Category: News All

Nov 13 2018

Queenの伝記映画がスマッシュヒットに

批評家の前評判に反して、クイーンの伝記映画『Bohemian Rhapsody』が、封切りした最初の週だけで5200万ドルを売り上げるスマッシュヒットとなった。この映画は、フレディ・マーキュリー役を演じる予定だった著名なコメディアン兼俳優のサシャ・バロン・コーエンが創造性の違いから降板するなど、完成までに思いの外長い時間がかかっている。コーエンはこの映画をもっと過激で、マーキュリーの不安定さや、ドラッグの問題やゲイ・セックスにフォーカスしたかったようだが(マーキュリー自身が自分の映画ができるとしたら完全に18禁になると言っていた)。監督のブライアン・シンガーも撮影を繰り返しすっぽかしたり、俳優やスタジオスタッフと揉めて解雇されたりということもあったが、映画はデレク・フレッチャーが完成させた(フレッチャーはエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』の監督で、この映画は来夏封切りになる)。ただし、マーキュリーがバンドメイトにAIDSになったことを告白したタイミングがよりドラマチックになるように変更されているなど、事実や時系列が異なることがあるため、この映画についての評価は分かれている。しかし、ファンはこの映画を大絶賛し、ラミ・マレックはオスカーを取れるのでは、と噂されている。

Nov 13 2018

Jets Overheadが回顧アルバムを発売

カナダのバンド、ジェッツ・オーヴァーヘッドが新たに彼らの軌跡を振り返って『The Timing: 15 Years of Jets Overhead』をリリースした。このアルバムには、アップルが彼らの「今週のベスト」プレイリストにフィーチャーした新曲「The Timing」も含まれている。

Nov 13 2018

MinistryのAl JourgensenとPaul Barkerが和解

ミニストリーのリーダー、アル・ユルゲンセンと彼のパートナーであるポール・バーカーが長い諍いの末和解し、音楽でコラボするという。ミニストリーは80年代中頃に結成してからずっと、パンクとダンスミュージックを掛け合わせたような、インダストリアル・ミュージックの旗手であり続けた。ユルゲンセンは変わり者で難しい性格と有名で、一時期はドラッグの大量摂取で知られていた。パーカーは音楽業界で活躍を続け、ギター・ペダル会社マレッコの共同設立者でもある(ミニストリーのドラマー、ビル・リーフリンは現在キング・クリムゾンのメンバー)。ユルゲンセンはミニストリーを新メンバーで再結成し、現在全米ツアー中で好評を博している。彼らは『Industrial Accident: The Story of Wax Trax! Records』というドキュメンタリーがミニストリーが最初に所属していたシカゴのレーベル、ワックス・トラックスを扱ったことから再会、映画が数々のフィルム・フェスティバルに参加するごとにユルゲンセン、バーカー、クリス・コネリー、ジェロ・ビアフラがゲストとしてトークしている。また、同じくインダストリアルの巨頭で、ワックス・トラックスからデビューした、ナイン・インチ・ネイルズで1番知られているトレント・レズナーもマリリン・マンソンとの長期に渡る争議を解決した。

Nov 01 2018

“Beastie Boys Book”が書店にお目見え

571ページからなる『ビースティー・ボーイズ・ブック』が発売になり、マイク・Dとアド・ロックが全米でトークショーを行い、その後ロンドンに本のプロモーションで行く予定だ。この本には初出の写真やアイテムが多く含まれていて、彼らの活動の歴史全てが網羅されている。

Nov 01 2018

NBA注目の試合でRHCPのAnthony Keidisが退場に

バスケットボール・シーズンが始まり、NBAのスーパースター、レブロン・ジェイムスが新たに移籍したロサンジェルス・レイカーズが、リーグMVPのジェイムズ・ハーディン率いるヒューストン・ロケッツと対戦する試合が注目されていた。レイカーズの大ファンで有名なレッド・ホット・チリ・ペッパーのフリーとアンソニー・キーディスがコートサイドにいても驚きはない。不運にも試合自体は喧嘩で中止。レイカーズの選手2人とロケッツのクリス・ポールが退場になった。ポールの退場時、アンソニー・キーディスがポールに向かって罵詈雑言で罵った上中指を立てるジェスチャーをしたため、キーディスも試合会場から退場になったという。

Nov 01 2018

D.O.A.のJoey Shitheadがカナダの市議に

カナダのパンクバンド、D.O.A.のジョーイ・シットヘッドが本名のジョー・キースリーとしてブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の市議に選ばれた。彼はD.O.A.の40周年ツアーにも参加する予定だ。

Oct 21 2018

Destroy Boysが新譜を発売

サクラメント発の若いライオット・ガールズバンドのデストロイ・ボーイズが新譜『Make Room』をリリースした。このバンドはまだ高校生の間にローリング・ストーン誌に注目され、グリーンデイのビリー・ジョー・アームストロングが彼らのTシャツを着て撮影されるなど、北カリフォルニアでは大きな話題となっている。現在バンドはアメリカの西から東海岸へワーナー・ブラザーズ所属の女性パンクバンド、リグレッツとライブツアー中だ。

Oct 21 2018

Chai がUKツアーで大きな反響

名古屋発の女性オンリーバンドのチャイがスーパー・オーガニズムと合同で行っているUKツアーだが、ヨーロッパやアメリカの音楽ファンやメディアの間で大きな反響を呼んでいる。すでにベビーメタルに次ぐ人気を博しているようだ。まだ彼らのライブを見ていない方には、ぜひ次の機会を逃さないようお勧めしたい。

Oct 21 2018

The Beatlesのホワイトアルバム豪華版発売

ビートルズの『ホワイトアルバム』の豪華版が11月9日に発売された。このデラックス版には、オリジナルの30曲に加え、ジャイルズ・マーティンによるリミックス・バージョンなど、多くのボーナストラックだけでなく、164ページに及ぶハードカバーの冊子も付録として付いている。

Oct 21 2018

Neil Young、1976年ライブのセットアルバムが販売に

ニール・ヤングの1976年ソロライブのライブセットが、11月30日にリリースされる。このアルバムには有名な「Mr. Soul」「Heart of Gold」や、1990年になるまで公式リリースされなかった「White Line」、未発売の「No One Seems To Know」が含まれる。

Oct 17 2018

Lazy Guns Brisky がニューシングルをリリース

レイジー・ガンズ・ブリスキーがニューシングル「Hello Again」をリリースした。この女性オンリーのインディーズ・ロックバンドは2006年にメンバー全員が高校生の時に結成され、すぐに国内外で多くのファンを獲得する。しかし、全てがうまく行き始めたように思えたときに一度解散。現在は再結成され、さらに力強くなって現在ヨーロッパツアーを敢行中だ。

Oct 17 2018

Live Nationがニューオリンズに新たなライブハウスをオープン

イベントプロモート会社のライブ・ネーションが、ニューオリンズのハラーズ・カジノに新たなライブハウス「The Fillmore」をオープンする。最初のライブは2月で、ザ・フー・ファイターズがこけら落としとなる。チケットは269ドル50セントにサービス料がつくものが最安。1969年のザ・フィルモア・イーストで行われたレッド・ツェッペリンのライブチケット代は3ドル、4ドル、5ドルだった。

Oct 17 2018

NBAシーズン到来

アメリカのプロバスケリーグ、NBAのシーズンが始まろうとしている。今年、ファンの興味はゴールデン・ステート・ウォリアーズが3年連続の優勝を獲得できるかに集中している。NBAの大ファンであるドレイクは「Thank Me Now」で「スポーツと音楽っていうのはこんなに似ている/俺たちはあいつらになりたいし、あいつらは俺たちになりたいんだ」と言っている。

ミュージシャンの多くがバスケファンで、プロバスケのコート近くではセレブ・ミュージシャンをよく見かける。実際、バスケチームの部分所有権を持っているミュージシャンもいる。アッシャーはクリーヴランド・キャヴァリエズ、ウィル・スミスはフィラデルフィア・セヴンティ・シクサーズ、ジャスティン・ティンバーレイクはメンフィス・グリズリーズの部分所有権を保持している。ネリーとジェイ・Zは元オーナーだ。トニー・パーカー、コービー・ブライアント、シャキール・オニール、アレン・アイヴァーソン、ケヴィン・デュラント、デイミアン・リラードやイマン・シャンパートなど、数多くのNBA選手もラップ音楽を出版している。

Oct 12 2018

The Molice、北米ツアー中に新譜をリリース

日本のインディバンド、ザ・モリスが4月に始めた北米ツアーで好評を博している。未だ多くのギグを控えて、彼らは現在活動のベースを東京からニューヨーク州ロチェスターに移している。このバンドは新譜『Gate』を10月12日にリリース、北米ツアーを続ける予定だ。

Oct 12 2018

The Rad Tradsの新譜が高評価に

ニューヨークをベースに活動するアメリカーナ・バンドのザ・ラッド・トラッズの新譜『On Tap』が高い評価を得ている。このバンドを知りたかったら、ザ・バンドを若返らせ、金管を足すと大体イメージがつかめるだろう。彼らはアメリカ50州の内41州で、また15ヶ国でツアーを行なっている。噂では来年早目に来日の予定もあるらしい。

Oct 12 2018

Bradley Cooper とLady Gagaが映画で好評に

ブラッドリー・クーパーとレディ・ガガが出演しているリメイク映画『A Star Is Born』が高い評価を受け、サウンドトラック『Shallow』はアメリカのiTunesで売り上げ1位になっている。多くの観客は、クーパーの歌のうまさとガガの演技が上手いことに驚いている。また、この映画のサウンドトラックが2014年の『Frozen』以来の売り上げを記録するのではとも言われている。映画自体の売り上げも多く、上映開始の週末で4200万ドル売り上げている。

Oct 05 2018

Jefferson AirplaneのMarty Balinが死亡

ジェファーソン・エアプレーンの共同創立者だったマーティ・バリンが76歳で死亡した。もう一人の創立者、ポール・カントナーもすでに他界している。ジェファーソン・エアプレーンとジェファーソン・スターシップのために多くのヒットを作り歌ってきたマーティ(本名マーティン・ジェラル・バックワルド)はソロでも活躍してきた。サンフランシスコのサウンド音楽ブームの元に位置し、ハイト−アッシュベリー地区に住んで1965年8月にマトリックス・ナイトクラブを始めた。バリンは「Comin’ Back To Me」「Today」「Plastic Fantastic Lover」「Volunteers」や「Miracles」など多くのヒットを一人でまたは共同で作曲し、グレース・スリックと共同でリード・ヴォーカルを務めてきた。マーティはカントナーやエアプレーンとは離れたり参加したりを繰り返しているが、彼らがエアプレーンやスターシップで共に作り上げた音楽は未だ高い人気を博し、世界中に影響を広げている。マーティ・バリン、安らかに。

Oct 05 2018

ブルース・ギターの偉人Otis Rushが他界

ブルース・ギターの偉人、オーティス・ラッシュが84歳で他界した。2003年に脳卒中の発作を起こして以来、ほぼ仕事をしていなかった。ミュージシャンになる前、ラッシュは農夫兼トラック運転手として働いていた。BBキングのライブに衝撃を受け自分でギターを演奏することを覚えたが、右利き用のギターを左利きで弾いていた為上下左右を逆に弾いていた。ラッシュは強烈なプレイスタイルと暗い雰囲気で知られている。彼の作った曲はブルースのスタンダードになったものが多く、他のバンドにもカバーされている。彼のデビューシングル「I Can’t Quit You Baby」はレッド・ツェッペリンの最初のアルバムでカバーされている。「Double Trouble」はポール・バターフィールド・ブルース・バンド、ジョン・メイオール、エリック・クラプトンにカバーされ、スティーヴィー・レイ・ヴォーンのバンド名にもなっている。「All Your Love」は多くのメジャーなアーティストにカバーされ、ピーター・グリーンの「Black Magic Woman」(サンタナのヒットにもなっている)の基となった。彼のひねくれたラブソング「Violent Love」はパンクやジャズを含んだ多くのアーティストにカバーされている。彼の「Homework」はJ.ガイルズの名作『Full House』にも登場している。ラッシュは日本と不思議で特別な関係を築き、何度も来日している。彼がキャピトルで録音したアルバム『Right Place, Wrong Time』は結局リリースされなかった。彼は録音されたアルバムを自分で買い取り、P-Vineからリリースしたが、現在それが彼のベストアルバムの一つと言われている。オーティス・ラッシュはP-Vineから多くのアルバムをリリースしている。彼は妻のマサキと8人の子供、多くの孫と暮らしていた。

Sep 26 2018

Sirius XMラジオがPandoraを買収

シリウスXMラジオが、パンドラの株350万株を購入、買収した。どちらの会社も日本での知名度は高くないが、シリウスは北米最大の衛星ラジオ局で、3600万の視聴契約者を抱えている。パンドラはオンラインのラジオ局で、7000万の視聴者がいると言われている。この合併は業界のリーダーたるアップルやスポティファイに対抗するための措置と見られているが、利益のみで判断すると、新会社は2018年で70億ドルの利益を計上、業界最大手となる。しかし、その業績範囲は北米大陸に限られている。

Sep 26 2018

Toby Driverが新譜を発表

プログ・ロックバンド、カヨ・ドットで世界中に熱狂的なファンを増やしたトビー・ドライバーが、新譜『They Are The Shield』を自分名義でリリース。発売はブラッド・ミュージックから。

Sep 26 2018

新バンドGeneration Sexに注目

新たなスーパーグループ、ジェネレーション・セックスがお目見えする。メンバーはジェネレーションXのビリー・アイドル、トニー・ジェイムズと、セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズ、ポール・クックだ。彼らはネットにこの新バンドの予告を出し、ツアーの日程などはじきに公表するとしている。

Sep 26 2018

The Sonicsのドキュメンタリーがサンダンスへ

伝説のプロト・パンクバンド、ソニックスのドキュメンタリー『ブーム』に注目だ。ソニックスは1964年に最初のシングル「The Witch」を、地元のインディ・レーベル、エチケット・レコードからリリースした。ラジオでの注目は少なかったものの、この曲は彼らのホームタウン、ワシントン州タコマ近辺で大いに売上を伸ばした。ラジオ局はこの曲の猛々しさや、曲のどこかズレたテーマなどに忌避感を示した。続けて発売された「Psycho」や「Strychnine」(毒を飲むことの喜びを歌った)などもラジオ局からは嫌われたが、カルト的で熱狂的なファンを獲得。70年代には多くのコンピレーションに採用され、ニルヴァーナ、ブルース・スプリングスティーン、ホワイト・ストライプス、クランプス、そしてデッド・ボーイズなどが影響されたアーティストとして名前をあげている。このバンドは1966年には解散の危機にあり、70年代や80年代にたまに再結成していたが、2007年を過ぎてまた、様々なオリジナルメンバーとバンドとして継続的な活動を始めた。このバンドは2011年に、ソニックスがヘッドライナーだと主張するボウディーズと日本ツアーを行っている。非常に良い状態で、多くの会場で自分らの三分の一程度の年齢の観客を沸かせた。

Sep 26 2018

トランプ大統領とLen Blavatnik

米国は、トランプ大統領のロシアとの関係や、彼がプーチン大統領のような泥棒政治を行おうとしていることに対し、更なる警戒を高めている。トランプ政権に関係があると言われている多くのロシア人の中でも、共和党の腰巾着と言われるレン・ブラヴァトニクは、2011年に33億ドルでワーナー・ブラザーズ・ミュージックを買収したことで知られている。以前は政治には関心を示していなかったブラヴァトニクが、2016年には635万ドルを共和党に寄付。また、トランプの大統領就任委員会にも100万ドルを寄付し、トランプタワーの向かいに自分の事務所を構えている。ブラヴァトニクはロシアにも会社をいくつか所有していて、トランプのキャンペーン事務局に、キプレスの銀行を通じて毎年一千万ドルもの寄付をしていたと言われるオレグ・デリパスカなど、プーチンの側近らと強いビジネスの関係を結んでいる。また、ブラヴァトニクはアメリカの映画会社をもいくつか所有している。

Sep 16 2018

TWINKIDSのアルバムがドイツでも発売に

東京で生まれ育ったジーン・フクイがヴォーカルを務めるエレクトリック・ポップ・デュオのトゥインキッズが着実に人気を獲得している。彼らのアルバム『Boys Love』は北米ではオム・レコード(アンダーワールド、グルーヴ・アルマダ、ダーティ・ヴェガスなどが所属)から、ドイツではゲスティメート・レコードから来月発売になる(リードシングルは「Jigoku Tengoku」になる予定で、英語と日本語のミックスで歌われる)。彼らのシングル「Overdressed」はスポティファイでのストリーミングが400万を数える。トゥインキッズはゲイだということをオープンにしつつアメリカの東から西までツアーをしている。11月6日にはホームグラウンドとしているロサンゼルスのペパーミントクラブで「Here & Qwere」というイベントにも出演する予定だ。

Sep 14 2018

第61回Monterey Jazz Festivalが来週開催

第61回モントレー・ジャズ・フェスティバルは9月21日から23日に開催。今年のラインナップはサックス・プレイヤーのジェーン・アイラ・ブルーム、ギタリストのメアリー・ハルヴォーソン、サックス奏者兼フルート奏者で女性オンリーのキューバン・グループのリーダーでもあるジェーン・バネット、ピース・テットという女性グループのリーダー兼ピアニストのタミー・ホール、サックス奏者のティア・フラー、60歳で予想外に他界したピアニストで作曲家のジェリー・アレンへのトリビュートをリードするトランペット奏者のイングリッド・ジェンセンなど、女性の参加者が多い。

Sep 14 2018

テキサス上院選挙にベト・オロークが出馬

テキサスのパンク・ロッカー、ベト・オロークの政治資金援助パーティのヘッドライナーとしてウィリー・ネルソンが参加する。ベトはテキサスから上院議員の椅子を巡って2016年に大統領選に出馬した、嫌われ者のテッド・クルズと争うことになる。大統領選のプライマリーの際にはドナルド・トランプに「嘘つきテッド」とあだ名を付けられ、妻は醜いと言われ、父親はジョン・F・ケネディ暗殺に関わったと非難した。お返しに、テッドはドナルドを「非道徳的」で「呆れるほどの嘘つき」と反論。二人とも共和党員のため、現在は仲が良いふりをしている。クルズは保守勢力の強いテキサスでは非常に人気があったが、ベトが選挙に出馬すると人気を二分する状況になっている。ウィリー・ネルソンはアメリカで最も愛されるミュージシャンの一人で、政党を超えて人々をつなげる力がある。

Sep 14 2018

“A Star Is Born”のリメイクにレディ・ガガが主演

『アリー/スター誕生』の最新リメイク版が北米で大きな話題となっている。この映画にはレディ・ガガやブラッドリー・クーパーが出演、クーパーは監督も務めている。この映画は1937年に最初に製作され、1976年にバーバラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソンが出演したリメイクがヒット。リメイクの話は2015年からあり、クリント・イーストウッドが監督をする、ビヨンセとエスペランザ・スパルディングが主演するなど噂されていた。ニール・ヤングとのツアーに参加していたウィリー・ネルソンの息子、ルーカス・クーパーが音楽を担当、レディ・ガガと1曲は共作している。

Sep 14 2018

The Coen Brothersの新作が11月に公開に

映画『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』で知られるコーエン兄弟が、ネットフリックスから新作『The Ballad of Buster Scruggs』を公開の予定だが、日本での予定は未発表だ。この西部劇にはジェイムズ・フランコ、ゾーイ・カザン、リアム・ニーソン、トム・ウェイツなどのスターが出演している。予告編はインターネットで見ることができる。

Sep 09 2018

レゲエのAddis Pabloが新EPを発売

レゲエ・マスターでメロディカ(鍵盤ハーモニカ)奏者のオーガスタス・パブロの息子、アディス・パブロが新EP『Majestic Melodies』を発売した。彼の非常にチャーミングなデビュー・アルバムは『In My Father’s House』で、父親のサウンドに忠実に作られている。今度の新譜は同じように鍵盤ハーモニカをベースにしたメロウなものだが、よりモダンなビートを効かせ、トラック「From Morning」のゲストとしてヴォーカリストのシャニーク・マリーを起用している。

Sep 09 2018

少年ナイフが北米ツアーを開始

少年ナイフが何度目かになる北米ツアー『Alive! In the USA Tour』を開始した。最初のライブは彼女達のアメリカでのレーベル本部があるバッファローのグッド・キャラメルで開催され、同時に同じレーベルに所属している日本のロック・グループ、モリス(今夏北米で40を越えるライブを行った)が演奏した。少年ナイフは1980年代に北米で活動を開始、初期のライブにはカート・コバーンも観客として参加、1991年にはツアーに招待した。その後彼らは続けて国際ツアーを行っている。