Category: News All

Jul 17 2018

Theryl “Houseman” DeClouetが他界

セリル・”ハウスマン”・デクロウが、何年かの闘病生活の後66歳で他界した。一般にはファンクバンド、ギャラクティックのオリジナルのボーカリストだったことで良く知られているが、彼はニューオリンズでは有名人で、インディーレーベルでソロアルバムを録音しつつ俳優としても活動していた。10年間参加した後に2004年、糖尿病が悪化したことからギャラクティックのツアースケジュールについていけなくなりバンドを脱退したが、スペシャルなイベントなどでは参加もしていた。彼の脱退後、ギャラクティックは様々なシンガーを使っていて、最も最近のボーカリストはエリカ・フォールズだった。

ハウスマンはギャラクティックに参加する前はザ・リリックスや日本でカルト的な人気を博したホリーグローヴの『New Orleans Best Kept Secret』にも参加している。その後彼はパーカッショニストのマイケル・ワードとニューオリンズ・スタイルのファンクバンドリワードを結成、日本にもツアーで訪れていた。ギャラクティックのバンドメイトになるグループとは現在ニューオリンズで最も有名なファンク・ライブハウス、べニーズ・ブルー・バーでリワードとしてのライブで出会った。当時彼らのほとんどは大学生だったという。ハウスマンの遺作になる最新アルバムは『The Truth Iz Out』で、ニューオリンズのスター、イヴァン・ネヴィルやジューン・ヤマグチなどがゲスト参加している。

Jul 17 2018

Kacey Musgravesがフジロックにサプライズ出演

今年のフジロックのサプライズの中に、若いシンガー・ソングライターで、カントリーのアーティスト、ケイシー・マスグレイヴスがいる。彼女は8歳の時に曲を作り始めた。彼女のデビューアルバムはカントリーと分類されているが、ロック、フォーク、ブルースやロカビリーの影響も受けているのがわかる。このアルバムはグラミー賞の最優秀カントリーアルバムを勝ち取った。彼女は他にも、ミランダ・ランバートなどのメジャーな歌手のためにもヒット曲を提供している。また、マスグレイヴスはウィリー・ネルソン、ケイティ・ペリー、レディ・アンテベラム、ハリー・スタイルズやアリソン・クラウスなど多くの歌手ともツアーを行っていて、彼女は彼らから大きな影響を受けたと言っている。また、彼女はアメリカの深夜番組にも多く出演している。もしもあなたがカントリーは趣味じゃないと思っていても、ケイシー・マスグレイヴスは世界的な作曲家で、一度聞いてみる価値はあるだろう。

Jul 17 2018

Deafheavenが4枚目のアルバムをリリース

シューゲーズ、ポスト・ロック、メタルと様々なジャンルを横断するバンドデフヘヴンが4枚目のアルバム『Ordinary Corrupt Human Love』をリリース、批評家には彼らの最高のアルバムと絶賛されている。サンフランシコをベースに活躍する5人組のこのバンドに「Night People」ではシンガーのチェルシー・ウルフが参加している。

Jul 16 2018

Slightly Stoopidが北米ツアーを開始

南カリフォルニア出身でレゲエテイストのバンド、スライトリー・ストゥーピッドが「2018年学校も終わりだぜツアー」をノースカロライナ州で7月14日に開始する。このツアーは新譜『Everyday Life, Everyday People』のプロモーションツアーとして、スティック・フィギュア&ペッパーをゲストに迎え行われる。北米でのツアーが終わった後はヨーロッパでのギグが数カ所予定されていて、その後は11月30日から12月5日まで、メキシコのリヴィエラ・マヤ・ハードロック・カフェで演奏が決まっている。彼らのメキシコでの演奏は特に人気で、国際的な観客を動員することで知られている。もしアルバムが気になるようなら、ドン・カルロスがゲスト出演している「Stay the Same」とアルボロジーがゲスト参加した「If You Want It」は必聴。

Jul 16 2018

Robin Williamsの『Come Inside My Mind』HBOで製作

HBOが、コメディアンで俳優のロビン・ウィリアムズについてのドキュメンタリー『Come Inside My Mind』を製作、今週アメリカで公開される。ウィリアムズはスタンダップコメディーの芸人としてカリフォルニアでそのキャリアを開始。テレビ番組の『Mork and Mindy』で名前が知られるようになり『Good Morning Vietnam』『Dead Poets Society (今を生きる)』『Mrs. Doubtfire (ミセス・ダウト)』や『Aladdin』などの映画でスーパースターとなった。このドキュメンタリーのサウンドトラックは、リチャード・プライヤーのドキュメンタリーも手がけ『プラダを着た悪魔』に自分の曲「Tres Tres Chic」が使われた、モシーン・ワーカーが制作している。

Jul 16 2018

ガールズバンドCHAIがフジロックへ

昨年のフジロック、ルーキー・ア・ゴーゴー・ステージで一番人気を誇った楽しくファンキーなガールズバンド、CHAIが今年もフジロックにカムバック、日曜日に演奏予定だ。また、彼女らは9月7日にバーガーレコードからリリース予定のアルバム『PINK』のプロモーションツアーで北米を回る予定(ニューヨークのラフ・トレードショップでの演奏も予定されている)。

Jul 12 2018

タワーの創設者ソロモンの名を冠したデリが開店

カリフォルニアをベースにしたユダヤ・デリが、名前をタワーレコードの創設者として彼に対する敬意を表明した。ソロモンズ・デリの1号店はデイヴィス市のファーストストリート500番地に開店。サクラメントに近い大学街は、ソロモンがタワーを創立した街でもある。二つ目のデリはサクラメントのKストリート730番地で、今年末までに開店予定。二つのデリは、両方ともタワーレコードに関連する記念品などで飾られている。

Jul 12 2018

The Pillowsが北米ツアーへ

ピローズが全米ツアーを敢行中。彼らの曲を番組で何度か使っていたアメリカのテレビ会社、アダルト・スイムがスポンサーとしてバックアップしている。アメリカではピローズはアニメ『FCLC』のサウンドトラックを作成したことで知られている。最初の3つのライブはボストンとニューヨーク(2か所)だが、全てチケットは事前に完売した。

Jul 12 2018

Tab Hunterが86歳で他界

俳優、プロデューサー、テレビ司会者として活躍したタブ・ハンターが86歳で他界した。本名アーサー・ケルムというこのハンサムな金髪男は、非凡で成功に満ちたキャリアを築いた。

彼は年齢を詐称して10代前半で軍に入隊。実際の年齢が明るみに出て除隊となる。その後、彼が非常にハンサムで、映画を見るのが大好きだったことから友人に演劇を薦められた。兵隊役を演じた1955年の『Battle Cry(邦題:愛欲と戦場)』が彼の成功作となる。その後、ワーナー・ブラザーズと独占契約を結び、数々の人気映画に出演した。1957年にはパラマウント所有のレコード会社ドット・レコードから「Young Love」をリリースし、チャート1位を6週間の間独占、国際市場でも人気を博した。しかし、タブの人気を作ったのは自分達だと思っていたワーナーの創設者ジャック・ワーナーを怒らせる。このことにより、ワーナーはワーナー・ブラザーズ・レコードを設立、タブ・ハンターの作品すべての権利を管理、業界でも大手にのしあがった。1960年代の後半にハンターはフランスに移住、映画制作のペースも落としたが、人気はそのまま。ドラアグ・クイーンのディヴァインと一緒に制作したキッチュでスマートな『Polyester』でさらに人気を高めた。また、『Greece 2』では歌う役もこなしている。2007年に彼は自伝を発表、ベストセラーとなる。この本の中で彼はゲイであることをカミングアウトし、今まで噂されていたことを肯定、長期にわたるボーイフレンドがいると発表した。

Jul 10 2018

ラッパーBoots RileyがSF映画を監督

ザ・クープの創設者の一人で、ギャラクティックとのツアーでも有名なラッパーのブーツ・ライリーが、SF映画『Sorry To Bother You』を監督した。 主役カシアス・グリーンはラキース・スタンフィールド、他にもダニー・グローヴァー、アーミー・ハマーが配役されている。この映画はサンダンス映画祭でデビュー、サウス・バイ・サウスウエストで上映され、今週映画館にお目見えしているが、ここまでの評判は非常に良い。音楽はチューン・ヤーズが担当。彼らは新譜『I Can Feel You Creep Into My Private Life』を発表したばかりだ。
Jul 10 2018

The Flatlanders が再び集結

ジョー・エリー、ジミー・デール・グリモア、バッチ・ハンコックなどソロ活動で知られる鬼才が時折集結するルーツ・ロック・バンドのフラットランダーズ。最近、著名なソングライターのダン・ペン(「Dark End of the Street」「A Woman Left Lonely」 「I’m Your Puppet」他多くの曲で知られる)を前座にギグを開催した。ライブがあまりにうまくいった為、ペンはフラットランダーズと一緒にも演奏し、近々追加公演を行おうと計画している。
Jun 24 2018

PIGことRaymond Watts、新譜を発売

イギリスのインダストリアル・ロック・ミュージシャンでPIGというステージネームで活動しているレイモンド・ワッツが、パワフルな新譜『Risen』を発売した。レイモンドはアインシュトゥルツェンデ・ノイバウテンのサウンド・マンとしてキャリアをスタート、フィータスというバンドで短い期間ベースを弾いていたこともある。彼のPIGとしてのデビューは1994年で、1995年にはナイン・インチ・ネイルズの前座としてツアーに出ている。また、KMFDMというドイツのバンドのメンバーとしてもツアーを行い、日本のバンド、バクチクのメンバーともコラボレーション・ユニット、シャフトと、シュヴァリンに参加。また、ファッション界のアイコンであるアレクサンダー・マックイーンのランウェイ・ショウの音響を手がける時間も作っていた。

PIGはヨーロッパでのライブや、今月末にはニューヨークで行われる伝説的なシカゴのダンス・レーベル、ワックス・トラックス・レコードのドキュメンタリーに関するイベントにも参加を予定している。

Jun 24 2018

Boz Scaggsが新譜を7月に発売予定

ボズ・スキャッグスが新アルバム『Out of the Blues』を7月27日に発売予定。日本ではSHM-CDバージョンでその数日後に発売される予定だ。このアルバムにはジミー・リードの「Down In Virginia」やニール・ヤングの「On the Beach」など、ボズの長年に渡る共同制作者で、エルヴィン・ビショップ等とも仕事をしている、ジャック・”アップルジャック”・ウォルロスが手がけた曲をバージョン違いで収録。

Jun 21 2018

Ziggy Marleyが父の伝記的映画を製作中

ジギー・マーリーがパラマウント・ピクチャーズと父、レゲエの伝説ボブ・マーリーの伝記的映画を製作中だ。ボブ・マーリーはレゲエを世界に広めた立役者で、ジャマイカをまとめる力になった。彼の歌は今日でも人気が高い。ボブ・マーリーは1974年に36歳で癌のため他界した。ジギー・マーリーは1968年、ボブとリタ・マーリーの間に生まれ、自分自身の音楽キャリアで7つのグラミー賞を受賞している。

Jun 21 2018

Kore-eda Hirokazu監督がカンヌでパルムドールを受賞

日本人監督の是枝裕和が『万引き家族』でカンヌ国際映画祭の最高賞、パルムドールを受賞した。彼は日本でも特に評価の高い映画製作者で『幻の光』(1995)、『ワンダフルライフ』(1999)、『誰も知らない』(2004)、『歩いても歩いても』(2008)、『空気人形』(2009)などで国際的に評価され、数々の賞を受賞している。是枝監督は文部科学省からの誘われた際も、自分の作品は政府の権威とは別にしていたほうが良いと断っている。

Jun 21 2018

Ariana GrandeとPete Davidsonがカップルに

美しくて才能に溢れるポップのプリンセス、アリアナ・グランデはコメディアンのピート・デヴィッドソンと付き合っている。二人はピートがレギュラー出演しているテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』にアリアナがスペシャルゲストで出演した際に出会った。この番組は43年も続く長寿番組で、時事問題や笑いに加え、最高の音楽を紹介、また多くのカップルを生み出してきた。女優のスカーレット・ヨハンソンもこの番組で出演者だったコメディアンのコリン・ヨーストと出会って1年以上付き合っている。最も有名なカップルは、1978年に番組で出会ったポール・サイモンとキャリー・フィッシャーだ。キャリーは出演者のダン・エイクロイドと付き合っていたが、のちにサイモンと結婚した。

May 25 2018

Tower of Power、50周年記念ライブを企画

タワー・オブ・パワーは音楽史にユニークな立ち位置を確立したバンドだ。彼らはその素晴らしいファンキーなサウンドを50年もの間世界に届けている。このバンドはカリフォルニア州サンフランシスコから湾を挟んだ労働者の町、オークランドで結成され、その結成当時からマルチ・レイシャル(人種の坩堝)で、ホーンセクションもある大所帯のためツアーにも中々出られず(ステージには毎回10人のミュージシャンが常駐している)、チャートヒットも少ない(トップ40に入った曲がわずか3曲、トップ10はない)。通常のバンドであれば、メインヴォーカルの脱退、変更はバンドの危機となるが、タワー・オブ・パワーは少なくとも1ダースはヴォーカルを変えているし、人気も増えたり減ったりしているが、ライブバンドとしての人気は常に高く、世界中で売れっ子である。実際、メンバーもよく脱退しては再参加していて、バンドに最初からずっとコンスタントにいるのは金管のエミリオ・カスティーヨとドック・クプカの2人だけだ。バンド結成50周年を記念して、彼らはホームタウンのオークランドで、6月1日と2日、2回の録画公演を予定している。これにはバンドの卒業生もゲストとして参加予定で、サプライズも企画されているらしい。また、彼らは10年ぶりの新アルバム『Soul Side of Town』も6月1日に発売する予定だ。

May 25 2018

Slightly Stoopidが新譜を7月に発売

カリフォルニア州サンディエゴにルーツを持つレゲエ・ロックバンド、スライトリー・ストゥーピッドが7月13日に新アルバム『Everyday Life, Everyday People』を発売予定だ。このアルバムにはゲストとしてアリ・キャンベル(UB40)、G.ラヴ、チャーリー・ツナ(ジェラシック5)、イエローマンやスライ・ダンバーが参加している。

May 25 2018

Halie Lorenの新譜が好評

ヘイリー・ロレンの新アルバム『From the Wild Sky』が好評だ。特に、「How To Dismantle a Life」という失恋をアップビートに歌ったもの、気持ち良く聴ける「Well-Loved Woman」は非常に高い評価を得ている。このアルバムはクラウドファンディングのキックスターターで資金を集め、ロンドンとニューヨークでグレゴリー・ポーター、ローラ・マヴーラやジェイミー・カラムを手がけたブリット・トロイ・ミラーがプロデュースしてレコーディングされている。ヘイリーは日本でも公演予定があり、7月14日から17日のコットンクラブ、7月18日はビルボードライブ大阪、7月19日に名古屋ブルーノートが決定している。その後はソウル、ロンドンと移動する予定。

May 09 2018

SpongeBobのミュージカルがトニーにノミネート

ケーブルテレビ局のニコロデオンが、今までに11シーズンを放映し、映画化して大成功、更にミュージカルとして大人気を博したアニメ「スポンジ・ボブ」。このミュージカルはベスト・ミュージカルとベスト・ミュージカル曲を含む12のトニー賞にノミネートされた。オリジナル・キャストによる録音盤は、シンディ・ローパー、フレーミング・リップス、エアロスミスのスティーヴン・テイラーとジョー・ペリー、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ等の曲を含む。

May 09 2018

Tower of Powerがオークランドで50周年を祝う

May 09 2018

Joey Ramone Bashが19日に開催

毎年行われるラモーンズのヴォーカリスト、ジョーイ・ラモーンの生誕祭「ジョーイ・ラモーン・バッシュ」が5月19日にニューヨークで開催される。ジョーイの兄弟ミッキー・リーも演奏者に名を連ね、ラモーンズのリッチーやCJも今年40周年になる『Road to Ruin』アルバムから演奏する予定。このイベントはジョーイの命を奪った悪性リンパ腫のリサーチのためのチャリティーでもある。

May 09 2018

Neil YoungがCrazy Horseを復活

秘密に満ちた活動を続けいているニール・ヤングが、この度突然彼のバンド、クレージー・ホースを復活させた。このバンドはベースのビリー・タルボット、ドラムのラルフ・モリーナと多重奏者のニルス・ロフグレンで構成されている。ニールは特にリハーサルなどはしないと明言し、現在のところ、フレズノやベーカーズフィールドなど、カリフォルニア州でも中規模程度の街でしかライブの予告なども行なっていない。最初のライブではよく知られていない曲を多く演奏しつつ、「Cinnamon Girl」「Like a Hurricane」や「Don’t Cry No Tears」などの人気曲、『After the Gold Rush』からのトラック(18歳のニルス・ロフグレンがピアノを弾いていたもの)も演奏。

このところニールはプロミス・オブ・ザ・リアルというウィリー・ネルソンの息子たちのバンドと活動をしていて、今年後半までライブが決まっている。また、彼は音楽フィルム「Paradox」をプロミス・オブ・ザ・リアルと制作。ニールの恋人で女優のダリル・ハンナが監督をしている。

May 09 2018

Charles Neville、癌で他界

サックス奏者のチャールズ・ネヴィルが膵癌の為79歳でこの世を去った。チャールズは1956年から1958年の間海軍に参加、メンフィスに駐屯中、後に一緒に長期ツアーをすることになるBBキングとボビー・”ブルー”・ブランドに出会う。チャールズはその後、ラリー・ウィリアムズのニューオリンズのバンドに参加。ウィリアムズはハードな麻薬、窃盗や女衒などと関係が深かったが、それでもビートルズやストーンズにカバーされるようなヒット曲を作っていた。1963年にチャールズ・ネヴィルはマリファナのジョイントを2本所有していた罪で3年間収監される。刑務所で服役中、熱心に音楽の勉強をし、ジェームズ・ブッカーやジェームズ・ブラックなど、他の収監されていたミュージシャンたちと演奏した。刑務所を出た後、ジョニー・テイラーやクラランス・カーター等と演奏し、1977年にはネヴィル・ブラザーズ・バンドを結成。兄弟のアーロン(ヴォーカル)、アート(キーボード。彼はそれ以前にミーターズというバンドの共同創設者だった)、シリル(パーカッション)とのバンドだった。ネヴィル・ブラザーズはそこそこの人気があったが、チャートでの大ヒットは無い。しかし、他のミュージシャンからは生粋のニューオリンズ音楽一族として有名。チャールズの娘、シャーメイン・ネヴィルも評価の高い歌手で、彼女のデビュー曲「It’s About Time」は日本でも人気だった。アーロンの息子、イヴァンはキーボード奏者で、人気のファンクバンド、ダムスタファンクを率いてアートの曲を歌い、このバンドでは従兄弟のイアンがギターを弾いている。

Apr 24 2018

Bilinda Butchersがアジアに凱旋

サンフランシスコをベースに活動しているビリンダ・ブッチャーズがアジアに凱旋する。中国では成都ストロベリー・ミュージック・フェスティバルを含む7回のライブを開催、台湾やフィリピンでもライブを敢行する。彼らの東洋ツアーは5月28日の名古屋と28日、ウォールフラワーと共演する大阪コンパスでのライブ、29日のランプと共演する東京O-ネストで締めくくられる予定。
Apr 24 2018

2つの日本バンドMoliceとBo Peep、アメリカ東海岸へ

女性フロントのオルタナ・ロックバンド2つがアメリカに戻り、人気を博している。モリスは長期の東海岸ツアーを敢行。ニューヨーク州のルーズベルト島で開催されるチェリー・ブロッサム・フェスや、フィラデルフィアでの桜祭りなど4つの桜祭りにも参加した。アメリカでは、彼らのアルバムはグッド・キャラメル・レコードからリリースされ、近頃プロデューサーでベーシストのグー・グー・ドールズ、ロビー・テイキャックともレコーディングをしている。

福岡で結成されたボー・ピープもブルックリンの桜祭りに参加するべく東海岸を目指している。ボーピープは以前フジロックやイギリスのグレイト・エスケープ、テキサスのサウス・バイ・サウスウエストに参加し、NYタイムズから絶賛された。

Apr 24 2018

DJ Avicii が28歳で他界

スウェーデンのプロデューサー、DJアヴィーチーが28歳の若さで他界した。死因は不明。アヴィーチーの本名はティム・バークリングだが、マイスペースで自分の名前がすでに登録されているのを知り、仏教で一番下位の地獄といわれる無間地獄のサンスクリット語からとった。アヴィーチーは健康問題を抱えていて、4年前には急性膵炎で胆嚢と盲腸を切除している。世界でももっとも稼いでいるDJの1人だったが、彼はスタジオ・ワークに専念するため、26歳で引退を宣言した。2011年にはエタ・ジェイムズの「Something’s Gotta Hold On Me」をサンプリングしたトラック「Levels」でメガヒットを飛ばす。デヴィッド・ゲッタとのコラボ「Sunshine」も大ヒットになり、グラミー賞にノミネートされた。また、彼はマドンナやレニー・クラヴィッツなど多くの著名なアーティストのリミックスを作成、コールドプレイやビリー・ジョー・アームストロング、サンタナやナイル・ロジャーズとのコラボレーションも残した。

Apr 06 2018

Halie Lorenがオリジナルの新譜を発売へ

 

ヘイリー・ロレンが素晴らしいアルバムを上梓した。ヘイリーは通常ジャズ・スタンダードとポップのヒット曲や、多言語(フランス語、スペイン語、ポルトガル語や日本語などの曲が歌える)での曲と、少しオリジナルを歌っている。彼女の特に人気がある曲は自作の「Bare Feet」「A Woman’s Way」「Tender to the Touch」「Gray to Grand」などだ。しかし、彼女の新たなアルバムでは、全ての曲を彼女が書いていて、素晴らしいものも多い。ヘイリー・ロレンの新たなアルバム『From the Wild Sky』のジャケットには彼女の絵も使われている。発売は4月25日、JVCヴィクターより。私のオススメは「How To Dismantle a Life」を真っ先に聞いてから「Well-Loved Woman」を楽しむことだ。

Apr 06 2018

サマーソニックにNed Dohenyが来日

サマソニの細かいスケジュールをチェックしている諸兄はもうご存知だろうが、西海岸のカルト的な人気歌手、ネッド・ドヒニーの出演が決まった。彼はメロウかつファンキーでジャズテイストのサウンドが特徴で、スティーリー・ダンと比べられることもあり、アルバム『Hard Candy』が特に有名だ。また作曲家としても成功していて、彼の曲はデイヴ・メイソン、アヴェレージ・ホワイト・バンドや、彼の「What Cha’ Gonna Do For Me(恋のハプニング)」で大ヒットを飛ばしたチャカ・カーンなどにカバーされている。

サマーソニックは8月18日と19日に開催予定で、17日のソニックマニア・イベントでも、ナイン・インチ・ネイルズ、コーネリアス、電気グルーブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、フライング・ロータス、サンダーキャットやジョージ・クリントンなどの素晴らしいラインナップが楽しめる。<www.summersonic.com>

Apr 06 2018

Meshell Ndegecelloがカバーアルバムを発表

非常に幅の広い音楽家であるミシェル・ンデゲオチェロが新譜『Ventriloquism』をリリースした。このアルバムは80年代の曲のカバーアルバムになる。収録されているのはリサ・リサ、カルト・ジャム、プリンス、シャーデー、ティナ・ターナー、TLCやザ・システムの曲など。この中でもジョージ・クリントンの『Atomic Dog』は特に奇妙で面白い仕上がりになっている。