Nov 08 2017

Israel Kamakawiwo’oleがベスト盤をリリース

 

『Somewhere Over the Rainbow:イズラエル・カマカヴィヴォオレのベスト』が発売になった。「What a Wonderful World」「White Sandy Beach of Hawai’i」「Opoe E」など多くの人気曲や、タイトル曲を含む。「Bruddah Iz」という愛称で知られている彼は音楽一家の出身で、初期には兄のスキッピーと共に「マカハ・サンズ・オブ・ニイハウ」というバンドでそれなりに成功している。彼の最初のソロアルバムは1990年代に発表された『Ka’Ano’i』で、「Over the Rainbow/What A Wonderful World」という彼をスーパースターに押し上げたメドレーが収録されている。また、アルバム『Facing Future』は未だにハワイアン音楽で一番売れたアルバムだ。

一族の皆のように過度の肥満だったイズは、一時340kgを超えたこともあり、健康に問題を抱えて38歳の若さで亡くなっている。1997年の死亡時には、彼を悼んでハワイの州旗が半旗掲揚となった。彼の音楽は時代を飛び越え、未だに世界中で人気を博している。

Nov 08 2017

Juan AldereteがMarilyn Mansonへ

ベテランのベーシスト、ホアン・アルデレッテが、長年ベーシストを勤めたジョージア・ホワイト(芸名トゥイッギー・ラミレス)がバンドを去ったマリリン・マンソンに参加した。ホアンは10代の頃スピード・メタルバンドのレーサーXでギタリストのポール・ギルバートとキャリアを開始。その後、スクリームでメジャーデビューを果たす。Deltron2020やキッド・コアラ、ディストーション・フェリックス、ジュリエット・ルイスなど多くのアーティストとコラボレーションし、日本ではB’zにゲストとして参加したり、自分のバンドVato Negroを立ち上げたり、最近はスーパーグループと言われるヘイロー・オービット(バッファロー・ドーターのシュガー吉永、ジャズ/ボウイのドラマーだったマーク・ジュリアナとのグループ)にも所属したが、最も有名なのはマーズ・ヴォルタに2003年から2012年の間所属していたことだろう。マーズ・ヴォルタのアルバム『The Bedlam in Goliath』はビルボードの3位につけ、その中の「Wax Simulacra」はグラミー賞を勝ち取った。アルデレッテは、他にも「ストンプ・ボックス」について立ち上げたウェブサイト<www.pedalsand effects.com>がよく知られている。

Nov 08 2017

Jack Johnsonが映画に触発された新譜を発表

ジャック・ジョンソンは北大西洋で航海中に、プラスチックの海洋汚染についてのドキュメンタリー『海のスモッグ(The Smog of The Sea)』の制作に関わった。この経験が、2013年以来の最新アルバム『All The Light Above It Too』のインスピレーションになったという。このアルバムのメイン曲「My Mind Is For Sale」はトランプ政権に対する反応をまとめたもの。他にも「Big Sur」というカリフォルニア州でも美しいことで有名だがまだ開発の進んでいないモンタレー・カウンティでのキャンプについての曲も収録されている。また、彼の多くのアルバムと同じく、ALOのキーボード奏者で、長年の友人であるザック・ギルがこのアルバムにも参加している。