Aug 31 2017

Journey、解散の危機?

ジャーニーが、解散の危機にあるか、またはメンバーの大規模な改変を行なうかもしれない。

1973年に最初に結成されて以降、総勢14名のメンバーが参加していたこのバンドでは、元サンタナに所属していたニール・ショーンだけが結成以来のコンスタントなメンバー。2番目に長いメンバーはジョナサン・ケインで、彼はベイビーズのキーボード奏者として最初に名を上げている。ショーンとケインは、別のプロジェクトバンド、バッド・イングリッシュでも共演している。

しかし、最近、2人の間に不協和音が多く、特にケインが3人目の妻でがめついTV宣教師のパウラ・ホワイトと結婚して以降仲が悪くなっている。ドナルド・トランプ本人はたいして聖書に訳ではないが、選挙で票を勝ち取るために設定した宗教的な「顧問委員会」を持っていて、ホワイトはそこに名を連ねている。

ショーンは常に政治的な事情に影響されたくないと言っていて、ジャーニーはバンドとして何度もオバマと会見する依頼を断っているのだが、ケインは4番目のボーカリストのアーネル・ピネダ、ベースのロス ・ヴァリーと自分がトランプに会えるようアレンジしている。また、ショーンはバンドメンバーが自分抜きでツアーに行くよう共謀していると主張しているようだ。