ・ネーションが、ニューオリンズのハラーズ・カジノに新たなライブハウス「The Fillmore」をオープンする。最初のライブは2月で、ザ・フー・ファイターズがこけら落としとなる。チケットは269ドル50セントにサービス料がつくものが最安。1969年のザ・フィルモア・イーストで行われたレッド・ツェッペリンのライブチケット代は3ドル、4ドル、5ドルだった。

Oct 17 2018

NBAシーズン到来

アメリカのプロバスケリーグ、NBAのシーズンが始まろうとしている。今年、ファンの興味はゴールデン・ステート・ウォリアーズが3年連続の優勝を獲得できるかに集中している。NBAの大ファンであるドレイクは「Thank Me Now」で「スポーツと音楽っていうのはこんなに似ている/俺たちはあいつらになりたいし、あいつらは俺たちになりたいんだ」と言っている。

ミュージシャンの多くがバスケファンで、プロバスケのコート近くではセレブ・ミュージシャンをよく見かける。実際、バスケチームの部分所有権を持っているミュージシャンもいる。アッシャーはクリーヴランド・キャヴァリエズ、ウィル・スミスはフィラデルフィア・セヴンティ・シクサーズ、ジャスティン・ティンバーレイクはメンフィス・グリズリーズの部分所有権を保持している。ネリーとジェイ・Zは元オーナーだ。トニー・パーカー、コービー・ブライアント、シャキール・オニール、アレン・アイヴァーソン、ケヴィン・デュラント、デイミアン・リラードやイマン・シャンパートなど、数多くのNBA選手もラップ音楽を出版している。

Oct 12 2018

The Molice、北米ツアー中に新譜をリリース

日本のインディバンド、ザ・モリスが4月に始めた北米ツアーで好評を博している。未だ多くのギグを控えて、彼らは現在活動のベースを東京からニューヨーク州ロチェスターに移している。このバンドは新譜『Gate』を10月12日にリリース、北米ツアーを続ける予定だ。

Oct 12 2018

The Rad Tradsの新譜が高評価に

ニューヨークをベースに活動するアメリカーナ・バンドのザ・ラッド・トラッズの新譜『On Tap』が高い評価を得ている。このバンドを知りたかったら、ザ・バンドを若返らせ、金管を足すと大体イメージがつかめるだろう。彼らはアメリカ50州の内41州で、また15ヶ国でツアーを行なっている。噂では来年早目に来日の予定もあるらしい。