Oct 29 2017

ロックのパイオニア、Fats Domino他界

ロックのパイオニア、ファッツ・ドミノが89歳で他界した。彼はニューオリンズをベースに活躍したシンガー兼ピアニストで、本名はアントワンだが、彼の丸い体型からついたあだ名「ファッツ(太っちょ)」としてよく知られている。愛嬌がにじみ出る人柄で、派手なアクセサリーを好み、こちらまで嬉しくなるような微笑みを絶やさなかった彼は、23枚のゴールドレコードを録音し、未だ黒人差別の強かった時代、白人の観衆に6億5千万枚のアルバムを売り上げた。

ブギウギ・スタイルを好み、3連音符を多用することでミディアム・テンポの曲に力強さを加える演奏の仕方やメロウな歌声で知られている。彼は10歳でピアノを始め、同じ頃学校からも中退した。1949年に発表した初シングル「The Fat Man」は100万枚を売り上げた(リトル・リチャードやエルヴィス・プレスリーでさえヒットは1955年以降)。自分の曲以外でも、多くのニューオリンズでのヒットレコードの録音に参加していた。

彼の曲は何度か白人のシンガーにハイジャックされている。例えば、パット・ブーンは1955年にファッツの曲だった「Ain’t That a Shame」(その後チープ・トリックがリバイバルする)で大きなヒットを飛ばしている。1956年にファッツは生涯で一番の大ヒットとなる「ブルーベリー・ヒル」を発表。この曲は彼が書いたものではなく、彼以前にも多くのメジャー歌手が歌っていたが、この大ヒットにより自分のものとした。1962年にはヨーロッパをツアーで回り、リヴァプールでは有名になる前のビートルズにも会っている。彼が最後にトップ100に名前を乗せた曲はビートルズの「Lady Madonna」のコピーだった(レノンとマッカートニーは二人ともファッツ・ドミノのファンで彼の曲のコピーもしている)。また、最近、セックス・ピストルズのグレン・マトロックは、彼らのヒット曲「God Save The Queen」は「Blueberry Hill」をピアノでいじっていた時に思いついたと明かした。

ファッツ・ドミノのパロディで有名になったのはアーネスト・エヴァンズで、チャビー・チェッカー(チャビーはファッツと同じく太っちょという意味で、さらにチェッカーはドミノのようなボードゲーム)という芸名で非常に成功した。

後年、ファッツは健康に問題を抱え、定収入もあったためあまりツアーには出ることがなかったが、彼のピンクのキャデラックでニューオリンズによく出没し、友人たちと楽しそうに食事をしたり、飲みに行っている。

偉大な音楽家の1人であるファッツ・ドミノよ、安らかに。

Oct 29 2017

北カリフォルニア山火事のチャリティコンサートにMetallica、G-Eazy、Dave Matthewsが参加

メタルの象徴的バンド、メタリカやラップのスーパースター、G-Eazy、ジャムバンドの大御所デイヴ・マシューズなどのサンフランシスコ、ベイエリアのミュージシャン達が11月9日にAT&T公演で開催される北カリフォルニア山火事へのチャリティコンサートに参加する。この山火事は現地では「ワインカウンティの山火事」と呼ばれ、サンフランシスコの北部で多くの人々に被害をもたらした。カリフォルニア州消防局によると、42名が死亡、8400棟の建物が全焼、24万5千エーカーの土地が被害に合い、10万人が避難しなければならなかった。ソノマのミッション・ハイランズ在住のメタリカのギタリスト、カーク・ハメットは、門前ギリギリまで火事が迫り、もう少しで家が焼けるところだったという。有名なワイナリーのシャトー・セント・ジーン、シノレロ、スタッグス・リープ、ホワイトロック・ヴァインヤードやストーリーブック・マウンテンなどを含む27軒のワイナリーが全焼ならずとも被害に合っている。

Oct 25 2017

The Rubinoosが11月に日本で公演

ザ・ルビナーズが11月日本に帰ってくる。

バークレーを根拠地として活動するパワー・ポップの伝説のバンド、ルビナーズは、最初に地元のビザークレー・レコードで録音したことで売れるようになった。このレーベルにはグレッグ・キン、ジョナサン・リッチマン、アースクエークなども所属していて、お互いに関わりあっている。ルビナーズは1977年に最初のヒット「I Think We’re Alone Now」(トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズのカバー)をリリース。次のヒットはオリジナルの「I Wanna Be Your Boyfriend」で、2007年にアヴリル・ラヴィーンが「Girlfriend」をリリースした際、あまりに似通っていたため注目され、人気が再燃した。ちなみにアヴリルはその後、彼らにコピー料を支払っている。彼らはアメリカ国内で精力的にツアーを行っていて、1979年にはエルヴィス・コステロの前座で56回のショーをこなし、ヨーロッパでもBBCのトップ・オブ・ザ・ポップスやザ・オールド・グレイ・ホイッスル・テストへの出演などを含む活動を行なっている。彼らの曲は『Revenge of the Nerds(ナーズの復讐)』や、トム・ハンクスの『Bachelor Party(独身SaYoNaRa! バチェラー・パーティ)』などの映画にも使われている。

11月2日の新宿レッドクロス、4日の京都拾得、5日の福岡キースフラック、そして8日の東京フィーバーで彼らに会えるだろう。

Oct 25 2017

Shelby Lynneと妹のAllison Moorerがアルバムを発表

シェルビー・リンと妹のアリソン・ムーアが共同で素晴らしいアルバム「Not Dark Yet」を発表した。ボブ・ディランの書いたタイトル曲に加え、マール・ハワードの「Silver Wings」、ニルヴァーナの「Lithium」、ザ・キラーズの「My List」などのカバーや、オリジナル曲も収録されている。シェルビーは彼女の成功を決めた1999年のアルバム『I Am Shelby Lynne』から着々とポップ、カントリーとソウルの間に立ち位置を確立し、現在は「アメリカーナ」と分類されるようになった。一方でアリソンはカントリー音楽でキャリアを積み、一時はカントリーのスター、スティーヴ・アールと結婚もしていた。また、女優としても活動し、映画『The Horse Whisperer(モンタナの風に吹かれて)」での演技は秀逸。

姉妹は酒飲みで母親に暴力を振るう父親を見て育っている。10代で母と共に父の元を逃げ出したが、父に発見され、母は殺され、父もその場で自殺した。

『Not Dark Yet』は2人にとって初めての共同アルバムとなる。

Oct 25 2017

Smashing PumpkinsのBilly Corganがソロの新譜を発表

現在ウィリアム・パトリック・コーガン名義で活動しているスマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンがリック・ルービンのプロデュースで新譜『Ogilala』を発売した。プロモーションのために数々のメディアに出演したコーガンだが、そのうちの1つで爬虫類の「シェイプシフター(変化するもの)」に出会ったという奇妙な体験について詳しく話した。この爬虫類の生き物は古くから地に住み、聖書ではアダムとイブの話に出てくる蛇と同じもの、悪魔の手先とされている。

また、彼は今月プロレスの会社、ナショナル・レスリング・アライアンスを購入した。これで彼の関わるプロレス会社は3社目となる。

Oct 18 2017

CuusheがDigital 21+Stefan Olsdalとアルバム『Inside』で共演

クーシュが、プロジェクト・グループのデジタル21+スティーファン・オルスダルと二曲のレコーディングを行った。デジタル21(本名ミグエル・ロペス・モラ)はスペイン、マドリード発のエレクトロニック音楽では人気のグループで、イギリスのバンド、プラセボのベーシスト兼ギタリスト、ステファン・オルスダルとフェスで出会って意気投合した。2人は共同で楽曲を制作、録音し、アイスランド発のバンドVokのマルグレット・ラン、中国のグループ、ノヴァ・ハートのヘレン・フェン、フランス/ドイツのユニット、サチエンヌのJulienne Dessagne、日本のクーシュなど、世界中のヴォーカリストとコラボレートしている。これらを集めたアルバム『Inside』はコバルト・ミュージック・レーベルからリリースされた。彼らは弦楽四重奏団と共に、プラセボの前座としてスペイン、ポルトガルからツアーを開始する予定だ。

Oct 18 2017

Papa Grows Funkがドキュメンタリーに

ニューオリンズのファンクバンド、パパ・グロウズ・ファンクが新たな音楽ドキュメンタリー『Do U Want It?』の題材として取り上げられた。制作者のジョシュ・フレーンドとサム・ラダツキーは2012年にニューオリンズに移住、当時かのメイプル・リーフ・バーで月曜日の演奏を担当していたバンドに惚れ込んだのだという。バンドが近い将来解散すると聞いて愕然とした2人は、パパ・グロウズ・ファンクの歴史を記録するということを決意。このバンドはジョージ・ポーター・ジュニアのバンドでベテランだったオルガン奏者のジョン・「パパ」・グロウが自分のための多彩なファンクバンドを結成したいと2000年に作ったもの。彼は日本人ギタリストのジューン・山岸、ベーシストのマーク・ペロ、サキソフォン奏者のジェイソン・ミングルドーフやドラマーのラッセル・バティスト・ジュニア(後に脱退、ジェフェリー・「ジェリービーン」・アレクサンダーが参加)を起用した。グロウのゴールは、ベター・ザン・エズラやギャラクティック、リヴァイヴァリスツのような全国的なバンドにパパ・グロウズ・ファンクを育てることだった。
ニューオリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテージ・フェスティバルのプロデューサー、クイント・デイヴィスは「パパ・グロウズ・ファンクはどんなフェスティバルで、世界中のどんなバンドと共演させたって目立つことができる」と絶賛する。しかし、時とともに、家族や住宅ローン、昼間の仕事など様々なプレッシャーによりバンドはうまくいかなくなっていく。アラン・トゥーサンとベター・ザン・エズラのトム・ドラモンドにプロデュースされた非常に素晴らしいアルバム『Needle In the Groove』も出版された。
Oct 18 2017

Steve EarleがHardly Strictly Bluegrassフェスに参加

先週サンフランシスコのゴールデンゲート・パークで例年通り開催された、非常に人気の高い無料の音楽フェス、ハードリー・ストリクトリー・ブルーグラスにスティーヴ・アールが参加した。その名前の示す通り、この音楽フェスでは、近年アメリカーナと呼ばれるようになったものに代表される様々なルーツ・ミュージックを楽しめる。

スティーヴ・アールはサンフランシスコ滞在中、他にもチャリティイベントに参加、ブルー・ベアー音楽学校のための資金を集めるなど活動した。このイベントではサプライズ・ゲストだった元グレイトフル・デッドのボブ・ウィアーと共演。ウィアーはチャリティイベントによく参加することで知られている。近年、彼はデッド&カンパニーの一員となり、オリジナルのデッド・ダブルドラマーやギターのジョン・マイヤー、ベースにはオールマン・ブラザーズのオテイル・バーブリッジ、キーボードのジェフ・キメンティと演奏している。

Oct 08 2017

Chris HillmanがTom Pettyプロデュースの新譜を発表

クリス・ヒルマンが、トム・ペティ監修による新譜『Bidin’ My Time』をリリースした。ヒルマンはアメリカーナ音楽のベテランで、ザ・バーズ、ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズ、マナッサスやデザート・ローズ・バンドの元メンバー。トム・ペティはデビュー当時よくザ・バーズと比べて批評され、本人もバーズを大きな影響があったと認めている。このアルバムにはトム・ペティのカバーソングである「Wildflowers」が含まれ、デヴィッド・クロスビーやハーブ・ぺダーセンがゲスト出演している。

Oct 08 2017

ジャズカルテットの新星HUDSON

ジャズの巨星が集った新たなカルテット、ハドソンのメンバーはドラマーのジャック・ディジョネット、ベーシストのラリー・グレナディア、キーボーディストのジョン・メデスキとギタリストのジョン・スコフィールド。彼らの故郷、ハドソン・リヴァー・ヴァレーから名前をとったインストゥルメンタル・パフォーマー達だ。そのエレクトロニック音楽のレパートリーはオリジナルの新曲から、クラシック・ロックの新解釈まで。アルバムにはボブ・ディラン、ザ・バンド、ジョニ・ミッチェルや、ジミ・ヘンドリクスの名曲が含まれる。

Oct 08 2017

Mark Guilianaジャズ・カルテット新譜をリリース

スーパー・ドラマーのマーク・ジュリアナが彼のジャズカルテットで新譜『Jersey』を発売。このアルバムには、デヴィッド・ボウイの「Where Are We Now?」のカバーも含まれる。ジュリアナは、ボウイ最後のアルバム『ブラックスター』に参加していた。

彼は他にも数々のプロジェクトに参加していて、主にホアン・アルデレッテ、マーズ・ヴォルタにバッファロー・ドーターのシュガー吉永と活動しているプログ・エレクトロニック・ロックバンドのヘイロー・オービット、ピアニストのブラッド・メルドーとの共演、ジャズシンガーで妻のグレッチェン・パルラトとの共演などが挙げられる。

Oct 06 2017

偉大なるTom Petty、死去

偉大なるトム・ペティが他界した。トム・ペティ&ハートブレーカーズは、元々はフロリダの出身だが、デビューアルバムはロサンゼルス、レオン・ラッセルとデニー・コーデルのシェルター・レコードで録音した。バンド名を冠したアルバムは1976年に発売され、ゆっくりとだが確実にファンを増やす。1977年の夏にはニルス・ロフグレンの前座としてイギリスツアーを行い、彼らの曲「Anything That’s Rock’n’Roll」はUKチャート24位になっている。アメリカでは、シェルターがリリースしたプロモ用EP『Official Live ‘Leg』がラジオ放送でそこそこの回数放送される。このEPは後にコレクターズアイテムとして人気になった。「Breakdown」というシングルはビルボードで40位につける。「American Girl」はFMでそれなりに放送されたが、チャートでは発売1年経っても55位止まり。1978年の新曲「You’re Gonna Get It」がその後23位となる。しかし、彼を本当のスーパースターにしたのはジミー・アイオヴィンがプロデュースした3枚目のアルバム『Damn The Torpedoes』で、300万枚以上売り上げ、チャート2位となった。その後、バンドは8億枚のアルバムを売り上げることになる。

ペティの初来日パフォーマンスは1980年4月22日で、読売ホールでのコンサートだった。1986年には、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズはボブ・ディランの前座兼バックバンドとして日本ツアーを行った。

ペティは同時にソングライターとしても知られている。彼の曲は、ジョニー・キャッシュ、グレース・ジョーンズ、リンダ・ロンシュタット、グレン・キャンベル、ジョン・メイヤー、ザ・ルミニアーズ、テイラー・スウィフトやスティーヴィー・ニックスにもカバーされている。

安らかに。

Oct 06 2017

Tak GotoのBehind the Shadow Drops、新譜をリリース

MonoのTakaakira ‘Tak’ Gotoのサイドプロジェクト、Behind the Shadow Dropsが新譜『Harmonic』を発売、10月のヨーロッパ16日ツアーと中国何ヶ所かでのライブ、またMonoと合流してオーストラリアで5日間のツアーを11月に行う予定。日本ではカルトバンド扱いのMonoだが、海外では、アメリカのレーベル、テンポラリー・レジデンスからのサポートによる、長期間の過酷なツアーを敢行していることから日本を代表するバンドとしてよく知られている。