Apr 05 2017

梯 郁太郎、死去

音楽業界の伝説、梯 郁太郎が4月1日に87歳で他界した。
梯氏は、そのキャリアをオルガン用のリズムマシーン(当時はオルガン奏者用のものだった)から始めたが、1967年、彼の最初のリズムマシーンを完成させる。ミュージシャンでエンジニアのドン・ルイスと、さらに複雑で、プログラム可能な機械を開発しようと試み、ローランドのTR-808の誕生となる。808は1980年から1983年の三年間だけのために作られ、83年には失敗作と思われた。
ドラム音はアナログで生成され、あまりリアルではなかったため「ロボチック」とか「宇宙っぽい」「おもちゃのようだ」と批判が続き、もっと高価な、実際のドラム音をサンプリングしたリンドラムの方が好まれた。
しかし、ミュージシャンの一部は、比較的安価だった上にプログラムが簡単でパワフルなベースサウンドの808を愛好した。808はグランドマスター・フラッシュ、Run DMC、パブリック・エネミー、ビースティ・ボーイズ、そして日本のYMO、マーヴィン・ゲイ、フィル・コリンズやホイットニー・ヒューストンなど、多くのミュージシャンのヒットレコードに使われている。2015年には808のドキュメンタリー映画が制作され、808を使っていた多くのミュージシャンへのインタビューが収録されている。
また梯氏は、MIDIの開発でも活躍、2013年にはその功績をたたえてグラミー賞の技術賞を受賞している。バークレー音楽学校からも、1991年に名誉学位を贈られた。2001年には自伝『ライフワークは音楽 電子楽器の開発にかけた夢』を上梓している。この本は2002年に英訳され、アメリカでも出版された。
安らかに。

Apr 05 2017

Chaiの『ほめごろシリーズ』EPが発売に

同じく要チェックなのは、インディーズロック/ポップ/ファンク女子バンドのチャイが4月26日に発売するEP『ほめごろシリーズ』だ。このバンドは、テキサスで開催された音楽フェス「サウスバイサウスウエスト」で、今年参加した日本バンドで一番の好評を博していた。名古屋発のバンドで、リーダーはボーカル/キーボードのマナと彼女の双子でギタリストのカナ。二人の演奏にパワーを加えるのはリズムチーム、ベースのユウキとドラムのユナだ。
影響を受けたミュージシャンには、CSS、トムトムクラブ、ピーチス、tUnE-yArDsが含まれる。
元ソニーの田村リョウがプロデュースして、OTEMOYANレコードから発売される。

Apr 05 2017

Bim Bam Boomに注目

もしもあなたがフレッシュでカッコいい音楽を探しているのであれば、新しい?女性ファンクバンド、Bim Bam Boomがオススメだ。ドラマーの山口美代子率いるこのバンドはS-Kenプロデュース。彼は、PE’Zやスーパーバタードッグ、ボニーピンクとの仕事で知られている。Bim Bam Boomは昨年デビューアルバムを発売、フジロックにも選ばれた。4月14日にはチェルシーホテルで、5月2日にはシェルターでライブすることが決まっている。この女性たちは本当にパワフルで素晴らしいので、ぜひチェックしてほしい。

Apr 05 2017

Puffyがアメリカツアー『Not Lazy』開催中

パフィーがアメリカで『Not Lazy』ツアーを敢行中。ボストンのアニメ・コンベンションを皮切りに、ロサンゼルス、サンフランシスコとダラスの4都市で開催される。
ツアーの名前は、以前の評判に対する反論と思われる。以前、パフーが北米で大きくブレイクすると思われていた頃、ツアーが嫌いなので、広大なアメリカ全土を回るのを嫌がっている(Lazyになっている)と思われていたのだ。
公平を期すると、パフィーの最初のアメリカツアーは18日間で12公演だったが、アメリカのバンドにとっては何ヶ月もぶっ続け、休みはそこここで1〜2日ずつ、という形でツアーを行うことは珍しくない。そのあとも、2004年にパフィーのアニメ番組がTVで放映を開始した時も、2005年春の西海岸で7公演、夏の東海岸で5公演と、2回短いツアーを行なっている。
とにかく、パフィー、アメリカにおかえり。

Apr 05 2017

Fishboneがライブシリーズを敢行

フィッシュボーンが、1996年のアルバム『chim Chim’s Badass Revenge』をメインに据えて、『Return of the Monkey』というライブシリーズを開催している。ラインナップには、オリジナル・メンバーのフィリップ・フィッシュ・フィッシャー(ベース奏者、ノーウッド・フィッシャーの兄弟)と、ギタリストのジョン・ビンガムを含む。