May 25 2018

Tower of Power、50周年記念ライブを企画

タワー・オブ・パワーは音楽史にユニークな立ち位置を確立したバンドだ。彼らはその素晴らしいファンキーなサウンドを50年もの間世界に届けている。このバンドはカリフォルニア州サンフランシスコから湾を挟んだ労働者の町、オークランドで結成され、その結成当時からマルチ・レイシャル(人種の坩堝)で、ホーンセクションもある大所帯のためツアーにも中々出られず(ステージには毎回10人のミュージシャンが常駐している)、チャートヒットも少ない(トップ40に入った曲がわずか3曲、トップ10はない)。通常のバンドであれば、メインヴォーカルの脱退、変更はバンドの危機となるが、タワー・オブ・パワーは少なくとも1ダースはヴォーカルを変えているし、人気も増えたり減ったりしているが、ライブバンドとしての人気は常に高く、世界中で売れっ子である。実際、メンバーもよく脱退しては再参加していて、バンドに最初からずっとコンスタントにいるのは金管のエミリオ・カスティーヨとドック・クプカの2人だけだ。バンド結成50周年を記念して、彼らはホームタウンのオークランドで、6月1日と2日、2回の録画公演を予定している。これにはバンドの卒業生もゲストとして参加予定で、サプライズも企画されているらしい。また、彼らは10年ぶりの新アルバム『Soul Side of Town』も6月1日に発売する予定だ。

May 25 2018

Slightly Stoopidが新譜を7月に発売

カリフォルニア州サンディエゴにルーツを持つレゲエ・ロックバンド、スライトリー・ストゥーピッドが7月13日に新アルバム『Everyday Life, Everyday People』を発売予定だ。このアルバムにはゲストとしてアリ・キャンベル(UB40)、G.ラヴ、チャーリー・ツナ(ジェラシック5)、イエローマンやスライ・ダンバーが参加している。

May 25 2018

Halie Lorenの新譜が好評

ヘイリー・ロレンの新アルバム『From the Wild Sky』が好評だ。特に、「How To Dismantle a Life」という失恋をアップビートに歌ったもの、気持ち良く聴ける「Well-Loved Woman」は非常に高い評価を得ている。このアルバムはクラウドファンディングのキックスターターで資金を集め、ロンドンとニューヨークでグレゴリー・ポーター、ローラ・マヴーラやジェイミー・カラムを手がけたブリット・トロイ・ミラーがプロデュースしてレコーディングされている。ヘイリーは日本でも公演予定があり、7月14日から17日のコットンクラブ、7月18日はビルボードライブ大阪、7月19日に名古屋ブルーノートが決定している。その後はソウル、ロンドンと移動する予定。

May 09 2018

SpongeBobのミュージカルがトニーにノミネート

ケーブルテレビ局のニコロデオンが、今までに11シーズンを放映し、映画化して大成功、更にミュージカルとして大人気を博したアニメ「スポンジ・ボブ」。このミュージカルはベスト・ミュージカルとベスト・ミュージカル曲を含む12のトニー賞にノミネートされた。オリジナル・キャストによる録音盤は、シンディ・ローパー、フレーミング・リップス、エアロスミスのスティーヴン・テイラーとジョー・ペリー、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ等の曲を含む。

May 09 2018

Tower of Powerがオークランドで50周年を祝う

May 09 2018

Joey Ramone Bashが19日に開催

毎年行われるラモーンズのヴォーカリスト、ジョーイ・ラモーンの生誕祭「ジョーイ・ラモーン・バッシュ」が5月19日にニューヨークで開催される。ジョーイの兄弟ミッキー・リーも演奏者に名を連ね、ラモーンズのリッチーやCJも今年40周年になる『Road to Ruin』アルバムから演奏する予定。このイベントはジョーイの命を奪った悪性リンパ腫のリサーチのためのチャリティーでもある。

May 09 2018

Neil YoungがCrazy Horseを復活

秘密に満ちた活動を続けいているニール・ヤングが、この度突然彼のバンド、クレージー・ホースを復活させた。このバンドはベースのビリー・タルボット、ドラムのラルフ・モリーナと多重奏者のニルス・ロフグレンで構成されている。ニールは特にリハーサルなどはしないと明言し、現在のところ、フレズノやベーカーズフィールドなど、カリフォルニア州でも中規模程度の街でしかライブの予告なども行なっていない。最初のライブではよく知られていない曲を多く演奏しつつ、「Cinnamon Girl」「Like a Hurricane」や「Don’t Cry No Tears」などの人気曲、『After the Gold Rush』からのトラック(18歳のニルス・ロフグレンがピアノを弾いていたもの)も演奏。

このところニールはプロミス・オブ・ザ・リアルというウィリー・ネルソンの息子たちのバンドと活動をしていて、今年後半までライブが決まっている。また、彼は音楽フィルム「Paradox」をプロミス・オブ・ザ・リアルと制作。ニールの恋人で女優のダリル・ハンナが監督をしている。

May 09 2018

Charles Neville、癌で他界

サックス奏者のチャールズ・ネヴィルが膵癌の為79歳でこの世を去った。チャールズは1956年から1958年の間海軍に参加、メンフィスに駐屯中、後に一緒に長期ツアーをすることになるBBキングとボビー・”ブルー”・ブランドに出会う。チャールズはその後、ラリー・ウィリアムズのニューオリンズのバンドに参加。ウィリアムズはハードな麻薬、窃盗や女衒などと関係が深かったが、それでもビートルズやストーンズにカバーされるようなヒット曲を作っていた。1963年にチャールズ・ネヴィルはマリファナのジョイントを2本所有していた罪で3年間収監される。刑務所で服役中、熱心に音楽の勉強をし、ジェームズ・ブッカーやジェームズ・ブラックなど、他の収監されていたミュージシャンたちと演奏した。刑務所を出た後、ジョニー・テイラーやクラランス・カーター等と演奏し、1977年にはネヴィル・ブラザーズ・バンドを結成。兄弟のアーロン(ヴォーカル)、アート(キーボード。彼はそれ以前にミーターズというバンドの共同創設者だった)、シリル(パーカッション)とのバンドだった。ネヴィル・ブラザーズはそこそこの人気があったが、チャートでの大ヒットは無い。しかし、他のミュージシャンからは生粋のニューオリンズ音楽一族として有名。チャールズの娘、シャーメイン・ネヴィルも評価の高い歌手で、彼女のデビュー曲「It’s About Time」は日本でも人気だった。アーロンの息子、イヴァンはキーボード奏者で、人気のファンクバンド、ダムスタファンクを率いてアートの曲を歌い、このバンドでは従兄弟のイアンがギターを弾いている。