Jan 17 2018

St. Vincentがツアーを計画中

グラミー賞を受賞したセイント・ヴィンセントが、彼女の最新アルバム『MASSEDUCATION』のツアーを計画している。このツアーに、彼女は著名なジャズのヴォーカル/ギター・デュオのタック&パティである自分の叔父と叔母を前座として参加させる予定だ。タック&パティは1980年代にウィンダム・ヒル・レーベルからデビューし有名になった。セイント・ヴィンセントのアニーはタック&パティのローディーからキャリアを始め、彼らの前座として活動した。

Jan 17 2018

Umphrey’s McGeeが新譜を発売

アンフリーズ・マギーが最新アルバム『It’s Not Us』をリリースした。いつものようにキング・クリムゾン、トーキング・ヘッズ、ピンク・フロイドやフランク・ザッパの影響を独特なテイストで混ぜ合わせた素晴らしいアルバムで、スペシャル・ゲストのジョシュア・レッドマンが「Speak Up」という曲に参加している。

Jan 17 2018

Bo Peepがニューヨークの桜祭りでライブを

日本のガールズバンド、ボーピープがニューヨーク、ブルックリン植物園で4月28日に行われる桜祭りにてライブを行う。このバンドは九州で結成され、ダイナミックで攻撃的な演奏スタイルで多くのファンを獲得した。彼女達はサウス・バイ・サウスウエスト、イギリスのグレート・エスケープ、フジロックなどでも演奏している。

Jan 17 2018

John Gros、Papa Grows Funk後の活動

ニューオリンズをベースに活動する伝説的なキーボード・プレイヤー、ジョン・グロウはパパ・グロウズ・ファンクの創設者兼リーダーで、メイプル・リーフ・バーにて過去13年間レギュラー演奏していたことでも知られている。パパ・グロウズ・ファンクの解散後、パパ・ジョンは様々なグループのバックバンドとしてツアーに参加したり、自らのツアーを率いるなど音楽活動を続けていた。また、オリジナルのソロアルバム『River’s On Fire』を出版、これにはゲストとしてエリカ・フォールズ(ギャラクティック)やスーザン・カウスリップ、ヴィッキー・ピーターソン(バングルズ)などの歌手が参加した。現在、グロウは、リトル・フィートのキーボード奏者ビル・ペインがドゥービー・ブラザーズのキーボーディストとしてツアーに参加しているため、リトル・フィートの臨時キーボード・プレイヤーとしてジャマイカでライブを行なっている。ビル・ペインの推薦でグロウが参加したということだ。