Mar 23 2018

Fuji Rockのラインナップに追加

フジロックの素晴らしいラインナップ、ボブ・ディランにケンドリック・ラマー、マクシマム・ザ・ホルモン、ナード、ヴァンパイア・ウィークエンド、ジャック・ジョンソン、スクリレックスに新たな追加が発表された。追加メンバーにはフィッシュボーン、エレファント・カシマシ、パーケイ・コーツ、ストレイトナーに加え、ロサンゼルスのグラム・パンク、スタークロウラーが挙げられている。

Mar 23 2018

Green Day、地元での大きな影響

2016年のアルバム『Revolution Radio』以降アルバムを発表していないグリーン・デイだが、サンフランシスコの米エリアでは未だ大きな存在感を示している。地元のバンドを支え続け、最近はサクラメント高校のメロディック・パンク・バンド、デストロイ・ボーイズを助け、ドキュメンタリー『Turn It Around: The Story of East Bay Punk』のプロデュースを手がけている。マイク・バーントはレストラン・チェーンルディーズ・キャント・フェイルを部分所有、ビリー・ジョー・アームストロングはオークランドのギター店ブロークン・ギターズ(フォーティース・ストリート423番地)を所有している。このところ、グリーンデイのメンバーはアルバニーの音楽スポット、アイヴィー・ルームでカヴァー・アップスという名前で活動中だ。彼らの演奏曲にはリプレースメンツ、ナーヴス、ラモーンズ、アイロン・メイデン、ローリング・ストーンズ、プリムソールズ、トム・ペティ、デヴィッド・ボウイやダムドなどが含まれている。

Mar 23 2018

Angelique Kidjoが新譜を発表

アフリカの歌手、アンジェリーク・キジョーがトーキング・ヘッズのアルバム『Remain In Light』を再録、素晴らしいものに仕上げた。デヴィッド・バーンや他のヘッズメンバーは、以前ナイジェリアのフェラ・クティやアフリカ音楽の影響を語っている。キジョーはこのアルバムを、彼女が生まれた政情不安定なベニンから逃げた後、発売直後にパリで聞いた。キジョーは自分の歌詞やアレンジを加え、フェラ・クティのドラマー、トニー・アレンを起用、セッション・ベーシストのエース、ピノ・パラディーノ、ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・コーニグや他のトップ・プレイヤーやバック・シンガーとアルバムを制作。このアルバムは6月8日にクレーヴェンワークス・レコードから発売予定で、キジョーはライブなどですでに収録曲を披露している。

Mar 23 2018

訃報:マット・ダイク

プロデューサーでDJのマット・ダイクが55歳にて死去。ダイクはデリシャス・ヴァイナルを友人のマイク・ロスと共同で設立し、1980年代、トーン・ロックの「Wild Thing」やヤング・MCの「Bust a Move」などがヒットになり成功を掴む。この成功からマットはビースティ・ボーイズのアルバム『Paul’s Boutique』の制作に参加、アルバムの一部を自分のマンションで録音している。このサンプルを多用したアルバムはヒップホップの古典として知られるようになり、ダブル・プラチナアルバムとなる。その後、彼は音楽から身を引き、ドラッグに溺れるようになる。ダイクは1月に死亡していたそうだが、その死はつい最近まで公表されなかった。死因は明らかにされていない。

Mar 23 2018

Todd RundgrenがUtopiaを再結成、キーボードを募集中

トッド・ラングレンがユートピアを再結成し、ツアーへの予定を発表した。しかし、ツアー開始直前にキーボードのラルフ・シュケットが健康に問題ありとして脱落。トッドは現在、4月18日開始のツアーのためにキーボーディストのヴィデオ公募を行っている。

Mar 23 2018

Spotifyが上場準備中

スポティファイが上場に向けて準備中だと発表、190億ドルの初期評価額を準備しているという。市場を牽引するストリーミングの会社として、スポティファイはまだ大きな利益を上げるに至ってはいないが、2008年のサービス開始以来、世界のストリーミング市場を順調に引き上げ、北米やヨーロッパのマーケットの一部では、CD販売を上回る市場に育ててきた。CEOで共同創立者のダニエル・エクは個人所有の株式からも20億ドルを売り出すとしている。