Category: 再結成・カムバック

Aug 03 2012

Lily Allenがついに活動再開

2年間に渡って音楽活動を休止していたリリー・アレンがレコーディングに入っていることが明らかになった。また、今後はリリー・ローズ・クーパー名義で活動する計画と、現在第二子を妊娠中であることも合わせて公表している。

Jul 23 2012

Soul Asylum再結成、久々のアルバムをリリース

再結成したソウル・アサイラムが6年ぶりとなる新作アルバムをリリースすることが明らかになった。また、オリジナル・メンバーのデイヴ・パーナーとダン・マーフィーに加えて、ドラムにマイケル・ブランド(元プリンスのバンドメンバー)、ベースにトミー・スティンソン(リプレイスメンツ、GNR)が参加する。

May 10 2012

Alan McGeeが音楽業界“改革”のため復帰

音楽業界の伝説的存在アラン・マッギーが近日中に商談のために来日するとアメリカのハフィントン・ポスト紙が報じている。クリエイション・レコーズを創設し、オアシス、プライマル・スクリーム、マイ・ブラッディ・バレンタインなどを世に送り出してきたマッギーは2008年に引退したが、どうやら音楽業界に復帰する兆しだ。引退後のマッギーは、アート、読書、映画を楽しむ日々に満足していた一方で、『アメリカン・アイドル』などのテレビ番組の影響を受けすぎている音楽業界の現状を改革する使命感に駆られて復帰を決意したという。マッギーが明かしたところでは、今回の来日で商談を予定している会社には資産があり、マッギーにアーティスト契約を全面的に任せることを約束したそうだ。マッギーは今月のノエル・ギャラガーの武道館公演に合わせて来日する。

May 02 2012

Black Sabbath再結成の行方は?

ブラック・サバスが5月19日に地元のバーミンガムでライブを行うことが明らかになった。ドラマーのビル・ワードがパフォーマンスに参加するかは未定だ。一度はブラック・サバスへの再加入を承諾したワードだが、シャロン・オズボーンが再結成ギャラの大半がオジーに支払われる様に取りはからっていたのを知って激怒。公平な条件の元でのみ再加入すると宣言している。結局、“オジー・アンド・フレンズ”になったブラック・サバス再結成に関して、ファンらはワードがドラムで参加しないのなら当然としている。

May 02 2012

Kevin RichardsonがBackstreet Boysに再加入

ケビン・リチャードソンがバックストリート・ボーイズに正式再加入したことが明らかになった。リチャードソンは“自分の興味を追求する”ため2006年にバンドを脱退。ブロードウェイとロンドンのミュージカル『シカゴ』にビリー・フリン役として出演し、映画にも端役で出演しているが、全体的に俳優としてのキャリアは振るわないままだ。

Feb 29 2012

The BeatことThe English Beatが再結成

アメリカではジ・イングリッシュ・ビートとして知られる イギリスのスカ・バンド、ザ・ビートが再結成したことが明らかになった。Demon Recordsから発表した過去の作品をライセンシングしたバンドは現在ツアーを行なっている。80年代には「キャント・ゲット・ユーズ・トゥ・ルージング・ユー」、「ミラー・イン・ザ・バスルーム」、「ハンズ・オフ・シーズ・マイン」、そしてスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」のリメイクなど4曲をシングルTOP10にランクインさせている。

Feb 17 2012

The Runaways再結成の可能性が浮上?

約30年に渡って衝突していたザ・ランナウェイズのチェリー・カリーとリタ・フォードが正式に和解したことをFacebookで発表した
この発表によってバンド再結成への期待が高まっている。チェリーとリタの和解に貢献したのはザ・ランナウェイズのギタリスト、ジョアン・ジェット。最近では、チェリーはチェーンソーで彫刻を製作、リタはヘヴィメタルのソロ活動でそこそこの成功を収めていた。これまでに3人のベーシストがバンドで活動してきた。バンド全盛期のベーシスト、ジャッキー・フォウは現在音楽ビジネス専門の弁護士として活躍中だ。オリジナル・ドラマーのサンディー・ウエストは惜しくも2006年に癌で他界。多少脚色はされているが、ザ・ランナウェイズの軌跡をたどった映画は2010年に公開され人気を集めた。

Feb 02 2012

Happy Mondays、オリジナル・メンバーで再結成

イギリスのバンド、ハッピー・マンデーズが20年ぶりにオリジナル・メンバーで再結成ツアーを行なう意向を発表した。新たにアルバムをレコーディングするかは未定のままだ。

Dec 19 2011

The Beach Boys、来年ついに再結成!

ビーチ・ボーイズが50周年を記念して2012年に再結成することを正式に発表した。再結成では最新作のリリースとツアーが予定されており、グループ内の不協和音が懸念されていたが、いずれも製作が進行中だという。オリジナル・メンバーのデニス・ウィルソン(バンド唯一のサーファー)とカール・ウィルソン兄弟はそれぞれ1983年と1998年に他界。そして、黒幕的存在だったブライアン・ウィルソンは数十年間ずっと精神的な問題に苦しんできている。従兄弟のマイク・ラブは制御不能なエゴ、呆れるほどの貪欲ぶり(バンドのメンバーを何度も起訴)、極右よりの政治的見解をさらし続けて、音楽業界で最も嫌われている人物としての地位を確立した。彼がこれまでに行なってきた周囲への侮辱行為には、ビートルズのメンバーと法的な問題を抱えてきたポール・マッカートニーを批判し(自分がビーチ・ボーイズのメンバーを起訴してきた過去を棚に上げて)、ミック・ジャガーを“臆病者”と呼んだ他、ビーチ・ボーイズのメンバーと同じステージに立つことをおそれ、ブライアンの名作「グッド・バイブレーションズ」を“アヴァンギャルドなゴミ”と罵ったなど数々の事例がある。しかし、60年代初期から断続的に活動している創設メンバーで友人のアル・ジャーディン、デヴィッド・マークス、ブルース・ジョンソンらがまとめ役になっている。カリフォルニア・テイストの「サーファー・ガール」、「ファン・ファン・ファン」、「ゴッド・オンリー・ノウズ」など永遠の名曲をはじめとする彼らの音楽の人気は健在だ。

Dec 06 2011

Digable Planets 再結成!

94年にリリースした2ndアルバム”Blowout Comb(ブロウアウト・コーム)” をリリース後、創作的な意見の食い違いで解散していたディゲブルプラネッツがオリジナルメンバーの3人で活動を再開、2012年には新作を発表しツアーも行うと米ウェブサイトが報じている。ラッパーであり、プロデューサーでもあるButterfly(バタフライ)とDoodlebug(ドゥードゥルバグ)、紅一点、Ladybug Mecca(レイディバグ・メッカ)の3人組ユニット、Digable Planets(ディゲブル・プラネッツ)は1993年にニューヨークからシーンに登場、 1stアルバム”Reachin” が大ヒットを記録し、同年グラミー賞を受賞した。

Nov 21 2011

Joe Walshにハッピーバースデー!

相変わらず若々しいミュージシャン、ジョー・ウォルシュが11月20日に63歳の誕生日を迎えた。来年、ウォルシュはデイル・ピーターズとジミー・フォックスらと共にジェームス・ギャングを再結成する意向だ。米クリーブランド出身のパワフルな3人組ジェームス・ギャングは、1971年にアルバムをリリース。2006年にライブを数回のみ行い、今後も新曲のレコーディングやツアーの予定はない。ウォルシュは2012年後半にはイーグルズと結成40周年ツアーも行なう計画だ。ウォルシュは1968年から71年までジェームス・ギャングで活動、自身のバンド、バーンストームと1972年から75年までソロ・アーティストとして活動し、1975年12月20日にはバーニー・リードンに代わってイーグルズのギタリストを務めるように。イーグルズ加入後もソロ活動を継続し、イーグルズが解散した1980年から94年の間は複数のプロジェクトに関わっていた。

Nov 08 2011

Black Sabbathが11月11日に特別記者会見

ブラック・サバスが11月11日(金)にLAで記者会見を開くことが明らかになった。会場は、41年前(1970年)の11月11日にバンドがLAでのライブ・デビューを飾った思い出の場所Whisky A Go-Go。オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ビル・ワード、ギーザー・バトラーのオリジナル・メンバーによる再結成ツアーの発表が行なわれると予測されている。また、バンドにとって1978年の『ネバー・セイ・ダイ』以来となる最新アルバムのレコーディングへの期待も高まっている。

Oct 19 2011

The Stone Roses、遂に再結成を正式発表!

ここ数年常に噂され、しかもここ数日は大きな話題になっていたストーンローゼズの再結成について、バンドはロンドンにて、現地時間の10月18日夕方(日本時間深夜)記者会見を開き再結成したと正式に発表した。会見にはオリジナルメンバーであるボーカルのイアン・ブラウン、ギターのジョン・スクワイア、ベースのマニ、ドラムのレニの4人が出席した。2012年6月29日と30日に地元マンチェスターで15年ぶりとなるライブを開催、その後ワールドツアーも行う予定があるそう。会見の模様はオフィシャルサイトで見ることができる。

Oct 18 2011

The Stone Roses再結成が正式決定!?

ザ・ストーン・ローゼズの再結成が正式に決定したらしいことが明らかになった。バンドは1996年に解散。ボーカルのイアン・ブラウンとギタリストのジョン・スクワイアは長年仲が悪いことで知られていたが、今年初めにメンバーのゲイリー・“マニ”・モーンフィールドの母親の葬式後にパブで和解したと言われている。

Oct 17 2011

Stone Roses、来年ついに再結成

ストーン・ローゼズが2012年の再結成を来週正式に発表することを英スキャンダル系メディアが報じている。バンドは1996年に解散。ボーカルのイアン・ブラウンとギタリストのジョン・スクワイアは長年仲が悪いことで知られていたが、今年初めにメンバーのゲイリー・“マニ”・モーンフィールドの母親の葬式の後にパブで和解したと言われている。

Aug 19 2011

Rocket From the Tombs、36年ぶりの再結成

クリーブランドのカルト・バンド、ロケット・フロム・ザ・トゥームズ(以下、RFTT)が36年間の沈黙を破ってついに再結成した。9月5日には最新アルバム『バーフライ』をリリースする。オリジナルのバンドはアルバムをリリースしないまま2つの悪名高きバンド、ペレ・ウブとデッド・ボーイズへと分裂した。どちらのバンドもスタイルこそ異なったもののRFTTの曲をレコーディングした。デッド・ボーイズは「エイント・イット・ファン」(後にガンズとローリンズ・バンドがカバー)と「ソニック・リデューサー」(パール・ジャムがカバー、ビースティー・ボーイズがサンプリング)をレコーディングしている。再結成バンドは、元メンバーのチータ・クローム、デヴィッド・トーマス、クレッグ・ベルに加え、スティーブ・メーラン(ペレ・ウブ)とリチャード・ロイド(テレビジョン)という顔ぶれだ。

Jul 22 2011

BeckがDwight Yoakamとレコーディング

ベックが、カントリー・スターのドワイト・ヨアカムとレコーディングをおこなっているそう。ドワイト・ヨアカムはカントリー歌手として2度のグラミー賞受賞、21回ものノミネートの経験があり、アルバム売り上げは世界中で2500万枚に達するが、最近は俳優としての活動が活発で、今回は久しぶりに音楽活動を再開する。アルバムをプロデュースするのはベックではなく、ジョー・チッカレリ。彼はベックの『Odelay』の製作に参加、 Shins、the Strokes My Morning Jacketの作品をプロデュースし、the White StripesやMika、Frank Zappaの作品でエンジニアを務めた人物。ベックは最近サーストン・ムーアの新譜『Demolished Thoughts』や、シャルロット・ゲンズブールの『IRM』、8月23日にリリースされる元PavementのフロントマンStephen Malkmusが率いるStephen Malkmus and The Jicksの新譜『Mirror Traffic』をプロデュースした。

Jul 22 2011

FacesがFuji Rockに登場! 

今年のフジロックに、土曜日のグリーン・ステージのヘッドライナーとしてフェイセズが登場する。史上最高のロック・バンドの1つとして尊敬を集める彼らだが、つい最近まで活動を休止していたために若者の間ではあまり知られていないかもしれない。元々、スモール・フェイセズとして活動を始めたバンドのボーカルは、ソウルフルなロッカーのスティーブ・マリオットだった。イギリスでは数曲のヒット曲を輩出したが、アメリカでは特に「イチクー・パーク」が有名だ。
 1969年にバンドを脱退したマリオットは新たにハンブル・パイを結成。この時点で残っていたメンバーは、イアン・マクラガン、ロニー・レーン、ケニー・ジョーンズ。そこにジェフ・ベック・グループを脱退したばかりのロニー・ウッドとロッド・スチュワートが加わりフェイセズが誕生した。
 バンドにとって初めてのヒット曲は、このメンバーによる1971年の「ステイ・ウィズ・ミー」。これに続いてリリースされたアルバムもヒットし、バンドは1974年の来日公演をはじめ世界中をツアーで訪れた。ロッド・スチュワートはバンドと同時進行でソロ活動も行ない(フェイセズのメンバーがスチュワートのアルバムに参加したことも)、時間と共にフェイセズよりも成功を収めるようになっていく。1973年、不満を感じていたロニーが脱退したことで、バンドの友人でフリーのメンバーだった日本人のテツ・ヤマグチが加入。1975年にロン・ウッドがローリング・ストーンズでギターを弾き始めたのをきっかけにメンバー間の雰囲気がさらに悪くなり、最終的には解散した。
 ロニー・レーンは、ピート・タウンゼンドとレコーディングを行なった直後に多発性硬化症と診断され、1997年に他界。ドラマーのケニー・ジョーンズは、1978年にキース・ムーンが他界した後にフーに加入した。テキサス州オースティンに移住したキーボードのイアン・マクラガンは、自身が率いるバンプ・バンドの他、サイドマン/セッション・マンとして活動した。
フェイセズはフーとも深い繋がりがあり、イアンはキース・ムーンの元妻キムと結婚した。これまでに多くの人々がライブ・バンドとして絶賛されるフェイセズの再結成を試みてきたが、本格的には実現しないまま終わっていた。2008年に再結成の話が持ち上がり、バンドはリハーサルでお互いのフィーリングを確かめ合った。しかし、ロッド・スチュワートは自分のアルバム『ソングブック』のレコーディングを行なうために再結成に参加しないことを決意。昨年、シンプリー・レッドのフロントマンで、素晴らしくソウルフルな声を持つミック・ハックネルがボーカルとして、元セックス・ピストルズのグレン・マットロックがベースとして加入することが発表された。世界各地で行なわれた再結成ライブの評判は非常に良く、フジロックでのパフォーマンスに期待が集まっている。

Jun 10 2011

ベルファーレがニコファーレで復活!

かつて東京・六本木に存在した巨大クラブ「ヴェルファーレ」だった施設が、動画共有サイト「ニコニコ動画」のライブイベント施設「ニコファーレ」として、7月にオープンする。LEDディスプレイを天井や壁面に多数配置して、投稿されるコメントが周りを360度囲むように流れる演出の同施設では、音楽やお笑いなどさまざまなイベントを予定、出演者・来場者・インターネット視聴者の間で相互コミュニケーションを図るそう。

May 17 2011

The Beach Boys結成50周年

1961年にデビューしたザ・ビーチボーイズが今年で結成50周年を迎える。これに伴い、バンドが年内に最低1回は再結成ライブを行なうことが期待されている。精神病を抱える元リーダーのブライアン・ウィルソンは20年近くバンドと演奏活動を行なっていないが、再結成には前向きであることを表明している。バンドのメンバーで、ウィルソンの従兄弟のマイク・ラヴは変わり者として知られ、他のメンバーを起訴したことでバンド内に亀裂が生じた。多くの人は、ジョン・レノンに“最低の野郎”と呼ばれたラヴが精神状態の不安定なウィルソンを利用したと感じている。

Feb 15 2011

Babamaniaが再始動!

2007年から活動休止中であったファンクロック・バンドのババメイニアがオリジナル・メンバーで再始動した。バンドは、先週末2月11日にClub AsiaとShelterで行われたFISHY 10周年記念のイベントでウォームアップ的なライヴを行なったばかり。5月1日には本格的な再始動ライヴに挑む予定だ。

babamania

Jan 26 2011

Van Halen、Rothと最新作レコーディング

ヴァン・ヘイレンがオリジナル・シンガーのデイヴィッド・リー・ロスを迎えて、ニューアルバムのレコーディングを行っている。ロスがアルバムに参加するのは1983年以来。今作はジェーンズ・アディクション、ボン・ジョヴィを手がけたジャン・ジャンクスによるプロデュースだ。

Nov 12 2010

Sebadohの再結成ツアー決定

ルー・バーロウ率いるセバドーが来年2月にアルバム『ベイクセール』と『ハーマシー』をリイッシューした後、再結成ツアーを行なう。ルーは先日マイク・ワットと東京で公演を行なったばかり。来日前はダイナソーJr.の南米ツアーに参加するなど精力的に活動している。

Nov 09 2010

Pulp、再結成!

英ロック・バンドのパルプがオリジナル・メンバーで再結成したことを明らかにした。2002年に活動休止発表をした以降、ヴォーカルのジャーヴィス・コッカーはソロ・シンガー、テレビ司会者、アニメーション映画『ファンタスティック・ミスター・フォックス』の声優の活動でそこそこの成功を収めてきた。1996年以来バンドとしてのパフォーマンスが無かったが、、来夏にはヨーロッパの各フェスティバルへの出演が決定しており、本格的に活動を再開する模様。

Oct 29 2010

A Perfect Circleが復活、ツアーへ

再結成したア・パーフェクト・サークルが6年ぶりにツアーを行なう。バンドの現メンバーは、トゥールのメイナード.キーナン、スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハ、そしてヴァンダルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ナイン・インチ・ネイルズ、スティング、オフスプリング、ウィーザーなど多数のバンドとの活動歴を持つドラマーのジョッシュ・フリーズだ。

A Perfect Circle

Sep 09 2010

The Dresden Dollsがデビュー10周年再結成!

アマンダ・パーマーとブライアン・ヴィグリオーネによるダークなキャバレー・デュオ、ザ・ドレスデン・ドールズは 2008年から活動を休止していた。その2人がデビュー10周年を記念して、NYのアーヴァイン・プラザで開催されるハロウィン・イベントのために再結成することが明らかになった。

Sep 06 2010

Carsがオリジナル・メンバーで再結成?

80年代を代表するアメリカのバンド、カーズの初代メンバー、リック・オケイセック、エリオット・イーストン、デヴィッド・ロビンソン、グレッグ・ホークスがスタジオでリハーサルをしている写真がネットに流出し、再結成するのではないかという噂が流れている。ベーシストのベンジャミン・オールは2000年にすい臓ガンのため他界してしまったが、この噂が真実だとすれば、数年前にトッド・ラングレンをヴォーカルに迎えホークスとイーストンがニュー・カーズを結成して以来の本格的な再結成となる。
The

Jul 08 2010

Beavis & Butt-headが帰ってくる!

1994年よりMTVで放映されていた人気アニメ番組「ビーバス・アンド・バットヘッド」。原作者、マイク・ジャッジが続編として新しいストーリー30話を書いているらしい。フルスロットのハチャメチャ人気キャラクター、ビーバスとバットヘッドがどう活躍するのか、非常に楽しみだ。
Jun 21 2010

Godspeed You! Black Emperorが遂に活動再開

ダークでスペーシーなカナダのバンド、ゴッドスピード・ユー!ブラックエンペラーが、12月に5日間のイギリス公演と北米9都市公演を行なうと発表した。
バンドは2002年から活動休止状態だったので、解散したと信じているファンも多かった。
このユニークなバンド名は、柳町光男監督が1976年に制作した暴走族ドキュメンタリー映画から命名された。

Jun 11 2010

Pavement、再び!

インディーズのアイコン、ペイヴメントが10年間の活動休止期間を経て、2010年のみの限定で活動再開を正式に表明、4月にはベスト盤をリリースし、日本ツアーも行った。そこに今年のサマーソニックにも出演が決定。これは日本で彼らのショウを見られる本当に最後の機会かもしれない。
今回は最も有名なメンバー構成。初代ドラマーだったゲーリー・ヤングは、他メンバーよりも15歳年上のエキセントリックなヒッピーだ。シド・バレットやロッキー・エリクソンと比較されることもあり、ライヴ会場の入り口でお客に自分が栽培したキャベツなどの野菜(本人いわく“どうしても捨てられなかった野菜たち”)や、時にはトーストやマッシュポテトを配ったり、ステージや観客席や自宅の屋根で逆立ちするのが趣味。LSDとアルコールを大量に消費することも広く知られている。
ゲーリーは今回バンドとカリフォルニア州ストックトンのボブ・ホープ・シアターで1公演のみの再結成パフォーマンスを行なう。不思議な話だが、地元のストックトンでペイヴメントがライヴをするのは今回が初めて。初ライヴは900マイルほど離れたニュージャージーで1991年に行なわれた。現在ストックトン郊外に住むゲーリーは、レコーディング・スタジオの経営と自身のバンド、ホスピタルでの活動に従事している。

Pavement Pavement