Category: リリース

May 21 2020

Lucinda Williamsが最高のアルバムをリリース

アメリカのシンガー・ソングライター、ルシンダ・ウィリアムスがアルバム『Good Souls Better Angels」をリリース、彼女の最高の作品との評価を受けている。

このアルバムはロマンスの事がメインではなく、波乱万丈な現代を歌ったものが多い。このアルバムではまた、スチュアート・マシスの素晴らしいギターワークを採用。多くのアメリカ人のように、彼女はドナルド・トランプがアメリカを煙に巻いて自らの王国を作り上げようとしている事実に拒否感を表している。明確に名指ししてはいないものの、彼女のトラック「Man Without a Soul(魂のない男)」のインスピレーションの素になったのは明らかにドナルド・トランプだろう。

Feb 24 2020

Bilinda Butchersが6年ぶりのリリース

シューゲイザー/ドリームポップバンドのビリンダ・ブッチャーズが2014年以来、久しぶりに曲をリリースした。シングル「See Ya」は2月21日に発売、アルバム『Night and Blur』が続く。

Feb 24 2020

Galacticが新シングルをリリース

ギャラクティックが、ゲストにアンジェリカ・”ジェリー”・ジョセフを加えたニューシングル「Float Up」をリリースした。ギャラクティックは今年バンド結成25周年を迎えることから、”ジェリー”・ジョセフをヴォーカルに、長期ツアーを予定している。また、彼らは昨年購入したニューオリンズ屈指のライブハウス、ティピティーナズの運営でも忙しくしている。

Feb 24 2020

Karmicのニューシングルがリリースに

LAをベースに活動する、女性フロントのファンキー・ポップなグループ、カルミックが新シングル「Living On Love」をリリースした。キャッチーでアップビートなこの曲は、サムスンのテレビCMに起用され、更にジュード・ロウ出演のHBOのテレビ番組「Two Popes」で使われたことでスポティファイ で急上昇した前シングルの「Higher Self」に続く形だ。彼らはこの夏、デビューアルバムをリリースする予定。

 

Feb 08 2020

The Psychedelic Fursが29年ぶりの新譜をリリース

80年代のオルタナ・ロックバンド、ザ・サイケデリック・ファーズが29年ぶりに新譜『Made of Rain』をリリースした。リチャード(ヴォーカル)とティム(ギター)・バトラー兄弟を中心に活躍するこのUKバンドは「Love My Way」「Heaven」や、1986年、ジョン・ヒューの同名映画に使われた「Pretty In Pink」など、多くのヒット曲を生んだ。1992年に一度解散したが、2000年に再結成し、新曲無しでツアー活動を続けていた。

Feb 03 2020

Karmicの曲がじわじわと人気に

インディーズのディオの女性シンガー、カルミックの昨年リリースしたシングル「Higher Self」がこのところチャートを登っている。この曲は最初にサムスンのテレビコマーシャルに起用され、多くの視聴者を得た。その後、HBOテレビが、ジュード・ロウ主演のドラマ「The New Pope」のエンディングに使用し、スポティファイでプレイ数を増やしている。彼女たちはロサンゼルスをベースに活動しているが、北米よりもヨーロッパで人気だ。ヨーロッパツアーは3度行っていて、ドイツ、オーストリア、イギリス、スウェーデンなどを回っている。要チェックの2人組だ。

 

Jan 05 2020

Mike Violaが日本向けベストアルバムをリリースする

マイク・ヴィオラは日本向けのベストアルバム『Introducing…』を1月22日にソニーからリリースする。マイク・ヴィオラは、ボストンを拠点に活躍したバンド、キャンディ・ブッチャーズのリーダーとして活躍。彼らはメジャー・レーベルからアルバムもリリースした。その後ヴィオラはソロ活動を開始、よくビートルズを引き合いに出される少し変わったポップ・ソングをリリースし、世界中にファンを獲得している。多くのコラボレーションも手がけ、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャーとはプロジェクト・バンドのアイヴィも結成。シュレシンジャーはトム・ハンクスの映画『That Thing You Do』の主題歌(タイトル同じ)を作曲、ヴィオラにこれを歌うよう依頼した。この曲は世界的大ヒットとなり、日本のポップ・パンクバンドのシャカラビッツが自分たちのテーマソングとして採用した。マイクはまた、多くの映画サントラに参加、その中で最も知られているのはラッセル・ブランド主演のロック・コメディ『Get Him To The Greek(邦題:伝説のロックスター再生計画!)』のサントラだ。収録曲「Furry Walls」はカルト的な人気を誇り、ハンソンにカバーされている。ヴィオラはまた、パニック・アット・ザ・ディスコや、ライアン・アダムス、マンディ・ムーア、シャナイア・トゥエイン、ヴルフペックやレイチェル・ヤマガタのために作曲(または共作)している。今回ソニーからリリースされるベストでは彼のソロ作品に着目、日本のインディーズレーベルから出版されているアルバムからもいくつか採用し、未リリースのトラックも含まれている。

Dec 15 2019

Chaiが北米ツアーを企画中

日本の女性バンドチャイが北米ツアーを企画している。今回はシカゴをベースに活動するウィットニーと、2020年1月24日から開始予定。チャイのアルバムはアメリカで人気のバーガー・レコード・レーベルから発売されていて、新譜の『Punk』はピッチフォークの2019年のトップ50アルバムにノミネートされた。

 

Dec 15 2019

Stoop Kidsが新EPをリリース

ニューオリンズで生まれたストゥープ・キッズが新EP『Let’s Call It』をリリース。このバンドは広いジャンルの影響を見せ、「ビーチボーイズとビースティー・ボーイズのハイブリッド」や「Outkastとヴァンパイア・ウィークエンドの間」などと評される。若く、ハードなツアーを続けるこのバンドはアメリカの東海岸から西海岸までツアーをよくこなし、日本では渡辺謙が出演している映画「怒り」に「Tucked In」という曲が使われた事から知られている。

Nov 30 2019

TWINKIDSが新EPをリリース

日系アメリカ人のエレクトリック・ポップ・デュオ、トゥインキッズが新EP『Lizard House』をリリースした。彼らはロサンゼルスをベースに活躍するゲイ・ポップのグループで、ティアーズ・フォー・フィアーズとよく比べられている。北米ツアーをよくこなし、ローリングストーン誌、ビルボードマガジン、ナイロン、フェーダーやステレオグラムなどの音楽誌から高い評価を得ている。アメリカでは切ない、ミッド・テンポのトラック「I Luv You」が人気だが、日本ではよりポップな「Psycho」が人気のようだ。

Nov 30 2019

Tom Waitsのトリビュートアルバムが制作中

もう一枚トリビュートアルバムの話題。トム・ウェイツのトリビュートアルバムが制作中で、参加アーティストにはアニー・マン、アリソン・ムーアとシェルビー・リン、パティ・グリフィン、ロザンヌ・キャッシュ、アイリス・ディメント、コリーン・ベイリー・レイら、著名な女性シンガーが勢揃いしているという。ウェイツはイーグルスが彼の「Ol’55」をカバーして以来作曲家として長く活躍してきたが、リスナーによっては、ブルース・シンガーのハウリン・ウルフや、アヴァンギャルドな唸り声のキャプテン・ビーフハートに例えられる彼の荒々しい声が苦手な人も多い。やすりの様だと評される声を持つボブ・ディランと同じく、彼の曲のファンでも他のアーティストによるカバーを好む人々も多いのだ。このトリビュートアルバムはバンド、デル・フエゴのメンバーとして名を馳せたのち作曲家として活躍を続けるウォーレン・ゼインズによるプロデュース。ゼインズはトム・ペティの伝記の著作やマーティン・スコセッシ監督によるジョージ・ハリソンの伝記映画に関わったことでも知られている。

Nov 30 2019

Mose Allisonトリビュートアルバム発売

モーズ・アリソンの新たなトリビュートアルバム『If You’re Going To the City』が11月29日発売された。モーズ・アリソンはユニークで高く評価されたミュージシャンで、ジャズ、ブルース、フォークやポップをミックスした風変わりだがユーモラスな曲を多く作曲した。彼の曲でよく知られているものの中にはタージ・マハルによる「You’re Mind Is On Vacation」リチャード・トンプソンの「Parchment Farm」ピーター・ケースの「I Don’t Worry About a Thing」ボニー・ライアットの「Everybody’s Cryin Mercy」(彼女はこの曲をアルバムの為に再レコーディングした)やイギー・ポップの歌ったこのアルバムのタイトル曲がある。他にもこのアルバムにはジャクソン・ブラウン、クリッシー・ハイド、フィオナ・アップル、ラウドン・ウェインライト、エルヴィス・コステロやフランク・ブラックらが参加した。

Nov 20 2019

ドラマーのScott AmendolaとオルガンのWil Bladesが共作を発表

ドラマーのスコット・アメンドーラとオルガン奏者のウィル・ブレイズがアメンドーラVS.ブレイズというチームを作ってテイスティなソウル・ジャズ風アルバム『Everybody Wins』をロイヤル・ポテト・ファミリー・レコードからリリースする。ブラジルのパーカッショニスト、サイロ・バプティスタ(ハービー・ハンコック)、サキソフォン奏者のスケーリック(クリッターズ・バッギン、ガラージ・ア・トロワ)、ギタリストのジェフ・パーカー(タートス)やロブ・バーガー(ティン・ハット)が参加している。このアルバムや関連のライブは非常に高く評価されており、ジャズ・ノーツに「あなたがもしクリエイティヴなオルガンとドラムから発せられるヴァイブ、それに乗せられて思わず動いてしまう体、思わずなってしまう笑顔に興味があるならば、彼らの音楽を聞くべきだ」と言わしめた。

Nov 20 2019

琴奏者Michiyo Yagiが新譜をリリース

琴奏者、八木美知依が新譜「Into the Forest」をイディオット・レコードからリリースする。八木はジョン・ゾーン、浜崎あゆみ、フレッド・フリス、坂田明、スティーブ・ウィルソン、ペーター・ブロッツマン、ポール・ニルセン・ラヴ、梅津和時、大友良英らと演奏するなど 非常に幅広いキャリアを誇っている。彼女が初めて世に出てたのは、一部で和製クロノス・カルテットと評されたKokooという和楽器のアンサンブルのメンバーとして。彼女のソロデビューはジョン・ゾーンのザディックから発売した「セブンティーン」で、それ以来世界中で演奏活動を続けている。

Oct 20 2019

Beckが11月に新譜をリリース

ベックは11月22日に最新アルバム『Hyperspace』をリリースすると発表した。このタイトルはカバーにカタカナで表記される。最初のシングル「Saw Lightning」はアワー受賞のミュージシャン兼プロデューサーのファレルとのコラボレーションだ。

Oct 20 2019

Frank Zappaの名作アルバム、50年ぶりに復活

フランク・ザッパの名作と言われるアルバム『Hot Rats』がリリース50周年を迎え、デラックス版で再販となった。このアルバムは、フランクがマザーズ・オブ・インベンション名義でなく、自分の名前でリリースした初のスタジオ・アルバムだ。『Willie The Pimp』を除く既出のアルバムと違い、メインの曲には彼の友人であるキャプテン・ビーフハートをヴォーカルに迎え、他の曲は全てインストというスタイルで録音されている。このアルバムには、ザッパの通常メンバーであるジャン=リュック・ポンティとイアン・アンダーウッドだけでなく、ベーシストのマックス・ベネット、ドラマーのジョン・ゲリンやポール・ハンフリーら当時、最高と言われるセッション・プレイヤーを揃え、ゲストにR&Bのベテラン、シャギー・オーティスやシュガーケーン・ハリスが参加している。デラックス版は6枚組のボックスセットで1969年にレコーディングされた他の作品(『Chunga’s Revenge』や他のアルバムのものも含む)やリミックスも収録されている。

 

Oct 06 2019

Lee Perryが新譜をリリース予定

リー・ペリーが、アドリアン・シャーウッドのプロデュースによる大好評の『Rainford』アルバムを、ブライアン・イーノとのコラボレーション「Here Come the Warm Dreads」を含むダブの対盤『Heavy Rain』でフォローアップする。12月6日に発売となる。

Oct 06 2019

KMFDMが新譜をリリース

ドイツのインダストリアル・バンド、KMFDMが新譜『Paradise』をリリースした。リーダーのサシャ・コニエツコはサウンドを常にアップデートし続けていて、ダンス・グルーヴを保ちながらヘヴィなギターサウンドとシンセサイザーのスタブを増強している。このアルバムにはゲストとしてラッパーのオセロット・リンジー、R&Bのヴォーカリストシェリル・ウィルソン、ベーシストのダグ・ウィムビッシュ(リビング・カラー、タックヘッド)や元バンドメンバーでコラボレーターのレイモンド・”PIG”・ワッツが16年ぶりに参加している。

Sep 29 2019

Big Lazyが新譜を10月に発売

ニューヨークをベースに活躍するバンド、ビッグ・レイジーが新アルバム『Dear Trouble』を10月19日に発売する。このインストゥルメンタル・トリオはレインドッグスとトム・ウェイツ、リンク・レイやバーナード・ハーマンをミックスしたようだと言われている。彼らの音楽はブルース、ジャズやロカビリーのミックスで、ハードボイルドなサウンドを作り出し、アメリカのテレビ・シリーズで使用されている。

この新アルバムではギタリストのマーク・リボーとトランペット奏者のスティーブ・バーンスタインがゲストとして登場。注目の一枚だ。

Sep 23 2019

Baby Shakesが新譜をリリース

ニューヨークをベースに活動するレトロ風味なガラージ・パワー・ポップ・ロック・グループであるベイビー・シェイクスが最新アルバム『Cause a Scene』を9月20日にリリースした。このアルバムのプロモーションのためにバンドはツアーを強化、11月1日に岐阜から始まり10日に仙台で締める日本ツアーも予定している。東京では下北沢のクラブで11月4日、6日、8日に演奏予定。タイトル・トラックのビデオがネットで配信中。

Sep 23 2019

Sakamoto Ryuichiの1978年アルバムが再販に

坂本龍一の1978年のアルバム『千のナイフ』がレコード盤でウィー・ウォント・サウンズというレーベル(ここは矢野顕子のリイシュー盤なども含むカタログを保有)から再販される。国際的に「再発見」された細野晴臣もアルバムに登場、ジャマイカのアーティスト、ボブ・マーリーの招待作成されたアルバムで国際的に知られている日本のパーカッショニスト、様々な別名があるが、「21st Century Dub」で知られるペッカー(橋田正人)も参加している。古い世代にはYMOのメンバーとして知られる坂本だが、アメリカでは映画のサウンドトラックで著名だ。

Sep 14 2019

TWINKIDSがシングルをリリース

エレクトロニック・クイアー・ポップ・デュオ、ツインキッズが新らしくシングル『Eighteen』を発売した。この曲は若かりし頃の愛を思い出し、それがどれくらい大きく見えていたか、環境が変わることによって変節したかを描いている。胸を刺すような失恋の歌を歌うのは、東京で生まれ育ったヴォーカリスト、ジーン・フクイ。80年代シンセ・サウンドを思わせるバックトラックは、ティアーズ・フォー・フィアーズの流れを組んでいる。

Sep 14 2019

LITEが新譜をリリース

日本初のバンドLITEが、新アルバム『Multiple』をリリース、来月から台湾のマス・ロックバンド、エレファント・ジムを前座にUSツアーを開始する。

Sep 01 2019

Ivan Nevilleのデビューアルバムが再販に

ユニバーサルがイヴァン・ネヴィルの1988年デビューアルバム『If My Ancestors Could See Me Now』をリイシューすることを発表した。このアルバムにはビルボードで26位になったシングル「Not Just Another Girl」も収録されている。他にもチャート入りしたボニー・レイットとのデュエット曲「Falling Out of Love」も入ってる。さらに、ギターとプロデュースを兼ねたダニー・コーチマー、ワディ・ワクテル&スティーブ・ジョーダン(イヴァンは彼らとキース・リチャーズ・エクスペンシブ・ワイノス・バンドで共演している)ベーシストのランディ・ジャクソン、ドラマーのジェフ・ポーカロ、ジョン・デヴィッド・サウザーやジム・ケルトナーなどもゲストとして参加している。

Aug 25 2019

Kayo Dotが9月に新譜を発表

プログレッシブ・ロック・グループのカヨ・ドットが9月6日に新譜『Blasphemy』をリリースすると発表。カヨ・ドットはデビューアルバム『Choirs of the Eye』を2003年にジョン・ゾーンのザディック・レーベルから発売。このアルバムはモジョの変なアルバム50選にランクイン。その後、彼らは日本のデイモアを含む数々のレーベルからアルバムをリリースしている。リーダーのマルチ・インストゥルメンタリストのトビー・ドライバーが唯一のコンスタント・メンバーというバンドでもある。彼らのメタルとクラシカル・サウンドの融合はよくアヴァンギャルドと解説される。彼らのサウンドはロック楽器の手の込んだ伴奏と、ヴァイオリン、サックスやヴィブラフォン、クラリネットやフルートのサウンドを多用する。カヨ・ドットの音楽は主流のポップスから大きく外れることも多いが、その興味深いサウンドは彼らにカルト的なファンを獲得、ツアーも国際的なものが多い。

Aug 25 2019

Adam Deitchが初のソロアルバムを発売

ドラマーのアダム・デイッチが最初のソロアルバム『Egyptian Secrets』を8月23日に発売した。デイッチはジャズ・ファンク・バンドのレタスと定期的に活動、また長い間ジャズギタリストのジョン・スコフィールドのドラマーとして活躍、エレクトロニック・アーティストのプリティ・ライツとも共演を続けている。彼はまた50セントやタリブ・クウェリ、レディシなどのプロデュースも手がけている。彼はプロ・ドラマーの両親の間に生まれつきのドラマーとして誕生、その才能をバークレー音楽学院でさらに育てた。

このアルバムについて、彼は制作スタイルはオーガニック(ポストプロダクションも編集もなし)で、彼のファンキー、ヒップホップなテイストに60年代のヴァーヴやブルーノートのフレーバーをミックスしたと言っている。このアルバムには、オルガン奏者のウィル・ブレイズ、トランペット奏者のエリック・ベニー・ブルーム、サックス奏者のライアン・ゾイディスに加え、ジョン・スコフィールドが何曲か参加している。

Aug 22 2019

Amendola vs. Bladesが新譜を10月リリース

アメンドーラ・vs・ブレイズが新アルバム『Everybody Wins』を10月11日にロイヤル・ポテト・ファミリー・レーベルからリリースする。バンドの核になるのはドラマーのスコット・アメンドーラとオルガン奏者のウィル・ブレイズだ。この2人は何度もコラボしており、ジャズにルーツを持ちつつ様々な音楽の影響を受けた演奏をしている。アメンドーラは90年代に活躍したバンド、T.J.カーク(メンバーにチャーリー・ハンターやウィル・バーナード、ジョン・ショットを含む)で有名だが、ビル・フリーゼル、ネルズ・クライン、パット・マルティーノなどほかにも多くのアーティストとコラボしている。また、ブレイズは過去に多くの経験を積んでおり、MMWのビリー・マーティンやギャラクティックのスタントン・ムーア、カール・デンソンやメルヴィン・スパークスなど様々なジャンルのアーティストと共演している。『Everybody Wins』では、アメンドーラとブレイズに加え、サクソフォン奏者のスケリック(クリッターズ・バッギン、ル・クレイプール)、ギタリストのジェフ・パーカー(トータス)、パーカッショニストのサイロ・バプティスタ(ジョン・ゾーン、スティング、ハービー・ハンコック)とキーボーディストのロブ・バーガー(ティン・ハット・トリオ、ローリー・アンダーソン)が参加している。

Jul 15 2019

Chrissie Hyndeがカバーアルバムを9月にリリース

クリッシー・ハインドが9月6日、カバーアルバム『Valve Bone Woe』をリリースする。このジャズ風アルバムは7月6日のハリウッド・ボウルで、オーケストラとライブ録音された。このアルバムにはブライアン・ウィルソン/トニー・アッシャー、チャールズ・ミンガス、ジョン・コルトレーン、ニック・ドレイク、ホーギー・カーマイケル、アントニオ・カルロス・ジョビン、レイ・デイヴィス(クリッシーの元彼で、彼女の娘、ナタリーの父でもある)に加え、ニーナ・シモンやナンシー・ウィルソン、フランク・シナトラらの曲が収録されている。

Jul 06 2019

PIGがカバーアルバムをリリース

ベテランのインダストリアル・バンドPIGがカバー曲のみのアルバム『Candy』をリリースした。PIGこと本名レイモンド・ワッツはナイン・インチ・ネイルズ、サイキックTV、ドイツのKMFDMやアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、日本のバクチクやイギリスのファッション・デザイナー、アレクサンダー・マックインとの仕事で知られ、また『Wrecked』『Sensation』『No One Gets Out of Her Alive』を含む多くのソロアルバムをヴィクター・エンタテイメントから出している。新アルバムにはホール&オーツ、プリンス、スパイス・ガールズ、ライチャス・ブラザーズ、オリヴィア・ニュートン・ジョーンの非常にユニークなヴァージョンも含まれている。

Jun 22 2019

Streetlight Cadenceが新譜を発表

ロサンゼルスをベースに活動するバンド、ストリートライト・ケイデンスが新譜『MOMENTARY』をリリースした。このバンドはホノルルのストリートで活動を開始。その後、ハワイで数々の「バンドバトル」を勝ち抜き、ロスに移住した。彼らのストリートパフォーマンスは大人気で、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオでの演奏に繋がった。このバンドはライブの後に外食することでも知られていて、彼らのツアーの記録を「Will Play For Food」というビデオに残している。このバンドは様々な場所で活動していて、来日もしている(六本木で逮捕されそうになった)。それらの全てで彼らはライブ活動とその後の食事風景を録画している。これらのビデオはハワイのテレビ番組として放映され、エミー賞にもノミネートされている。このバンドは珍しくインストゥルメンタルのラインナップが多く、多くの曲にヴァイオリン、チェロやアコーディオンが使われている。最初の反響として、人気のトラックは「Vinyl Records」と「I Miss You」のようだ。