Category: 事件

1月 17 2017

Tower of Powerメンバーが列車事故に

1月12日、タワー・オブ・パワーのドラマー、デイヴ・ガリバルディとベーシストのマーク・ヴァン・ワーへニンゲンが、ホームタウンのオークランドで電車の線路を横断しようとして列車事故にあい、重傷を負った。
彼らは列車の通過をしばらく待った後、線路を横断しようとしたところ、反対側から来た列車に気づくのが遅れ、事故にあった。ガリバルディは顔などを含む骨折多数。ヴァン・ワーヘニンゲンは、脾臓摘出ほか、内臓治療手術ののち、医療的昏睡状態にあるという。

1月 14 2017

カリフォルニア州でCash Askewが死傷

12月4日、カリフォルニア州オークランドで悲劇的な火事が発生し、36名の命を奪った。この火事は”ゴーストシップ(幽霊船)”と呼ばれた廃倉庫を改装したアート・スペースから出火。この夜は、あまり知られていないエレクトロニック・アーティストのゴールデン・ドナのコンサートが予定されていた。この火事で、オークランドをベースに活躍していたドリーム・ポップバンドThem Are Us Tooのキャッシュ・アスキューも死亡している。

11月 17 2016

Janet Jacksonが50歳で妊娠

ジャネット・ジャクソンが意外な形で注目を浴びる出来事があった。米大統領選の討論会でドナルド・トランプがヒラリー・クリントンを“汚い女だ(nasty woman)”と呼んだことで、多くの女性たちが“汚い女は強い、投票する、そしてドナルド・トランプみたいな男にうんざりしている女達だ。”とこの呼び方を称賛した。この影響を受けて、ジャネット・ジャクソンのシングル「ナスティ」の人気が再燃するという事態に。そして、現在50歳にして妊娠中のジャネットが先日路上でパパラッチされた時の服装は、イスラム教を連想させるフード付テントのようなデザインのものだった。2012年にカタール出身の大富豪ウィサム・アルマナ(41)と結婚したジャネットは、イスラム教に改宗したと言われているが本人は公表していない。しかし、ジャネット自身が結婚以降ずっと世間の目を避けるような生活を送ってきていることもあり、今回の服装の一件は注目を集めている。

10月 01 2016

Neil Youngがスー族の反対運動を支援

ニール・ヤングがアメリカンインディアンのスー族を支援するための曲「インディアン・ギバーズ」を書いた。スー族は、彼らの居留地にまたがるミズーリ川を汚染する3800億円/1,886キロの石油パイプラインの建設に反対している。しかし、多数のインディアンが反対運動に加わっているのにも関わらず、米主要メディアはこの対立をほとんど取り上げていない。しかも、民間警備会社が警察犬でデモ隊を追い払うなど、エスカレートした対応が目立ってきている。米政府は石油会社を支持しているようだが、最近になって連邦裁判所はパイプラインの建設を一時的に中断する命令を下した。

9月 14 2016

問題児David Crosbyが新譜リリース&ツアー

デヴィッド・クロスビーが10月21日にリリースされる新作アルバム『ライトハウス』に伴うツアーを行なう。11月8日にスタートする18日間のツアーでは全米各都市をまわる。今作のプロデュースを手がけたスナーキー・パピーのマイケル・リーグもツアー・バンドのメンバーとして参加する。CSN&YとCSNの解散の原因として強く批判されているクロスビーは、さらに最近ではグラハム・ナッシュと激しく衝突し、ナッシュがクロスビーに「もうおしまいだ。糞食らえ。俺の前から消えろ。」と悪態をついたそうだ。クロスビーは、ナッシュの自伝に書かれている内容の一部はでっちあげか誇張したものだと主張している。また、ニール・ヤングの恋人を中傷するコメントを公表した上に、「俺はニールよりも上手いギタリストを20人は知っている。その内の3人はスナーキー・パピーのメンバーだ。」と発言して物議をかもしている。

8月 04 2016

ミュージシャンらがトランプに反発

多くのミュージシャンらが、米大統領選共和党候補の暴君ドナルド・トランプと自分の音楽が関連付けられるのを拒否し続けている。最近では、ジョージ・ハリソンの遺産管理財団がハリソンの曲「ヒア・カムス・ザ・サン」がトランプに使用されたことに抗議する声明文を公表した上に、トランプに相応しい選曲は「ビウェアー・オブ・ダークネス」だと付け加えた。

7月 14 2016

Isaiah Silvaが謎だらけの主張

様々なカート・コバーン伝説が存在する中で、新たに奇妙な説が浮上している。カートの娘フランシス・ビーンズの別居中の夫イザイア・シルバ(The Eeriesのボーカル)が、「MTV Unplugged」でカートが使用したアコースティックギターは結婚祝いにもらった自分の物だと主張しているのだ。彼の義理の母コートニー・ラブはこの話を全面的に否定している。フランシスとイザイアは2014年に結婚したが、その結婚生活は21ヶ月しか続なかった。イザイアは家を出ていく際に、このMartin D-18Eギターを持ち去ったという。さらに不可解なのが、シルバはコートニーとブリットニー・スピアーズの元マネージャーのサム・ラフティが自分を誘拐し、携帯電話を盗んだと言い出しているのだが、信憑性は明らかになっていない。

6月 23 2016

Donald TrumpがNeil Youngの曲を使用

一部のメディアは、ニール・ヤングが自身の楽曲をドナルド・トランプが使用することを容認する発言をしたと報じている。しかし、実際にヤングが言いたかったのは、アーティストが自分の作品が何処で流れるかコントロールする法的な権利を持たない故の、“包括許可”にすぎないということだ。この裏付けとして、ニールは最近のライブでステージから“くたばれ!ドラルド・トランプ!”と叫んでいる。また、トランプが使用した曲「ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド」は、Aメロ部分を聞けば歌詞の持つ暗い意味がわかるはずで、アメリカを支持する曲として明らかに相応しくないと指摘している。

5月 09 2016

Arsenio HallがPrinceの死に関与?

プリンスの死が物議を醸している中、プリンスとは激動の関係にあったシネイド・オコナーが、トーク・ショーの司会、アーセニオ・ホールのせいでプリンスが死んだと公的に糾弾した。プリンスとエディ・マーフィーに長らく薬物を供給していたというのだ。アーセニオ・ホールはこれに対して500万ドルの訴訟を起こし、彼女は「注目を得たくて必死だ」としている。

3月 31 2016

テロの影響がテキサスのSXSWにも

毎年テキサス州オースティンで開催されるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト・ミュージック・フェスティバル)はもう何年もの間、日本人アーティストにとってアメリカでの登竜門とされていた。オースティンに集まる国際的で熱狂的な観客の前で演奏するチャンスだけでなく、フェスの後、「Japan Nite」(オースティンでの日本バンド・イベントの名前でもある)と銘打って幾つかのバンドが一緒にアメリカ・ツアーに出ていたのだ。
ところが、今年はテロの脅威の影響のため、例年の通りにはいかなかった。まず、テロ対策として、アメリカへの入国審査が非常に厳しくなった。このため、日本バンドのうち3つはビザの問題で入国を拒否されている。このため、オースティンでのJapan Niteは演奏自体が少なく、今回、バンドのドキュメンタリー『We Are X』のプロモーションのためにすでに会場入りしていたX JapanのYoshikiが飛び入りでピアノを弾いたが、観客の反応は二分された。スーパースターの突然の登場に興奮する観客もいたが、彼を知らない観客もいた。感想を集めてみると、今回のSXSW出場を果たした日本人アーティストで一番の話題だったのは、若い女性ブルース・ロック・ギタリストのレイだった。もしまだ彼女の曲を聞いたことがなければ、チェックしてみると良いだろう。

3月 18 2016

Randy Meisnerの妻Lana Rae、射殺される

元イーグルスのメンバー、ランディ・マイズナーの妻、ラナ・レイが、自宅で射殺された。夫は別室にいたと証言している。最初は容疑者とされたものの、防犯カメラがこの証言を証明。警察が事件を捜査中だ。
マイズナーは一貫性のない行動で知られ、2015年1月にはAK-47で心中を図ろうとしたこともある。彼には、72時間の精神科にての拘留措置がとられているという。

2月 19 2016

ジャズピアニストのCecil Taylorが勝訴

86歳のジャズの偉人、セシル・テイラーが、詐欺で巻き上げられた5000万円をめぐる裁判で勝訴した。
2013年、テイラーは京都賞の思想・芸術部門を受賞した。その際、建設請負業者のノエル・ミュアーがテイラーの信用を取り付け、日本への受賞旅行に同行、賞金を「ノエル・テイラー基金」に入金したと見せかけて自分の個人口座に入金した。ミュアーは2014年に逮捕された時、その内20万ドルを返却している。今度の裁判で、テイラーは残りの金額を返却されること、ミュアーは1年から3年の刑に服すことが決まった。

2月 17 2016

Robin Thicke対Marvin Gaye遺族の裁判にもう一波乱?

ロビン・シックが「Blurred Lines」で1977年のマーヴィン・ゲイのヒット曲「Got To Give It Up」の著作権侵害をしたとする裁判は、一応の決着をみたものの、上告される可能性が出てきた。遺族側は、裁判に勝って530万ドルの賠償金と、今後の印税の50パーセント、350万ドルに及ぶ裁判費用などを得たが、これに対して、シックの弁護士は裁判費用を賠償金に含むことは不当だとして、その金額を賠償金に入れないこと、少なくとも減らすことを要求している。
350万ドルの裁判費用は確かに多いが、本来、遺族側が裁判に踏み切らないよう怖気づかせようと、裁判費用を条件に入れたのはシックの方だった。

12月 06 2015

Adam Lambert、シンガポールで渦中の人に

アダム・ランバートがシンガポールで物議をかもしている。過去に何度かシンガポールでステージに立ったことのあるランバートだが、彼のパフォーマンスが猥褻であり、その性的なライフスタイルを宣伝に利用している活動に不快感を覚える同国の団体が12月に予定されているランバートの国内ライブに反対する署名活動をスタートした。その一方で、“シンガポールがあらゆる差別を排除する国であることを証明する”ために、ランバートを支援する署名活動も始まっている。

11月 24 2015

バタクラン劇場襲撃事件

世界を震撼させたパリのテロリスト襲撃事件は、特にエンターテイメント業界をターゲットにされたこと、サッカーの試合、レストランや、ライブ音楽の劇場であるバタクランが襲われたことに衝撃が走った。
バタクラン劇場は、1865年に開館した歴史的な場所で、改築や変化を重ねてきている。音楽を聴くための場所としてミュージカルシアターだったり、1920年代には映画館に、1933年の火事で一部が焼失した後、1950年代には構造的な改築を行い、1969年からは1500人を収容するライブハウスとして運営されてきた。プリンス、ジェフ・バックリー・ルーツ、デヴィッド・バーンやビーター・ガブリエル時代のジェネシスもここで演奏している。
今週は、デフトーンズやゲイリー・クラーク・ジュニアのライブが予定されていた。

11月 23 2015

Eagles of Death Metalが一躍有名に

誰もが予想も希望もしない方法で、パリの虐殺の舞台だった劇場でライブを行っていたイーグルス・オブ・デス・メタルは、一夜にして世界中に知られる存在となった。この悲劇以前、バンドはクイーンやストーン・エイジから派生した、そこそこ成功している、奇妙なユーモアに溢れたハードロックバンドとして知られていた。バンド名に反して、デスメタル・バンドではなく、バンド名自体が誰かの会話の中で、「イーグルスのデスメタル版のような」と言われたから(ただしイーグルスの演奏にも全く似ていない)決まったという。バンド内で一番有名なのはQOTSAのジョシュ・オムで、オムの幼馴染、ジェシー・ヒューズがもう一人のコンスタントなメンバー。他のメンバーは常に入れ替わっているが、デイヴ・グロール、ジャック・ブラック、マーク・ラニーガン、ラット・スカビーズにサマンサ・マロニーなどのセレブリティも参加している。

なぜ彼らのライブがターゲットとされたのかは明らかにされていないが、イスラエルでの演奏活動や、ロジャー・ウォーターズなど、イスラエルがパレスチナ地域で未だ拡大していること、中東に対する敵対行動を取る事に抗議活動をしてるミュージシャンに対する攻撃的な姿勢がイスラム国の怒りを買ったのではないかという説がある。
また、襲撃された劇場も40年以上の間ユダヤ系のパスカルとジョエル・ラルー兄弟の所有であり、親イスラエルイベントを開催したりしていたことも理由の一つと考えられているが、2ヶ月前に劇場は兄弟の手を離れている。

9月 12 2015

Sony PicturesがMiles Davisを“シンガー”よばわり

先月、大きな注目を集めている映画『マイルス・アヘッド』の世界配給権を獲得したソニー・ピクチャーズが公で醜態をさらした。高い評価を受ける映画監督ドン・チードルがジャズの巨匠マイルス・デイビスを描いた同作品の興行収入は有望視されている。また、ソニーが作曲家/トランペット奏者のジャズの帝王マイルス・デイビスが残した膨大な作品の主要カタログを所有していることも同社にとっては高い利益が見込める要素となっている。しかし、プレスリリースの際にソニーの広報担当者がデイビスを“象徴的なシンガー”と呼ぶ大失態をおかしたために、ビルボードや多数のメディアから攻撃される事態となった。

7月 23 2015

50 Centが自己破産を申請

数々のプラチナム・アルバムやvitaminwater®への投資で巨額の富を築いたといわれるラッパーの50セントが自己破産の申請をしていたことが明らかになった。しかし、当の本人に動揺はみえず“あくまでもビジネス戦略の一環”と主張しているそうだ。

7月 23 2015

DMXが複数の罪で刑務所行きに

マルチプラチナム・ラッパーのDMXが養育費未払い、危険運転、およびガソリンスタンドで男性に強盗をはたらいた罪で6ヶ月間投獄されることが明らかになった。

6月 05 2015

Neil Youngがマウイ島でサプライズパフォーマンス

ニール・ヤングがマウイ島にあるチャーリーズ・レストラン&サルーンにルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルとサプライズ出演した。個人的にこの店のファンだというルーカスの父ウィリーは過去にこの店で演奏したことがある。シングル「ロック・スターバックス」が話題となっているニール・ヤングは、新作アルバム『モンサント・イヤーズ』を6月15日にリリースする。また、関連したドキュメンタリー映画も公開される予定で、7月にはバンド・オブ・ホーシズをオープナーに迎えて北米ツアーを行なう。
ヤングは1985年にウィリー・ネルソンとジョン・メレンキャンプと共にチャリティーコンサート事業“ファーム・エイド”を設立。アメリカの種子市場を独占しているモンサント社は、農家に高額で種を買わせている悪名高き企業だ。さらに、モンサント社の元社員が米政府の官僚職に、米政府の元職員はモンサント社での重役職に就いていることから、同社に有利な法案が成立する仕組みができあがっている。その結果、アメリカにおける遺伝子組み換え食品の表示はいまだに義務化されていない(世論調査ではアメリカ国民の90%が表示を求めているにも関わらず)。モンサント社が初期に製造していたのはベトナムでジャングルを破壊するために使用された枯れ葉剤(エージェントオレンジ)、強力な毒性を持つ農薬DDT、そして工業用のPCB((ポリ塩化ビフェニル)など。また、同社製の乳牛の成長ホルモン剤rBGHや人工甘味料のアスパルテームは発ガン性が指摘されている。また、最近モンサント社の社員が同社の見解に同意しない科学者を追放するための部署が存在することを認め、波紋が広がっている。ちなみに、全米食品製造者協会を通して遺伝子組み換え食品の表示義務化に反対するキャンペーンに出資したことが非難されているスターバックスは、“反対運動への直接的な関与”を否定している。

5月 11 2015

MayweatherがSuge Knightの保釈金を用立て?

ボクシング史上で歴史的な一戦となったメイウェザー対パッキャオ戦は3—0でフロイド・メイウェザーが勝利し、巨額のファイトマネー(約144億円)を手にした。しかし、私生活での素行が悪いことで知られるメイウェザーは、試合前から自分が勝った場合はファイトマネーの一部を友人であるシュグ・ナイトの保釈金に使うと語っていた。ナイトは過去25年間に渡ってDV、自動車窃盗罪、薬物や武器の所持罪、および殺人未遂罪など多岐に渡る犯罪に関与してきた。デス・ロウ・レコードのCEOとして、NWA、スヌープ・ドッグ、The D.O.C.、MCハマー、ヴァニラ・アイス、2パックらをヒットさせて巨万の富を築いたが、2006年に破産保護申請をしている。また、2パックの銃撃殺害事件への関与も疑われているが、事件の犯人はいまだに明らかになっていない。現在は男性2人を轢いて死亡させた容疑(本人は彼らから脅迫されていたと主張)で拘留中の身にあり、その保釈金は1千万ドル(約10億円)と言われている。

5月 09 2015

U2最新作に露政治家が反発

ロシアの右翼政治家とクレムリン派の新聞が、アップルが配信しているU2の最新アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』は“ゲイのプロパガンダ(宣伝行為)”だとして同国の司法長官に調査を要請している。今回問題となっているのは、このアルバムのジャケットに使用されたU2のドラマーのラリー・マレン・ジュニアが18歳の息子を抱きしめている(共に上半身裸)写真だ。

3月 21 2015

Fishbone、オンラインで裁判費用を募る

ステージダイビング訴訟の渦中にいるフィッシュボーンが裁判の費用を集めるアカウントをオンラインに設立した。バンドを起訴した女性は、フィッシュボーンの音楽とパフォーマンスのスタイルを知らなかったために、メンバーのアンジェロが観客の中にダイブしてきた際に怪我をしたと主張している。この訴訟は一度棄却されていたいが、肩の痛みや記憶障害に加え、怪我が原因で全身性紅斑性狼瘡という珍しい自己免疫疾患を発症したとして、女性の弁護団が再びバンドに対して140万ドルを要求する訴訟を起こした。

3月 16 2015

Marvin Gaye盗作訴訟に終止符

ファレル・ウィリアムスとロビン・シックがマーヴィン・ゲイの作品を盗用したとして、米裁判所は2人がゲイの遺族に730万ドルの和解金を支払うことを命じた。シックの2013年の大ヒット曲「ブラード・ライン」は、ゲイの「ゴット・トゥ・ギブ・イット・アップ」に似ているために訴訟問題に発展していた。

3月 16 2015

AntemasqueのNZ公演で観客が火傷

元マーズ・ヴォルタのセドリック・ビクスラー=ザヴァラがヴォーカルをつとめるアンテマスクが、ニュージランド公演で非常に暴力的な行為を犯した。ザヴァラがライブ中に客席に向かって沸騰したお湯の入ったヤカンなどを投げつけたために、数名の観客が火傷したという。

2月 12 2015

Suge Knightの保釈が取り消しに

ひき逃げ殺人の容疑で拘留中だったシュグ・ナイトの保釈が取り消しになったことが明らかになった。先月30日、弁護士を同伴して自ら警察に出頭したナイトは映画の撮影現場の付近で2人の男性を轢き、そのうち1人が死亡したことを自供。ナイトの弁護士は「ナイト氏が襲撃から逃走している間に起こった不慮の事故である」と説明していた。元デス・ロウ・レコードのCEOだったナイトは、現在は敵対関係にあるDr.ドレやThe D.O.C.と長年ビジネスを行なってきた。DV、自動車窃盗、武器・麻薬所持、強盗、殺人未遂、そして仮釈放条件違反など多数の前科を持つ。また、2パックとビギー・スモールズの殺人事件にも関与した疑いがかけられているが、正式に起訴されたことはない。逮捕当初は220万ドル(約2億5800万円)の保釈金で釈放される予定だったが、ナイトの逃亡の危険性と凶悪な犯罪歴を考慮した上で保釈取り消しを決定したという。

2月 11 2015

Sly Stoneが裁判に勝訴

著作権料を横領していたとして元マネージャーのジェラルド・ゴールドステインと弁護士のグレン・ストーンを起訴していたスライ・ストーンが裁判に勝ち、ストーンに500万ドル(約6億円)が返還されることになった。現代音楽を支えてきた中心人物の1人であるストーンだが、長年に渡って麻薬問題を抱えており、最近ではロサンゼルスで車上生活をしていると報じられている。

2月 09 2015

Bobbi Kristina Brown事件に進展

2012年に急死したホイットニー・ヒューストンの1人娘ボビー・クリスティナ・ブラウン(21)が、意識不明の状態で自宅のバスタブに倒れているのを発見されてから1週間経った今月7日に、警察が刑事事件として恋人のニック・ゴードンの捜査を開始したことを発表した。ゴードンが頻繁にクリスティナに暴力をふるっていたという噂があることや、発見時の状況に不審な点があることから捜査にふみきったそうだ。ホイットニーは2012年2月11日にロサンゼルスのホテルのバスタブで遺体となって発見された。クリスティナは現時点では昏睡状態にあるという。

2月 02 2015

「Stay With Me」盗作疑惑に決着

英若手シンガーソングライター、サム・スムスの世界的ヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー」の作曲者にトム・ペティとジェフ・リンの名前が加わることになり、それぞれに12.5%の印税が支払われることが明らかになった。ペティの「アイ・ウォント・バック・ダウン」に類似していることが指摘されてきた同曲は400万枚以上のセールスを記録し、2015年のグラミー賞最優秀レコード賞にノミネートされている。

1月 13 2015

映画『The Interview』で曲を無断使用

サイバー攻撃によって新作映画『ザ・インタビュー』が公開中止に追い込まれてから一転、予定通りに上映にこぎつけたソニーだが、今度はK-popアーティストのユン・ミレとのトラブルを抱えている。ミレの所属レーベル、フィール・グッド・ミュージックは彼女の楽曲「ペイ・デイ」の一部が無断で映画に使用されたとして同社を起訴。ソニーと楽曲の使用について交渉中だったにも関わらず、契約をせずに曲が使われたと主張している。