Dec 20 2017

Fishbone が創設メンバーと新たなステージへ

フィッシュボーンは、1979年にロサンゼルスで結成されたパンク・ファンク・バンドだが、多くの変遷を経験している。初期の彼らは他のロサンゼルス発バンドよりも飛び抜けた存在で、レッド・ホット・チリ・ペッパーやノー・ダウトなどよりも活躍していた。初めはソニーと、のちにハリウッドと契約したが、メンバーが1人ずつ抜けていき、契約解除になる(その後戻ったメンバーもいる)。最悪の時期にはメンバーがカルト宗教に参加したため他のメンバーが奪い返しに行ったところ、誘拐罪に問われたこともあった。

様々な変化を乗り越えつつも、彼らのライブは常に騒々しいほど生気にあふれ、定期的に世界ツアーも行っていた。

現在、バンドはオリジナルメンバーから大きく変化し、創立メンバーのアンジェロ・ムーア(ヴォーカル)とジョン・ノーウッド・フィッシャー(ベース)、ダーティ・ウォルト・キビー(トランペット)が固定メンバーとして参加、またドラマーのフィリップ・『フィッシュ』・フィッシャー、ギターのジョン・ビンガムが長期不在ののち復活している。このバンドは毎年カリフォルニア州でクリスマスツアーを行っている。

Dec 20 2017

Keith Richardsのバースデイ

12月18日は、ローリング・ストーンズを共同結成したキース・リチャーズの誕生日だ。主にギタリストとして活動しつつ、「Happy」「Salt Of The Earth」「Connection」「You Got the Silver」「Little T&A」「Before They Make Me Run」などの曲で渋い声を生かしてヴォーカルとして活動し、「Memory Motel」ではミックと交代したりもしている。

Dec 20 2017

サックス奏者Ralph Carneyが他界

サックス奏者のラルフ・カーニーが61歳で他界した。カーニーは、オハイオ州アクロンをベースに活動したバンド、ティン・ヒューイで最初に知られるようになった。その後フリーの演奏者として活動しつつ、B-52’sやギャラクシー500、セント・ヴィンセント、マーク・リボー、エルヴィス・コステロ、ブラック・キーズ(このバンドには甥のパトリック・カーニーが所属している)などと活動。またことさら有名なのは、トム・ウェイツのアルバム『Rain Dogs』(1985年)、『Bone Machine』(1992年)、『Black Rider』(1993年)での演奏だ。ローラ・トーレルによるドキュメンタリー『This Is! Ralph Carney』は何年も前より制作中で、幾度かプレビューもしたものの、公式リリースはまだだという。