May 06 2017

Lotusが新譜をリリース

ロータスが、素晴らしい新ライブ・アルバム『86 Revolutions』をリリース。この番号は彼の以前のツアー日数から取られた。
彼らの活動初期、多くが彼らをジャムバンドと認識していた時、観客はロータスがファンクっぽかったり、エレクトリックなサウンドを披露し始めると戸惑うことが多かったという。しかし、バンドは自分たちの強みでもあるライブ活動から理解者を徐々に増やしていった。
彼らのサウンドは、それ以来「エレクトリックな傾向のあるジャズ・ファンク」と説明されるようになり、トーキング・ヘッズとオーブの中間という立ち位置になっていった。
ロータスは、2013年のフジロックのフィールド・オブ・ヘブン会場にて最高のパフォーマンスを見せ、その年のフジロックで最高のアーティストだったと当時の参加者に言わしめている。

May 06 2017

ジャズピアノのAki Takase、新譜を発表

ジャズピアニストの高瀬アキがベテランサックスプレイヤー、デヴィッド・マレイと『Cherry-Sakura』というアルバムをレコーディング、インタクト・レコードから出版する。このアルバムはスイスのチューリッヒで録音され、4曲は高瀬の作曲、3曲はマレイがセロニアス・モンクと作った『Let’s Cool One』から収録された。
グラミー賞受賞者のマレイは、ワールド・サキソフォン・カルテットのメンバーとして最初に有名になったが、様々なコラボレーションを行う多作のアーティストとして知られている。高瀬も同じように広い(また王道でない)テイストを持っていて、フレッド・フリス、レジー・ワークマン、デイヴ・リーブマン、セシル・マクビー、ジョン・ゾーンとの共演で知られている。

May 06 2017

Mick Ronsonのドキュメンタリー映画、発表へ

ギタリスト、ミック・ロンソンがドキュメンタリー映画『Besides Bowie: The Mick Ronson Story』の主人公として抜擢された。
ミック・ロンソンはデヴィッド・ボウイのギタリストとして、ジギー・スターダスト期以前から後まで活躍した。彼の肉付きの良いギタートーンや刺激的なパフォーマンスはボウイのサウンドに大きく貢献し、ミック・ジャガーとキース・リチャーズやスティーブン・タイラーとジョー・ペリーのようなデュオとして捉える人も多い。
きらびやかなイメージで語られることの多いロンソンだが、実際はヨークシャー州、ハルの労働者階級出身で、ギタリストデビュー以前は機械工として働いていた。
1993年に癌でこの世を去ったロンソンは、ボウイ以外にもイアン・ハンター、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、ルー・リード、ジョン・メレンキャンプやモリッシーとも共演している。
この映画は、イギリスでの上映が決まっているが、日程は未だ発表されていない。8月15日から19日には、ロンソンの生地ハルで記念イベントが行われる予定。