Jul 26 2017

Kaki Kingが子供の誕生を発表

カーキ・キングが、息子ボーウェン・ロバート・キングの誕生を発表した。彼女には2014年に生まれた娘、クーパーもいる。「スラップ&タップ」奏法で有名なアーティストは、妻のジェシカ・テンプリンと2012年10月に結婚。家に新生児を迎えた喜びを、彼女は「4日で10回おしっこをかけられたけれど、毎回勢いもより強く、クリエイティブになってきている」とレポートしている。

また、キングはアメリカツアーの日程も発表、素晴らしい新譜『The Neck Is a Bridge To the Body』からの曲をメインに予定した、8月から来年に渡る長いツアーになるという。

ローリングストーン誌が「新たなギターの神々」という特集をした際、カーキ・キングは名前が掲載された唯一の女性ギタリストかつ、2ヶ月若いデレック・トラックスを除く最年少ギタリストだった。

Jul 26 2017

Buzz Feitenが新しくサイトを開設

ギタリストのバズ・フェイトンが新たに自分のサイト<www.buzzfeitenofficial.com>を開設した。彼は、日本ではメンバーはほぼ同じながら、二つの名前を使い分けた凄腕セッション・ミュージシャン・バンドのラーセン=フェイトンまたはフル・ムーン(中心メンバーはニール・ラーセンとバズ・フェイトン)で知られている。このグループは1972年から1982年の間にアクティブに活動、1980年のヒットで全米29位になった「You Will Be the Fool Tonight」で活動のピークを迎えた。しかし、バズ自身のキャリアはそれ以前と、そのはるか以降まで続いている。

バズは、若い頃にニューヨークのローカルバンド、リーゾンズ・ホワイでギタリストとして名前を売った。1967年、クリームが最初のアメリカツアーを行った時、クラプトンはまだ10代だったバズとジャムする時間をわざわざ作ったという。また、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドをエルヴィン・ビショップが離れた時、彼がその穴を埋めるよう呼ばれている。その後、バズは大人気だったラスカルズに加入し、リードギターを務め、作詞作曲にも参加している(彼の曲は、シカゴ、ラニ・ホール、デイヴ・ウェックルにもレコーディングされた)。

後にセッションギタリスト、サイドマンとしてボブ・ディラン、アレサ・フランクリン、スティービー・ワンダー、ケニー・ロギンズ、リッキー・リー・ジョーンズ、デイヴィッド・サンボーンなど多くのミュージシャンと仕事をしている。また、彼はギターのエキスパートとして活動、業界で人気を博したバズ・フェイトン・チューニング・システムと呼ばれるチューニング・システムを開発して1992年に特許をとっている。2012年にはバズ・フェイトン・ギターを開始、彼の新しいサイトで盛んに取り上げている。トップ・ギタリストのヴィンス・ギル、ニルス・ロフグレン、ポール・バレア、ディーン・パークスらが彼のギターのファンだという。

Jul 26 2017

Stevie Salasがネイティヴ・アメリカン・ロック映画をプロデュース

ギタリストのスティーヴィー・サラスが、『Rumble: The Indians Who Rocked the World』というネイティブアメリカンのドキュメンタリー映画にプロデューサー、リサーチャーとして関与しているという。

この映画は、ネイティブアメリカンの音楽における貢献について焦点を当てたもの。サラス自身も先祖にネイティブアメリカン(アパッチ族)を持ち、セッション・ギタリストの第一人者、ジェシ・エド・デイヴィス(ジョージ・ハリソン、ジョン・レノン、ロッド・スチュワートやミック・ジャガーなどのサポートを務めた)がカイオワ族出身だということに触発されたという。この映画では、他にもネイティブアメリカンを先祖に持つ著名なミュージシャンとして、ジミ・ヘンドリクス(チェロキー族)、ロビー・ロバートソン(モホーク族)、リンク・レイ(ショーニー族)や、インディアン/メキシカン・バンドのレッドボーン(小さなヒット曲が多いが「Come and Get My Love」が大きなヒットとなった。国際的ヒットもある)、ハンク・ウィリアムズ(チョクトー族)、ネヴィル・ブラザーズ(チョクトー族)、バフィー・セントメリー(クリー族)に、メタルのドラマー、ランディ・カスティロ(両親がそれぞれ違う部族出身のインディアン・ミックスだった)などが紹介されている。

この他にもアメリカン・インディアンの血を引く著名なミュージシャンには、テスタメントのチャック・ベリー(ポモ族)、マザーズ・オブ・インベージョンのジミー・カール・ブラック(シャイアン族)、リタ・クーリッジ(チェロキー族)、ウィリー・デヴィル(ペコット族)、クイックシルバー・メッセンジャー・サーヴィスのゲイリー・ダンカン(ポーニー族)、ロメオ・ヴォイドのデボラ・イエール(カウリッツ族)、ザ・ベンチャーズのギタリスト、ノーキー・エドワーズ(チェロキー族)などがいる。