Sep 23 2017

Frank Zappaのホログラムがツアーへ

ザッパ家族財団が発表したところによると、ホログラムによるフランク・ザッパのツアーが企画されている。プレスリリースによると、エイドリアン・ブリュー、スティーブ・ヴァイ、スコット・サンズやイアン・アンダーウッドなど、ザッパの元バンドメンバーも「必ず」参加すると表明されているが、各々のミュージシャンからの正式な発表はない。また、財団はドゥイージル・ザッパとムーン・ユニットもこのツアーに参加すると表明。ファンはこの発表に対して非常にネガティブな反応を示している。その中には、フランク・ザッパのホログラムに対して拒否反応を示すファンも。

他にも、ザッパの元妻ゲイル・ザッパが莫大な金額をザッパの元バンドメンバーに対しての訴訟費用にかけたことで、元バンドメンバーやザッパのファンから嫌われている。法的根拠なく、ザッパの曲を演奏したミュージシャンは全て彼女の決めた演奏代を彼女に支払うべきだという主張をしていた。この主張には法的根拠がなかったにもかかわらず、裁判の恐れから多くのミュージシャンやライブハウスなどがザッパの曲を演奏することをやめた。その結果、息子のドゥイージル以外、大きなステージで彼の曲を演奏するものはいなくなり、そのドゥイージルすら多額の金額を母に支払うことになった。

現在、ザッパの子供達はザッパの財産を巡って公的に争っている。主な争いは金に汚いと言われる家族財団のアーメット・ザッパとミュージシャンのドゥイージルの間のもの。

Sep 23 2017

Ametsubが窃盗の疑いで逮捕

ミュージシャンのAmetsubとして知られる斎藤昭人が9月18日逮捕されていたことがわかった。Ametsubはエレクトロニック音楽のミュージシャンで、日本だけではなく海外でも人気がある。

逮捕はあるインディーズ・レーベルから盗まれた楽器やコンピューター機材などを所持していた疑いによる。警察は、この件についてさらに調査を進める考え。

Sep 19 2017

Halie Lorenがクラウドファンディングを開始

ジャズシンガーのヘイリー・ローレンが、東京のコットンクラブでの4夜ライブを成功させてすぐ、次のアルバムのためのクラウドファンディングをキックスターターで始めた。次のアルバムは全てオリジナル曲になる予定。ローレンはオレゴンを拠点に活動、非常にアクティブで、その素晴らしい声とスタイリッシュな美貌は世界中にファンを獲得している。主にジャズのスタンダード曲やポップスのカバーを多言語(フランス語、スペイン語、ポルトガル語、日本語など)で歌い、他にも自作の曲や合同制作の曲も歌っている。「Gray to Grand」「A Women’s Way」「Bare Feet」などの人気曲は彼女のオリジナルだ。キックスターターのアカウントは次の通り。 https://www.kickstarter.com/projects/halieloren/halie-loren-is-making-a-new-album

Sep 19 2017

Rolling Stone Magazineが売り出しに

ローリングストーン・マガジンが売り出された。この雑誌は1967年にサンフランシスコで創刊され、タワーレコードやKSANフリーフォームFMラジオと共に、サンフランシスコを音楽の都として確立し、ロック・ミュージックの未来を形作るのに一役買った。ローリングストーン誌を作り上げたのは今年71歳となるジャン・ウェナーで、彼はこののち数々の雑誌を立ち上げることになる。彼は近年他のメディア・ホールディングスを売り、さらに昨年、ローリングストーン誌株の49%をシンガポールのバンドラボ・テクノロジー社に売却。

ウェナーは数々の雑誌を創刊し、また、ロックの殿堂を作った財団の創設理事の1人でもある。

Sep 19 2017

TencentがSpotifyの買収に失敗

中国の大手オンライン会社テンセントが、約400兆円でスポティファイを買収するためのオファーをしたが、断られている。テンセントはテンセント・ミュージックにより、すでに中国市場で大きな存在感を示している。11年間活動し続けているスポティファイは60カ国に1億4000万人のアクティブ・ユーザーを有している。スポティファイは未だ大きな利益こそ出していないものの、市場価値は130億ドルと言われている。

 
Sep 12 2017

Primusが新譜を発表

9月29日、プライマスがニューアルバム『The Desaturating Seven』を発売する。バンドリーダーでベース奏者のレス・クレイプールの説明によると、このアルバムはイタリアのウル・デ・リコが書いた『Rainbow Goblins』という本に影響されたとのこと。クレイプールはこの本を子供達に読み聞かせた時にとても楽しんだそうだ。この本は1978年に書かれ、1981年に発売された高中正義の人気アルバム『Rainbow Goblins』の元になったとも言われている。プライマスの音楽は、メタルファンクと呼ばれ「ラッシュとフランク・ザッパを足して2で割ったような」「キャプテン・ビーフハートとジョージ・クリントンの足したもの」と形容されることが多い。また「トップ10バンドの中で最も奇妙だ」とも言われている。

Sep 12 2017

Dave Matthews Bandがシャーロッツビルでイベントを企画

デイヴ・マシューズ・バンドが1年間の空白の時間を終えて、故郷のヴァージニア州シャーロッツビルで「シャーロッツビルのためのコンサート:音楽と融和の夕べ」を開催する。このイベントは、最近起こったネオナチと白人至上主義者による集会で、極右集会に反対して集まっていたグループの中にネオナチの車が突入したため多くが怪我をし、女性が1人死亡した事件への反応として行われる。
日程は9月24日、場所はヴァージニア大学のスコット・スタジアム。デイヴ・マシューズ・バンドはファレル・ウィリアムズ、ジャスティン・ティンバーレイク、アリアナ・グランデ、クリス・ステープルトン、ブリトニー・ハワード、ザ・ルーツ、ケイジ・ザ・エレファントなどのスペシャル・ゲストと合同で行われる。
Sep 12 2017

TWINKIDSがコラボシングルをリリース

日系アメリカ人でゲイと表明しているポップ・デュオ、トゥインキッズがクレイグ・ウィリアムズとのコラボ・シングル「Give It a Minute」をリリースした。ウィリアムズはオーストラリアで育ち、若い頃からベースを演奏、DJもしていたことから、オーストラリア軍の中東でのヘリコプター・クルーとして働きながら音楽を職業とするために努力していた。現在はTWINKIDSと出会ったLAに在住。TWINKIDSはシングルまたはEP「Boys Love」しか出版していないが、ビルボード、ローリングストーン、Fader、ナイロン、ステレオガムなどから高評価を受けている。TWINKIDSのメンバーは東京出身のジーン・フクイとフロリダ出身のマット・ヤング。彼らはよくXX、イレイザーやビヨークと並べて評価される。

Sep 12 2017

CanのHolger Czukayが他界

ドイツのエクスペリメンタル音楽バンド、カンのリーダーだったホルガー・シューカイが79歳で他界した。カンでは、ベースを演奏するのに加え、エンジニア兼プロデューサーを務めた。カンのドラマー、ヤキ・リーベツァイトも今年初めに死亡している。バンドはフリー・ジャズとアフリカ音楽を愛していたが、自分たちは、ドラム・マシーンやコンピューターがスタジオで普通に使われる以前より、ユニークな形のミニマリスト・エレクトリックを演奏、ほぼ全ての操作を手動で行っていた。

このバンドは1968年に結成され、1970年から1973年の間には日本人のダモ鈴木も参加。バンドは鈴木がドイツを旅している間に出会い、彼はその晩ギグに参加した。

チャートや利益という点において、カンは大成功のバンドではなかったが、カルト的な人気を誇り、トーキング・ヘッズ、ソニック・ユース、パブリック・イメージなどのグループに多大な影響を与えた。ホルガー・シューカイは、カンの他にもブライアン・イーノ、ジャ・ウォブル、ディヴィッド・シルヴィアン、ユーリズミックスなどとも活動した。

Sep 12 2017

元Tower of PowerのRick Stevensが死去

元タワー・オブ・パワーのオリジナル・ヴォーカリスト、リック・スティーヴンスが77歳で死去した。「You’re Still A Young Man」や「Sparkling in the Sand」でのソウルフルなパフォーマンスで知られているスティーヴンスは、ファーストアルバム発売後すぐにドラッグに溺れ、ドラッグ売買のトラブルで3人を殺害した。36年間収監される予定だったが模範囚だったため2012年に仮釈放になる。その後、スティーヴンスは音楽業界に戻りタワー・オブ・パワーやコールド・ブラッドのゲストとして演奏活動をしていた。生前、彼は刑務所慰問などを行い、囚人たちに犯罪から足を洗うことを勧める活動をしていた。

Sep 12 2017

Chris Hillmanがソロアルバムを発売

バーズ、フライング・ブリトー・ブラザーズ、マナサスの元メンバーで、カントリー・ロック、アメリカーナのパイオニア、クリス・ヒルマンが9月22日に初のソロアルバム『Bidin’ My Time』を発売。彼のレコードは10年ぶり以上になる。

このアルバムはトム・ペティがプロデュース、ペティの「Wildflowers」や、バーズのヒット曲「The Bells of Rhymney」、B面曲「She Don’t Care About Time」などが収録されている。ゲストプレイヤーとして、古くからの友人であるハーブ・ピーターセンやディヴィッド・クロスビー、ハートブレーカーズのベンモント・テンチやスティーブ・フェローンも参加。ヒルマンは9月21日から長期の北米ツアーを開始する。

Sep 01 2017

インディーズ・レーベルFlau10周年の回顧展、代官山蔦屋で開催

東京にベースを置くインディーズ・レーベル、フラウが昨年10周年を迎え、代官山の蔦屋書店で回顧展を開催する。
このレーベルは、ミュージシャン兼プロデューサー兼プロモーターで、Ausとして音楽活動をしているYasuhiko Fukuzonoが創設。
レーベル所属のアーティストは日本人が多いが、韓国のネオン・バニー、ドイツのヘニング・シュミット、イギリスのハープ奏者エマ・ガトリル、ブラジルのピアニスト、ファビオ・カラムル、アメリカのステファン・ジョスなども所属している。日本人アーティストには、国際的に名高いクリスタル、ノア、ヴィブラフォン奏者の藤田 正嘉と、特にヨーロッパやアメリカでのレコード発売やツアーで著名なクーシュなどがいる。