Category: R.I.P.

Oct 10 2020

ギター・レジェンド、Eddie Van Halen逝く

ギターのアイコン(象徴)エディ・ヴァン・ヘイレンが65歳で癌により他界した。エディは10代早くから喫煙・飲酒を始め、過ごすことも多かった。しかし彼が2000年に口腔癌で舌の一部を切除することになった理由は、金属のギターピックを口に含む癖によるものだったという。エディと彼の兄でバンド仲間のアルはオランダで、オランダ人の父とインドネシア人の母の間に生まれた。彼らは1962年に家族でカリフォルニアに移住した子供時代にバンドで演奏を始めた。その内、彼らはベーシストのマイケル・アントニー、シンガーのデイヴィッド・リー・ロスと合流し、ロスがバンド名をヴァン・ヘイレンにしようと提案するまで、マンモスという名前で活動を始める。

ロサンゼルス地域のクラブで人気が出ると、ワーナー・ブラザーズと契約し、テッド・テンプルマンがプロデュースした、バンド名を冠するデビューアルバムをリリース。テンプルマンはそれ以前にもうモントローズと仕事をしていたため、その新しい世代のメタル・プロダクションがエディの革新的で派手なスタイルにマッチした。このアルバムはすぐに業界にインパクトを与えた。エディのフィンガー・タッピング、ワミーなバー・エクストリームや、焼けつくようなランはすぐに注目の的となる。しかし、彼らのシングルはポップ・ラジオにアピールできず、アルバムはビルボードチャートでも19位までしか上がらなかった。これは、彼らのアルバムがその後1000万枚異常を売り上げ、ロックのクラシックと呼ばれていることを思うと、驚くべきことだ。その後バンドは次々にトップ10にランクインするミリオンセラーを発表し続け、大きなアリーナでライブを行った。

その間、バンド内ではエディとデイヴィッドの間で方向性やサイド・プロジェクトについて小競り合いが続き、エディがマイケル・ジャクソンの「Beat It」であの有名なソロパートを演奏、またロスはソロEPを出版。1986年、ロスは元モントローズのシンガー、サミー・ヘイガーにとって変わられる。多くのファンは、このバンドはロスのちょっと抜けた魅力、オフビートな歌詞の歌い方などがなくて続けることができるのか危ぶんだが、実際にはヘイガーで大きな成功を治める。しかし、1996年にはアルとエディはヘイガーと仲違いをし、その後ロスと再合流する。これが多くの合流と離散の始まりとなる。ヘイガーが戻ったり、元エクストリームのシンガー、ゲイリー・シェローンとの大失敗のアルバムなどを経験するが、ライブ観客動員数は変わらず多かった。マイケル・アントニーもバンドから出ることになったが、理由は明らかにされていない。予測されていたのは、曲の著作権の配当割合での問題、またはエディが息子のウォルフガングをバンドに参加させたかったから、とも言われている。2007年にはエディの飲酒問題が明らかになり、最初のリハビリテーションに(その後何度も行くことになったとも言われている)。

キャリアの浮き沈みはあったものの、エディはロックの歴史に確かな場所を築き、ジミ・ヘンドリックスやチャック・ベリーしか辿りつかなかった場所にたどり着いたとも言えるだろう。彼がギターの演奏方法に新たなスタンダードを生み出したことに疑う余地はない。安らかに。

Oct 10 2020

Johnny Nashが80歳で他界

シンガーのジョニー・ナッシュが80歳で他界した。元々は1972年のレゲエ風スマッシュ・ヒット「I Can See Clearly Now」の他にも、彼は数々のレーベルと契約し、他にも多くのレコードでチャートイン、音楽業界の様々な場所で仕事を請負い、レゲエを世界的な音楽として紹介する際大きな役割を担った。

彼が初めてジャマイカを訪ねたのはレコード・プロデューサーとして、ジャマイカでのレコーディングのコストが低いことが魅力だった。しかしナッシュはボブ・マーリー、リタ・マーリー、バニー・ウェイラーやピーター・トッシュのパフォーマンスを見るとすぐに契約を結ぶ。1971年には、ナッシュはマーリーの「Stir It Up」のカバーでイギリスでヒットを飛ばす。1972年のナッシュのイギリスツアーではマーリーが前座として一緒にツアーしている。彼らはそこでアイランド・レコードを率いるクリス・ブラックウェルに出会い、ウェイラーズのデビュー曲「Catch a Fire」を1973年にリリースした。ジョニー・ナッシュ、安らかに

Oct 10 2020

Tower of PowerのRocco Prestiaが死去

タワー・オブ・パワーのファンは、9月29日に初期メンバーでベーシストのロッコ・プレスティアが69歳で他界したと聞いて悲しみにくれた。死因は明らかにされていないが、ロッコは多くの健康問題をかけていて、2002年に肝移植を受け、2006年に心臓手術を受け、2014年には腎移植も受けていた。ロッコは楽譜を読むことができなかったが、彼のおさえた、ファンキーなフィンガースタイルは、マスター・ドラマーのデイヴィッド・ガリバルディとマッチしてタワー・オブ・パワーのR&B・ファンクサウンドには不可欠で、バンドの人気曲にはほとんど参加していた。1977年に、薬物の過剰摂取からロッコはバンドをクビになったが、1984年にはバンドメンバーから戻って欲しいと要請があり戻ると、健康が許す限りバンドでの演奏を続けた。タワー・オブ・パワーは日本でも長期にわたり人気をほこり、ロッコは日本限定のソロアルバム『Everybody on the Bus』をリリースしていた。安らかに。

Oct 04 2020

テキサスの誇るミュージシャンRoy Head 他界

テキサスの伝説的なミュージシャン、ロイ・ヘッドが79歳で他界している。ロイは華々しいホーンを多用した初期の大ヒット「Treat Her Right」でよく知られている。初めて彼の曲を聴いて、その深い声と、情熱的な歌い方、ロックなサウンドに、エルヴィス・プレスリーと間違えた人も多かったそうだ。初期のエルヴィスと同じに、ロイの曲も多くはロカビリースタイルを採用していた。「Treat Her Right」はインディ・レーベルからリリースされたが、400万枚を売り上げ、「Gloria」や「Mustang Sally」のようなバーソングの定番となった。ロイはテキサス州サンマルコスをベースに活動したロイと彼のバンド、トレイツは、テキサスでは特に人気で、地元でのヒットも多かった。彼らのライブは荒っぽさで知られていて、ロイは舞台を縦横無尽に踊り回り、気分次第でシミー(体をシェイクする動き)やスライド(舞台を滑っていくステップ)、スプリットや宙返りなどを披露していた。ロイはロスコー・ゴードンのカバー曲「Just A Little Bit」を含むマイナーヒットも多い。1967年には、メンバーが兵役に服すなどの理由でバンドが解散。その後、ロイはカントリーでのレコーディングがふえ、24曲がチャート入りしたが、トップ10には及ばなかった。彼のスタイルがバラバラだったから、本来であれば成功できたところが及ばなかったという人間もいるが、彼のパフォーマンスを見た人間の多くは熱烈なファンとなった。マーク・サンドマンは、モーフィンを結成する前にトリート・ハー・ライトというバンドを組んでいた。ロイの息子、サンダンスはテレビの歌唱コンクールで2回優勝し、モータウンとの契約を勝ち取っている。
ロイ・ヘッド、安らかに眠って欲しい。

Aug 25 2020

ドラマーのFrankie Banaliが癌で他界

ロック・ドラマーのフランキー・バナリが膵臓癌のため、この世を去った。68歳だった。彼は最初のメタルバンドと呼ばれ、1983年の「メタル・ヘルス」といういうアルバムでチャート1位を獲得したクワイエット・ライオットのドラマーとして有名で、彼らとつかず離れず、共に演奏を続け、ケヴィン・ダブロウの死後はリーダーとなった。生粋のニューヨーカーだったが、キャリアのためにロスに移住。ステッペンウルフやヒューズ/スラール、ビリー・ソープ、WASP、日本のギタリスト、クニとも活動している。バナリは日本文化に非常に傾倒していて、日本の陶磁器のコレクターでもあった。安らかに。

Aug 25 2020

ギタリストのRon “Rontrose” Heathmanが他界

スーパーサッカーズでギターを弾き続けていたロン・”ロントローズ”・ヒースマンが他界した。死因は未発表。ヒースマンはバンドの創立メンバーで、1992年にバンドがサブ・ポップと契約し「The Smoke of Hell」をリリースして最初に名前を売る以前から所属していた。このバンドはパンクとハードロックのミックスサウンドで知られていて、彼のエネルギッシュなギターパフォーマンスは多くのファンを集めた。ヒースマンは1997年に一度バンドを離れたものの、1997年のアルバム「Must Been High」でカムバック。この時バンドの方向性がカウパンクと呼ばれる方に転換した。他にも、彼らのサウンドはティン・リジーとジョニー・キャッシュを合体させたようだとも言われている。バンド自体ではメジャーヒットはなかったが、彼らのライブは常に人気で多くの献身的なファンがいる。ロンはその後、2009年にバンドを離れ、コーヒーの勉強をして自分のショップを開いていた。 安らかに。

Jun 27 2020

実業家Marc Zermatiが他界

パリをベースに活躍していた音楽実業家のマルク・ゼルマティが6月13日、心不全により他界した。マルクはアルジェに生まれ、フランスで育っている。彼は最初にオープン・マーケットと呼ばれるレコードショップを開店、その後ライブ・イベントを開催する方へ移行。彼はクラッシュ、ハートブレーカーズ、エディ・アンド・ザ・ホット・ロッズ、ラモーンズを含むパンク黎明期のバンドのライブを手掛け、パンク系のフェスの開催もしていた。1972年にはレーベル、スカイドッグ・レコードを開始、イギー・ポップやダムド、MC5等を手掛けた。また、パンク以外の音楽ジャンルも開拓、特にジャズやエクスペリメンタル系の音楽を手掛ける。彼は日本のスマッシュ・プロダクションとも仲がよく、フジロックに毎年参加するなど、定期的に訪日していた。また彼は、日本の女性ロックバンド、54ヌード・ハニーズをプロデュース、ヨーロッパツアーをアレンジしたため、カルト的な人気となった。芯まで音楽を愛したマルク・ゼルマティ、安らかに。

Apr 15 2020

John Prineがコロナ 関連死

シンガーソングライターのジョン・プラインが73歳でコロナ 関連死した。彼はこれ以前、2度ほど癌で危険な状態を切り抜けていた。

プラインは1972年のデビュー以来、強い人気を誇り、彼の世代では最高のソングライターと呼ばれつつも、チャートインするヒットを出したことはなかった。彼のキャリアは非常にユニークなルートを辿っている。14歳でギターを始めた後、軍隊に所属し、ドイツでメカニックとして働き、その後シカゴで郵便局員となり、そこでオープン・マイク(飛び入りスタイル)のライブに参加していた。彼を最初に発見し、メジャーなレコーディングをさせたのは、高名な映画評論家のロジャー・エバートが、映画館の後にフラッと立ち寄ったバーでプラインの演奏を見て、映画よりもプラインのことについて書いたのがきっかけだった。クリス・クリストファーソンは初期からのファンで、ニューヨーク市でのライブの前座としてプラインを起用。その場でレコード会社重役のジェリー・ウェクスラーに見出され、翌日にはアトランティック・レコードで契約に至る。プラインのサウンドは、どちらかというとロックというよりフォークだが、FMラジオにたびたび取り上げられる。彼はその意味深く、素朴で、ユーモラスな歌詞からマーク・トゥウェインやボブ・ディランと並び称されることが多い。実際、ボブ・ディランも初期からのプライン・ファンだ。ジョニー・キャッシュも同じく初期からのファンで、プラインの曲のカバーを何度もレコーディングしている。多くの歌手が彼の曲をカバーしていて、まだゲイの発展場でバリー・マニローをピアノに歌っていたベット・ミドラーや、モーターサイクル・ギャング(アメリカ式暴走族)のメンバーで刑務所にも服役した、アウトロー・カントリー歌手のデイヴィッド・アラン・コーなど。ロジャー・ウォーターズは最初ファンだったが友人となり「Hello In There」のコピーを何度もライブで披露している(彼はプラインの「Sam Stone」の部分部分を、ピンクフロイドの「The Post War Dream」に使ったりもしている)。ボニー・レイットは「Angel From Montgomery」を録音した30人以上の歌手のうちの1人で、レイットバージョンは大人気となった。プラインのアルバムは、流行を追うことなかったため大きく売れなくとも、着実に販売実績を重ねた。それぞれのアルバムにきちんと良い歌が録音されていた。ファンの間でも、ブルーグラス・サウンドの強い2枚目のアルバム『Dioamonds in the Rough』と6枚目のロカビリー風アルバム『Pink Cadillac』は混同されることが多い。プラインはメジャー・レーベル・システムと合わず、1981年には自分のレーベル、オー・ボーイ!を立ち上げた。その後、共作を始め、ボビー・ブラドック、ダン・ペン、スプーナー・オールダム、ドニー・フリッツ、ブラック・キーズのダン・オーバック、シェル・シルヴァーステインやボビー・ウィットロックらとコラボした。2016年に彼はトップの女性カントリーシンガーらとデュエットアルバム『For Better, or Worse』を制作。2018年のアルバム『The Tree of Forgiveness』は、セールスとしては15万枚とそこそこの売り上げだったにもかかわらず、ビルボードチャート5位になった。2020年にはグラミーの特別厚労賞生涯業績賞を受賞。彼の死後、彼の曲の多くが北米アップル・チャートにランクインした。彼がアイリス・ディメントとデュエットした「In Spite of Ourselves」が一番人気のようだ。

世界でも最高のソングライターの1人だった、ジョン・プライン、安らかに。

Apr 04 2020

ジャズ・トランペットのWallace Roneyもコロナに

ジャズ・トランペットのウォレス・ルーニーもコロナウイルスにより59歳で死去した。彼はクラーク・テリー、ディジー・ガレスピーやマイルス・デイビスに学び、デイビスの弟子でもあった。彼は4歳で完璧な音感を持っている事がわかり、すぐ音楽の勉強を始めた。15歳でプロとしての最初のレコーディングを行い、16歳でシダー・ウォルトンのバンドに参加する。トニー・ウィリアムズやアート・バークレーらとの共演を経て名前を知られるようになり、引っ張りだことなった。彼個人の名義で、ミューズ、コンコード、ワーナー・ブラザーズなど多くのレーベルからアルバムも発売している。1994年、アルバム『A Tribute to Miles』に参加した事でグラミー賞を受賞した。

Apr 04 2020

コロナによりAdam Schlesingerも他界

先週、コロナウイルスで陽性が出ていたパワー・ポップ・グループ、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャーが享年52歳で逝去した。彼は2003年の大ヒットソング「Stacy’s Mom」のファウンテンズ・オブ・ウェインのメンバーとして最もよく知られてはいたが、ソロプロジェクトでもエミー賞、グラミー賞を獲得、トニー賞やゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた。彼がトム・ハンクスの映画『That Thing You Do!』の劇中バンド、ワンダーズの曲として書いた映画のタイトルソングはさらに知られているかもしれない。アダムの友人、マイク・ヴィオラが歌っている。また、彼はゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツやモンキーズら、数々のアーティストのプロデュースも手掛けていた。彼の書いた曲は、ジョナス・ブラザーズや、ケイティ・ペリー、アメリカ・ボーリング・フォー・スープ、クリック・ファイブらに歌われている。

Mar 31 2020

Alan Merrill、コロナウィルス感染で他界

ロック・ミュージシャンのアラン・メリルが69歳で、コロナウイルスの感染により他界した。アラン・メリルはニューヨークに、サックス奏者のアーロン・サクスと、シンガーのヘレン・メリルというジャズミュージシャンの両親の元で生まれた。9歳から13歳の間はスイスの寄宿学校に通う。アメリカに帰国すると、彼はニューヨークの名所でもあるカフェワッ?で演奏していた、数々のセミプロバンドでプレイした。彼の母親の2人目の夫はメディアの重役で、彼女は1966年に、アランを連れて夫と東京に移る。この頃には彼女はメジャーなスター歌手で、クリフォード・ブラウン、クインシー・ジョーンズ、エンニオ・モリコーネやギル・エヴァンスらと共演。アランは渡辺プロダクション、RCAヴィクターと契約し、『時間ですよ』という人気ドラマに出演したアイドル風バンド、ザ・リードにも参加、CMにも出演していた。のちに、スパイダーズのムッシュかまやつひろしや、テンプターズの大口 広司らとヴォッカ・コリンズというグラム風味のスーパーグループを結成、アルバム『東京−ニューヨク』を東芝EMIから発売している。

その後、彼はロンドンに移住し、ギタリストのジェイク・フッカーやドラマーのポール・バーリーとアローズを結成。プロデューサーに著名なミッキー・モースト(アニマルズ、ハーマンズ・ハーミッツ、ザ・ヤードバーズを手掛ける)を迎えた。彼らはUKで、ヒットメーカーの作曲家デュオ、チャップマン・チンが作り、トップ10となった「Touch Too Much」を数えると、3度チャート入りヒットを飛ばしている。この曲はのちにローマン・ホリディ、ヘローやロンドン・カウボーイズらがカバー。しかし、彼の人生で最大のヒットとなったのは、彼とフッカーが共著したB面用の曲、「I Love Rock’n’Roll」だった。ジョアン・ジェットはアローズがこの曲を演奏するのを、1976年、ランナウェイズとのツアー中にテレビで見た。彼女は1981年にこの曲をソロシングルとして発表し、全米チャート1位に7週に渡り輝くことになった。2002年にはブリトニー・スピアーズがバージョン違いで録音し、2011年にはラルク・アン・シエルが別のバージョンをカバーしてペプシのCMに起用された。スーパーフライは、2015年にカバーを発売したが、その時のギタリストはアーロンだった。ウィアード・アル・ヤンコヴィックはパロディ・バージョンを録音、タイトルも「I Love Rocky Road」に変えた。ジョアン・ジェットのバージョンは、繰り返し様々な映画に起用されている。

後にアランはランナーというバンドを結成し、チャートインをするが、こちらは短命に終わる。その後、彼はリック・デリンジャーやルー・ロウルズらの曲を共作したり、ミートローフのバンドに短期間在籍。

また彼は折に触れ日本に戻ってきている。1990年にはヴォッカ・コリンズの再結成ツアーでも来日していた。

安らかに。

Mar 27 2020

Genesis P-Orridge白血病で他界

伝説となった、様々な意味で注目のメディア・アートバンド、スロッビング・グリッスルの共同創設者だったジェネシス・P・オリッジが白血病で他界した。スロッビング・グリッスルはインダストリアル・ミュージックの先駆者と言われ、自分たちのレーベルからアルバムもリリースしていた。バンド自体が活動していたのは1976年から1981年の期間だけだったが、ジェネシスと他のメンバー達−コージー・ファニ・トゥッティ、ピーター・クリストファーソンやクリス・カーターらは、サイキックTVやクリス・コージー・アンド・コイルなど様々なプロジェクトを立ち上げ、カルト的なファン層を獲得していた。2004年に再結成もするが、2009年にまた解散。ジェネシスはジャックリーン・メアリー・ブレイヤー(レディ・ジェイとして知られる)と1995年に結婚し、二人でお互いに似せていくための数々の身体改造手術を行うプロジェクト、「パンドロジェニー・プロジェクト」を行う。このプロジェクトは、2007年のジェイの死後も続けられた。彼は最初の妻、ポーラ・ブルッキングとの間に2人の娘を設けている。

Mar 08 2020

ジャズピアニストのMcCoy Tyner他界

ジャズピアニストのマッコイ・タイナーが81歳で逝去。タイナーはマイルストーンやブルーノートから多くのアルバムを発表し、フレディ・ハバードやジョー・ヘンダーソン、ウェイン・ショーターらビッグネームともレコードを発表。さらに、ジョン・コルトレーンのバンドの支柱としてマスターピースと呼ばれる「A Love Supreme」をレコーディングしたことで非常に名高かった。

Feb 08 2020

Ivan Kralが他界

チェコ生まれのアメリカ人ミュージシャン/ソングライター/映画製作者のアイヴァン・クラールが71歳で他界した。アイヴァンはニューヨークのグラム・ロックバンド、ルーガーでキャリアをスタート。その後短期間ショーン・キャシディのバンドやブロンディとの共演を経て、ベーシストとしてパティ・スミス・グループのオリジナルメンバーとなった。最初の5枚のアルバムに出演、「Ask The Angels」「Ain’t It Strange」「Pumping (My Heart)」や「Dancing Barefoot」など多くの人気曲を共作している。また、彼はアメリカに渡って以来ニューヨークのロックシーンをスーパー8ミリで記録、時代を代表するパンクバンドの多くを記録していた。のちに映画『The Blank Generation』として発表した。他にも、パティ・スミスとの共演期間も記録している。1981年にイギー・ポップのバンドに参加、アルバム『Soldier』から共作もしていた。

Dec 15 2019

RoxetteのMarie Fredrikssonが他界

スウェーデンのポップ・デュオ、ロクセットのシンガーだったマリー・フレデリクソンが17年に渡る癌との闘病の後、61歳で他界した。

ロクセットは、スウェーデンに交換留学で行っていたアメリカの学生が、彼らのセカンドアルバム『The Look』をミネソタのラジオDJに渡したところから、スマッシュヒットとなり、アメリカでもこのアルバムがリリースされた。実は、EMIはスウェーデンでの人気からアルバムリリースを検討しつつもリリースを却下したところだった。『The Look』の後3枚のシングルをリリース、全てがアメリカでチャートトップ20にランクインした。その後も更に「It Must Have Been Love」が映画プリティ・ウーマンのサントラに採用されて人気を博し、1990年には「Joyride」が25カ国でナンバーワンヒットとなった。安らかに。

Nov 09 2019

Little FeatのPaul Barrereが他界

リトル・フィートのポール・バレアが71歳、肝臓癌で死去した。彼がリトル・フィートに参加したのはバンド3枚目のアルバム『Dixie Chicken』から、パーカッションのサム・クレイトン、ベーシストのケニー・グラドニーと同時で、以来死の直前までバンドで活躍してきた。バレアとローウェル・ジョージはハリウッド高校からの知り合い。バンドのメンバーオーディションにはベーシストとして参加したが、自らも認める通り、彼はギタリスト向きだった。リトル・フィートでの活動に加え、彼はヴァレリー・カーター、カーリー・シモン、ロバート・パルマーや矢沢永吉らのアルバムにも参加。彼は作詞作曲もこなし、『Time Loves a Hero』アルバムのタイトルトラックや「Down On the Farm」、ファンの一番のお気に入り「Skin It Back」などの曲を作った。安らかに。

 

Oct 06 2019

Kim ShattuckがALSで他界

LAの音楽アイコン、キム・シャタックが56歳でALSにより亡くなった。キムはロサンゼルスをベースに活躍したマフス(マフは多くの意味を持っている。ぎこちなく扱う、手袋の一種、女性の性器など)の共同創立者、シンガー兼ギタリストとして知られている。マフスはメジャーなレーベルと契約して4枚のアルバムをリリース、その後インディーズに所属。マフスは元々は薄幸のガールズバンド、パンドラ(エレクトラと契約してアルバムをリリースしたが、アルバムが発売される直前にシンガーのポーラ・ピアースが31歳という若さで大動脈瘤で他界した)から生まれたバンドだった。バンドメンバーのキムとメラニー・ヴァメンが一緒にマフスを作った。彼らは南カリフォルニアで特に人気があり、機知に富んだ鋭い歌詞とザクザクしたポップ・パンクサウンドでファンを魅了している。チャートでの成功こそ少ないものの、彼らの曲はテレビコマーシャルに使われ、映画『Clueless』にも起用され、何曲もが他のバンドにカバーされている。キム・シャタックはキュートで楽しい上に怖いもの知らずな態度で業界にたくさんの友人がいる。NOFX、ファーストバックス、ドリーロッツらとの共演や、再結成したピクシーズとの共演などチャンスをその友情から獲得した。マフスの最新アルバム『No Holiday』10月18日にリリース予定だ。安らかに。

Sep 29 2019

Grateful Deadの作詞家Robert Hunter他界

グレイトフルデッドの作詞家だったロバート・ハンターが78歳で他界した。彼は本名ロバート・バーンズで、「オールド・ラング・サイン(蛍の光の原曲)」を作ったスコットランドの同名の詩人の子孫と信じられている。アル中の父に家族ごと見捨てられ、厳しい幼少期を過ごした彼は、ハンターという名前の男性と再婚した母と再会し、その姓を名乗るまで里親の家を転々としたという。10代の頃にグレイトフルデッドのギタリスト、ジェリー・ガルシアと出会い、彼とバンド活動を始める。しかし、ガルシアが絃楽器全体に才能を発揮する傍ら、彼は作詞にのめり込む。60年代前半、CIAが資本投入したスタンフォード大学のLSD実験に被験者として参加、LSD、メスカリン、シロサイビンなどの幻覚剤を摂取することで給料を得ていた(1968年までアメリカではLSDは合法だった)。ここでの経験が彼の物の見方に影響を与えたという。非常に珍しいことに、ハンターはグレイトフルデッドのメンバーとして数えられている。彼はステージでパフォーマンスを披露することはなかったが、デッドの曲の多くに(1番多いのはガルシアの曲だ)詞をつけた。初期の人気曲の多くは彼の共作で「China Cat Sunflower」「Dark Star」「St. Stephen」などを含む。その後彼はチャートでヒットした唯一の曲「Touch of Gray」他、バンドの名作と言われるアルバム『Workingman’s Dead』『American Beauty』の全曲に詞をつけている。バンドがロックの殿堂入りした際、ハンターもバンドメンバーとして同時に登録。パフォーマンスをしないメンバーが登録されたのは初めてだった。また、彼はボブ・ディラン、エルヴィス・コステロ、ブルース・ホーンビー、ビル・ペインやリトル・フィート、カイル・ホリングスワースやストリング・チーズ・インシデント、ロス・ロボスのセサル・ロサスらとも共作していた。安らかに。

Sep 23 2019

CarsのRic Ocasekが他界

カーズのボーカリスト/作曲家/プロデューサーだったリック・オケイセックが、ニューヨーク市の自宅で他界した。心臓病だった。カーズは1978年にバンド名を冠したアルバムでデビュー、ニューウェーブの旗手として活躍した。オケイセックは当時のボーカリストらしくないボーカルで、ハンサムというよりはオタクっぽい印象だったが、不思議なカリスマがあり、どこか超然とした、無表情なスタイルを貫いた。彼は影響を受けたアーティストとしてバディ・ホリーをあげている。カーズは「Just What I Need」を始めとしたきっちりと磨き上げられたポップ・スタイルでラジオ電波を独占した。バンドとしては5枚のスタジオ・アルバムを発表し、最初の4枚がマルチ・プラチナアルバムになる。カーズ解散後、オケイセックはウィーザー、ナダ・サーフ、バッド・ブレインズ、スイサイド、ロメオ・ヴォイド、バッド・リリジョン、ビリー・コーガンやジョナサン・リッチマンらのプロデュースを手がけた。

Sep 14 2019

Daniel Johnston、心臓発作で他界

エキセントリックなシンガーソングライターだったダニエル・ジョンストンが58歳という若さで、心臓発作を起こし死去した。彼の音楽キャリアは安いカセットレコーダーにオリジナルの歌を録音、テキサス州オースティンの彼が働いていたマクドナルドで客に無料配布していたところからスタートしている。創造的で子供みたいな曲は有名になっていった。ヨ・ラ・テンゴ、フレーミング・リップス、トム・ウェイツ、ベック、ジャド・フェアら多くのアーティストがコピーした。

ジョンストンは統合失調症を患っており、飛行機墜落事故を起こしたあとはしばらく精神病院に入院していたが、その後海外ツアーを行うなど活動を再開。彼はインディーズのレーベルからアルバムをリリース、のちにアトランティックと契約を結んだ。

彼は不合理で、一貫性がなく、信頼できないことも多かったが、カルト的な人気を博した。1993年、レコード・エクスチェンジというレコード店が彼に壁画の制作を依頼。彼が「ジェレマイヤ・ザ ・イノセント」と名付けた、「Hi How Are You?」と吹き出しのついたカエルの壁画はオースティンの観光名所にもなっている。カート・コヴァーンはローリング・ストーンのカバーにもなったバージョンのTシャツをよく着用した。ジョンストンの驚くべき人生を綴ったドキュメンタリー「The Devil and Daniel Johnston」は2005年に制作されている。

安らかに。

Sep 01 2019

シンガーソングライター、ギタリストのNeal Casalが自殺

今週は悲しい自殺のニュースがある。大人気のシンガー、ソングライター、兼ギタリストのニール・カザルが他界した。彼はニュージャージー州に生まれ育ったが、1988年から1993年の間南部ロックバンドのブラックフットのギタリストとしての活動で名を売った。ブラックフット後、彼は数々のソロアルバムをインディーズのファーゴ・レーベルからリリース。日本のインディーズレーベル、ゴティーもカザルのアルバム『No Wish to Reminisce』『Roots and Wings』『Sweeten the Distance』をリリースし、日本公演もアレンジした。カザルはソロのライブで日本人ミュージシャンを起用することがあり、キーボード奏者の良原リエ(ステージネームTric0!)もその1人だ。彼はまた多くのバンドで演奏、ヘイジー・マラズ、ビーチウッド・スパークス、ロバート・ランドルフ、ライアン・アダムスや彼の家族、クリス・ロビンソン・ブラザーフッドらと共演している。彼の曲「Dandelion Wine」はオルタナ・カントリーバンドのレイルロード・アースが録音。カザルは他にもウィリー・ネルソン、フィル・レッシュらとコラボ、またグレイトフル・デッドの要請でライブのインターミッション用の曲を提供したが、あまりにも人気になりサークル・アラウンド・ザ・サンという名義でリリースしたりもしていた。安らかに。

 

Sep 01 2019

グラフィックアーティストPedro Bellが他界

グラフィック・アーティストのペドロ・ベルが69歳で数々の病の後死去した。ベルはパーラメント/ファンカデリックのイラストレーターで、他にもジョージ・クリントンや関連のプロジェクトにも参加していた。彼のユニークで、ざっくりとしたサイケデリックかつSFテイストのイラストや、彼のパーラメント/ファンカデリックのためのライナーノーツなどは、バンドの奇妙かつコミカルで、スーパーヒーロー的なイメージを作り上げるのに一役買っている。彼は影響を与えたアーティストとしてサン・ラ、サルバドール・ダリ、フランク・ザッパ/カル・シェンケル、ロバート・ウィリアムスやエド・ビッグダディ・ロスを挙げている。安らかに。

Sep 01 2019

ソングライターDonnie Fritts、他界

偉大なソングライターのドニー・フリッツが76歳で心臓手術中の合併症により他界した。フリッツは長期間に渡り成功を納めたミュージシャンで、主にソングライターとして活動、他にもセッション・プレイヤー、サイドマンとしても、特にクリス・クリストファーソンのキーボード奏者として活躍した。アラバマをベースに活躍した彼は、多分レイ・チャールズ、ローリング・ストーンズ、ティナ・ターナーやウェイロン・ジェニングスが歌った「We Had It All」、ダスティ・スプリングフィールド、UB40&クリッシー・ハインドが録音した「Breakfast In Bed」、ダン・ペンと共作でアーサー・アレクサンダー、ジョン・バエズ、パーシー・スレッジ他多くが歌った「Rainbow Road」、同じくダン・ペンとの共作でイルマ・トーマスが歌った「Choo Choo Train」、この曲はエディ・ヒントンとの共作で1968年にボックストップスのトップ40ヒットにラインクインし、さらに近年タランティーノ監督の新作「One Upon a Time In Hollywood」に使用された。彼の時々共作者のペンと同じく、フリッツの曲は多くの場合R&B、カントリー、たまにポップスのシンガーにより愛された。安らかに。

Aug 25 2019

ベーシストLarry “the Mole” Taylorが他界

著名なベーシストのラリー・ザ・モール・タイラーが77歳で死去した。彼は画期的なブルース・ロック・バンド、キャンド・ヒートのメンバーとして1番知られていた。キャンド・ヒートは数々のヒットと、「Going Up the Contry」や「On The Road Again」などの国際的なスマッシュヒットを飛ばし、モンタレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックにも参加していた。

タイラーはキャンド・ヒートへの参加以前には人気のセッション・プレイヤーで、モンキーズやジェリー・リー・ルイスらのレコーディングにも参加している。彼はまた、デビューアルバム以前のフランク・ザッパとも活動。キャンド・ヒートを1970年に脱退したのちはギタリストのハーヴェイ・マンデルと共にトム・ウェイツのセッションやツアーに参加。度々キャンド・ヒートのツアーにも参加していた。安らかに。

Jul 25 2019

ニューオリンズの偉人Art Neville、81歳で逝去

ニューオリンズの高貴なる音楽ファミリー、ネヴィル一家の1人、偉大なるアート・ネヴィルが81歳で多くの健康障害で苦しんだ後、他界した。アートは兄弟の1番上で、若い時から弟のチャールズ、アーロン、シリルと共に音楽業界で活動してきた。チャールズは50年代のスター、ラリー・ウィリアムズのためにサックスを吹いていたが、ヘロインへの依存と、薬を買うための万引きの為に収監され、皮肉なことに監獄でニューオリンズの伝説的なピアニストジェームズ・ブッカーと共演することになる。出所後、彼はニューヨーク市へ移住し、数々のR&Bのスターのサイドマンとして活躍し、ジャズも嗜んだ。シリルとアートも多くのバンドのサイドマンとして活躍、アートはニューオリンズのスタンダード・ナンバーとなった「Cissy Strut」などの曲でチャートで成功したファンク・バンドのミーターズに参加。アーロンは幸いにもゴージャスな声に恵まれ、1960年には「Tell It Like It Is」で大ヒットを飛ばした。ミーターズとネヴィル兄弟は1976年に叔父のジョージ・ランドリー(別名ビッグ・チーフ・ジョリー。ネヴィル一族は黒人として育ったが、白人やチョクトー・インディアンの血も入っていた)の下で合流した。その結果、1976年に出したアルバム『The Wild Tchoupitoulas』はカルト的な成功を博したが、大きなヒットとはならず終わった。ネヴィル・ブラザーズはその後バンドとして活動を始め、1978年にデビューアルバムを発売。大きなインパクトを残したのは2枚目のアルバム、ジョエル・ドーンがプロデュースした『Fiyo on the Bayou』だった。彼らのアルバムは大体そこそこの結果を残しているが、他に名作と呼ばれるのはダニエル・ラノワがプロデュースした1989年の『Yellow Moon』だろう。2004年に最後のアルバムを録音した後も、彼らには世界中にライブを待ちこがれるファンがいた(2009年のフジロックでも素晴らしかった)が、その間メンバーはミーターズの再結成を含むサイド・プロジェクトも行なっていた。アートはリー・ドーシー、ポール・マッカートニー、ドクター・ジョン、ラベル、ロバート・パーマーなどの偉大なアーティストとも共演している。チャールズは昨年他界。アートの息子、イアンはアーロンの息子で、キース・リチャーズバンドで演奏していたイヴァンが率いるファンクバンド、ダムスタファンク(最近ニューオリンズのローリングストーンズ・ライブ前座を務めた)でギターを弾いている。

アート・ネヴィルの音楽は永遠に生き続けるだろう。安らかに。

Jul 06 2019

Quicksilver Messenger ServiceのGary Duncanが他界

クイックシルバー・メッセンジャー・サービスのギタリスト、ゲイリー・ダンカンが72歳で他界した。本名ゲイリー・グラッブ、10代の頃所属していたバンドラッズでそれなりに成功し、北カリフォルニアのライブでバーズやローリング・ストーンズの前座を務めた。次のバンド、ブローグスで、クイックシルバーが1965年に活動開始した際参加したドラマーのグレッグ・エルモアと出会う。クイックシルバーはサンフランシスコのサイケデリックバンドのはしりで、ゲイリーとジョン・シポリーナのギタープレイの掛け合いでよく知られていた。最盛期にはこのバンドはヒッピーのテーマソングだった「Get Together」を作ったことで知られるジーノ・ヴァレンティ、ジェファーソン・エアプレーンのベーシストになったデヴィッド・フレイバーグや著名なキーボーディストのニッキー・ホプキンスも所属していた。このバンドは非常に数奇なキャリアを辿った。大きなヒット曲は「Fresh Air」1曲だけ、それもチャート49位まで、しかしカリフォルニアでは不動の人気を誇った。チャートでのヒットこそ無かったものの、彼らのアルバムはビルボードで30位まで行ったものが4枚、他にもトップ200に食い込んだものが4枚。曲から曲へのリード・ヴォーカルは変わった。ダンカン、シポリーナ、フレイバーグとヴァレンティはそれぞれ1アルバムずつバンドを辞め、その後復帰。多くのメンバーは大麻所持で逮捕され、収監されている間バンド活動を休んでいた。クイックシルバーの最も成功した1969年のアルバム『Happy Trails』はゴールドアルバムとなり、ボー・ディドリーの曲『Who Do You Love?』では伝説的なギタージャムを披露した。バンドは2006年から2010年の間、生き残ったメンバー、ダンカンとフレイバーグにより再結成もした。ゲイリー・ダンカン、安らかに。

Jun 07 2019

鬼才Leon Redbone、69歳で他界

謎めいたミュージシャン、レオン・レッドボーンが69歳で他界した。

彼は1890年代のティン・パン・アレー音楽や、早期のジャズやブルースなど昔からの音楽を好んだ。本名はディクラン・ゴバリアン、キプロス生まれのアメリカ系だったが、60年代中頃にカナダに移住した頃レオン・レッドボーンと改名。彼は自分の音楽にそのさりげないユーモアのセンスを混ぜ込み、自分について大ボラな話を作り続けた。ボブ・ディランは1972年のフォーク・フェスティバルで彼の演奏を見て、ローリング・ストーンズ誌のインタビューで高く評価した。レオンは1975年にワーナーから『On the Track』でレコード・デビュー。彼の流行とは関係ないが非常に素晴らしい音楽がラジオではなかなか流されなかった中で、テレビ番組への出演により非常に人気だった。彼の演奏時のスタイルはヒゲにサングラス、パナマ帽というものだったため、正確な年齢がわからず、実際の彼が20代だった頃、多くの観客は彼の年齢を50代から60代と間違えていたという。彼のアルバムのカバーは彼を描いた絵か漫画のカエルだったが、写真は使われなかった。彼はフランク・ザッパの別名義だというものもいた。彼の深い声やユーモアのセンスはアニメ映画の声優としても人気で、ウィル・ファレルの映画「エルフ」でも彼は有名になった。彼の曲の多くは非常にわかりにくいカバー曲で、ほとんどどの曲が何のコピーでどの曲がオリジナルか分からないくらいだった。彼は大ヒット曲というものには恵まれなかったが、アルバムは堅実な売り上げを誇理、レッド・ストライプスのジャック・ホワイトが彼の作品のリイシュー盤を制作するほどだった。

安らかに。

Jun 03 2019

伝説のロッカー、ロッキー・エリクソン死去

ロックの伝説的ミュージシャン、ロッキー・エリクソンが71歳で他界した。ロッキーが初めて世に出たのは、テキサス州オースティンをベースに活動するサイケデリックバンド、13th フロアー・エレベーターズのシンガーとメインの作曲者として。このバンドはロッキーが19歳だった1966年の「You’re Gonna Miss Me」1曲しかヒットと呼べる曲を残さなかった。彼らのアルバムは、ロック史上初のサイケデリックとジャケットに明記されたアルバムと言われている。13th フロアー・エレベーターズのサウンドはユニークなもので、フルートのように演奏され、鳩のような音を出すエレクトリック・ジャグも使われた。このバンドはマリファナを含む幻覚系麻薬の信奉者で、警察にもマークされていた。1968年、ロッキーは統合失調症と診断され、治療を受ける。1969年にはマリファナ所持で逮捕、当時これは10年の懲役刑となるはずだった。投獄を避けるため、彼は精神的無能力であったため無罪と主張。結局彼は収監されず、精神病院に入院、そこから彼は何度も脱走している。その後彼は電気ショックやクロルプロマジンなどの治療を受けるが、状況は変わらず、むしろ悪化させた。その後彼はブリーブ・エイリアンというバンドを結成、マイナー・ヒット「Two-Head Dog」を飛ばす。この曲は歌詞に「ホワイトハウスの中にクレムリンが二つ頭の犬といる」とあり、一部ではドナルド・トランプを予言する曲とも言われている。

彼の非常に興味深い歌詞(「You Don’t Love Me Yet」のようにロマンティックなものから、彼の妄想やモンスターに対する興味からできた「I Walked With A Zombie」など)や彼の健康状態に対する不安などから、バットホール・サーファーズ、ダグ・サーム、ナーブブレーカーズ、ZZトップらテキサスのミュージシャンが彼を支えた。ロッキーはまた、CCRのスチュー・クックともレコーディングしている。

彼は気まぐれだが人気のパフォーマーであり続け、彼のアルバムは控えめながら確実に売れ続けた。1990年にサイアー・レコードが素晴らしいトリビュート・アルバムをまとめたが、それにはジーザス・アンド・メアリー・チェイン、プライマル・スクリーム、テレビジョンのリチャード・ロイド、ルー・アン・バートン、ZZトップ、ダグ・サーム、REM、ジュリアン・コープらが参加している。

ロッキーはそれでも苦しみ続けた。一度は、近隣の住民への郵便を勝手に取って自分の家の壁に封をしたまま貼り付け、郵便物窃盗の罪で逮捕されたが、最後は解放された。2001年には兄弟のサムナーが法的後見人となり、信託基金を設定して医療費や弁護士費用などの面倒を見た。2005年になるとロッキーは薬を必要としなくなり、車を自分で運転するなどかなり普通の生活が送れるようになった。ツアーにも復帰し、多くのミュージシャンとコラボレーションしている。2015年にはエレベーターズのメンバーのトミー・ホール、ジョン・アイク・ウォルトンとと再会ライブをオースティンのサイケ・フェスティバルで行なっている。

ロッキー・エリクソンよ、安らかに。

May 18 2019

伝説のシンガー、女優のDoris Dayが自宅で死去

アメリカのシンガー、女優で動物愛護活動家だったドリス・デイがカリフォルニア州カーメル・ヴァレーの自宅で死去した。97歳だった。本名ドリス・カッペルホフの彼女がドリス・デイとして最初に日の目を見たのは1939年、ビッグ・バンドのシンガーとしてだった。彼女は1位を獲得した1945年のヒット曲「Sentimental Journey」を含め多くのヒット曲を歌った。1948年には『Romance on the High Seas(邦題:洋上のロマンス)』で映画デビューを飾ると、その後はロック・ハドソン、クラーク・ゲーブル、ケーリー・グラント、ジェームズ・キャグニーやフランク・シナトラなどのトップ俳優と次々共演した。1989年にはグラミーの生涯功績賞を受賞。彼女は明るいロマンティック・コメディを得意としており、元気できちんとしたイメージでよく知られている。彼女は4度結婚しており、そのうち2回はミュージシャンとの短いものだったが、その後彼女のマネージメントや映画のプロデューサーをしたマーティン・メルチャーと結婚、最後にはレストランのメートル・ドテルだったバリー・コムデンと結婚した。1968年にメルチャーが他界した際、彼が管理していたはずのドリス・デイの資産はほぼ亡くなっていたのが発表された。彼女が1968年から73年の間、あまり希望していなかったテレビ番組の司会を彼の要求に応えて引き受けたのもこの資産状況の影響だったと言われている。80年代半ば頃から、彼女はエンターテイメント業界からほぼ引退していた。彼女は動物愛護活動家として熱心に活動していて、1971年には他の多くの女優たちと反毛皮運動を始める。多くのアニマル・シェルターの資金を提供し、動物の権利の為にキャンペーン活動もしている。彼女の最後の夫は、実際彼女は彼よりも動物たちを大切にしていると言っていた。彼女は最初の夫との間に1子をもうけたが、彼はコロムビア所属の音楽プロデューサー、テリー・メルチャーとしてよく知られていて、バーズ、ポール・リビア、レイダーズやビーチ・ボーイズと仕事をしている。彼についてよく知られているのは、彼がカルト・リーダーであるチャールズ・マンソンに興味を持ったものの、最終的には一緒に仕事をすることを拒んだことだろう。その後、マンソンと彼のカルトのメンバーは以前メルチャーが借りていた家に当時住んでいた女優のシャロン・テートを殺害したことで知られている。テリーはまた、スライ・ストーンと契約した事でも知られている。スライ・ストーンはドリス・デイのヒット曲で、彼女の番組のテーマソングでもあった「Que Sera Sera」をカバー。長年にわたり、ドリス・デイとスライ・ストーンが恋愛関係にあるのではと囁かれていたが、これについては証拠はない。

非常に才能に恵まれ、大きな心を持った女性、ドリス・デイよ、安らかに。

Mar 30 2019

Ranking Rogerが56歳で他界

本名ロジャー・チャーリー、ザ・ビートのランキング・ロジャーが、癌で56歳で他界した。アメリカでは法的な問題からイングリッシュ・ビートとして知られているこのバンドは「Mirror In the Bathroom」「Too Nice To Talk To」など多くのヒットを飛ばし、スモーキー・ロビンソンのカバー「Tears of a Clown」でも知られている。ザ・ビートは若かりしR.E.M.を前座としてアメリカツアーも行なっている。ビートが解散したのち、ロジャーは彼の子供の頃のバンド友達、デイヴ・ウェイクリングとジェネラル・パブリックを結成。また、彼はスティングともコラボレーションをしていた。