Aug 21 2018

スーパースターAretha Franklin、逝去

18個のグラミー賞を受賞した歌うスーパースター、アレサ・フランクリンが、76歳で癌との戦いの後、他界した。アレサはメンフィス生まれで、主に’歌う牧師’として有名だった父親C.L.フランクリンに育てられた。彼の友人にはマーティン・ルーサー・キング、サム・クック、ジャッキー・ウィルソン、メイヴィス・ステイプルスや、マヘリア・ジャクソンがいる。子供の頃のアレサは教会で歌っていて、その頃すでにキリスト教レーベルからアルバムを1枚出している。1960年、父親がマネージメントをしていた時に彼女はコロムビアと契約、続けざまに宗教とは関係のないジャズ、ブルース、R&Bテイストのアルバムをリリースしたが、6年の間大した成果がなかった。1966年に彼女はアトランティックと契約、プロデューサーのジェリー・ウェクスラーがアラバマ州のマッスル・ショールズで録音を担当。より煌びやかで男らしいサウンドに支えられ、彼女はトレードマークのゴスペルの影響があるR&Bサウンドを獲得し「I Never Loved a Man(The Way I Loved You)」「Baby I Love You」「Chain of Fools」「Think」、そしてもっとも著名な「Respect」など、数々のヒットを飛ばすようになる。これらの曲はオーティス・レディングが作ったものをアレサが編曲し、歌詞も少し変えて、タイトルを一文字ずつ歌ったコーラスを入れ、賛美歌のようにしたものだ。プロデューサーのウェクスラーがアトランティックを去ると彼女のヒットは減り、1980年には社長のクライヴ・デイヴィスの強い希望によりアリスタと契約。この時点で彼女のキャリアは映画『ブルース・ブラザーズ』に出演したことから上向きになっていた。アリスタからの2枚目のアルバム『Who’s Zoomin’ Who?』で彼女はチャートのトップ40に返り咲き、これはプラチナアルバムとなる。彼女はジミー・カーター、ビル・クリントン、バラク・オバマの3人の大統領就任式で歌い、マーティン・ルーサー・キングの葬式でも歌っている。しかし、彼女の人生はおとぎ話のような幸せなものではなかった。彼女の両親は幼い頃に別居し、母は10歳の頃に亡くなった。彼女が最初に出産したのは12歳の時で、その後4人の息子を持つが、父親は全て違い、結婚はその内の1人としかしていない。彼女は家庭内暴力の被害者で、男たちにはキャリアの邪魔もされている。また、彼女は飛行機に対する恐怖症を発症し、ツアー活動にも影響が出た。アレサは体重を維持することができず、太ったり痩せたりを繰り返していた。喫煙と飲酒の問題もあった。彼女は公民権運動にも関わり、公表せずに彼女の信じる運動をする団体に寄付もしている。2011年から彼女の伝記映画も企画され、ジェニファー・ハドソンがアレサ役として抜擢されている。アレサへのトリビュート・ライブが11月14日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで企画されている。

世界に一人の「ソウルの女王」、安らかに。

Aug 21 2018

映画『Crazy Rich Asians』が大評判に

ケヴィン・クワンの小説を映画化した『Crazy Rich Asians』が今年1番の評判をよんでいる。この映画は若い中国系アメリカ人のカップルがシンガポールに旅行し、それぞれの家族と人生を考える。この映画にはミシェール・ヨーやコンスタンス・ウーなど多くの中国人スターや韓国系アメリカ人のラッパー、オークワフィナ、また日本生まれの英国人女優ソノヤ・ミズノも出演している。

Aug 21 2018

Jah Cureが新譜『Royal Soldier』を発表

レゲエ界「ラヴァーズ・ロックの王」ジャー・キュアが、新譜『Royal Soldier』を9月から10月の間にVPレコードからリリースする。彼の前作『The Cure』は2015年にグラミー賞のベスト・レゲエ・アルバムにノミネートされた。このアルバムには素晴らしいオリジナル曲と共にジョン・レジェンドのロマンティックな「All of Me」のカバーも含まれていた。ジャー・キュアはヨーロッパでは頻繁にツアーを行うが、日本には2013年のツアーで1度訪ねたのみ。日本のファンは彼の新アルバムのツアーでまた日本にきてくれることを期待している。

Aug 21 2018

Haruomi Hosonoのアルバムがアメリカのレーベルで再出版に

ライト・イン・ザ・アティックは北米で著名な再発行レーベルだが、この度そこから細野晴臣のアルバム5枚が再発になった。細野はアメリカではマニアックなファンを獲得しているが、ハッピーエンドやイエローマジックオーケストラとの関わりや、ビル・ネルソン、ジェームズ・ブラウンやリトル・フィートとの関係、またゲーム音楽など様々な方面から知られている。

Aug 21 2018

Marty Balinがニューヨークの病院を提訴

ジェファーソン・エアプレーンの結成メンバー兼ヴォーカリストの、76歳になるマーティ・バリンが、ニューヨークの病院を相手取って裁判を起こした。彼が緊急で受けた心臓手術での合併症が元で、舌の一部を切除され、声帯の麻痺と親指1本の切除を余儀なくされたため。バリンはツアーの最中に病院に搬送され、心臓のトリプル・バイパス手術を受けた際に病院側が過失によりこの合併症を引き起こしたと主張している。

Aug 21 2018

Kikagaku Moyoが9月に北米ツアーを開始

北米を席巻中の日本のサイケデリック・バンド幾何学模様だが、長いツアーに次ぐツアーを経て、もう一つツアーのために北米に帰ってきた。長期のヨーロッパ・ツアーを終え、2018年の北米ツアーは9月28日にシカゴで開始し、10月28日のトロントで終了するまで25回のショーを行う予定。

Aug 09 2018

伝説の赤坂ナイトクラブがヒストリー・チャンネルに

ヒストリー・チャンネルが、伝説的な赤坂のナイトクラブ、ニューラテンクオーターと、そのオーナーでマネージャーだった山本信太郎について素晴らしいドキュメンタリーを製作した。このナイトクラブには世界のスターが多く出演、ナット・キング・コール、トニー・ベネット、レイ・チャールズ、ジュリー・ロンドン、コニー・フランシス、ジェイン・マンスフィールド、ミルス・ブラザーズ、ルイ・アームストロング、ジェームズ・ブラウン、スプリームスはその例にすぎない。このクラブは1959年から1989年の間営業。今回のドキュメンタリーには、アーティストがこのクラブで行ったライブ・レコーディングも含まれている。このナイトクラブはアジアでも特殊で、世界的なスターやビジネスマンが日本のエリートと交流し、ヤクザや他の特殊な人々もたむろしていた。また、1963年12月3日、ここでヤクザによるプロレスラーの力道山の刺傷事件が起きた事でもよく知られているが、詳細については決着していない(医療事故の疑いや、CIAによる介入の噂がある)。この番組は9月28日放映予定だ。

Aug 09 2018

Sakamoto Ryuichiのプレイリストが話題に

時代を反映するプレイリストが話題になっている。最近の事だが、坂本龍一がニューヨークでレストランに入ったところ、そこの食事は気に入ったが、BGMに我慢ができず、彼の作ったプレイリストをこのレストランに贈ったという。このプレイリストには自分の曲は1曲も含まれておらず、またクリストファー・ウィリッツ、テイラー・デュープリー、アルヴァ・ノトやフェネスら彼の共同制作者たちの曲もなく、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーを何曲か、ブライアン・イーノ、ゴールドムンド、エイフェックス・ツイン、チリー・ゴンザレス、ニルス・フラームやビル・エヴァンズが含まれていたという。坂本龍一本人は特にこのプレイリストについて語ることはなかったが、噂は広まり、ニュースにもなったことから、ニューヨークの寿司屋カジツへの興味が高まっている。

Aug 09 2018

Moliceが新譜発売のためにクラウドファンディングを開始

日本のオルタナ・ロックバンドで、この夏北米で35以上のライブを行ったモリスはいよいよ好調だ。また、キックスターターにて新譜『Gate』のための資金集めを開始。このアルバムは、グー・グー・ドールズのロビー・テイキャックがプロデュースしてレコーディングされている。

Aug 09 2018

Trombone Shortyがニューオリンズバンドとツアーへ

トロンボーン・ショーティがニューオリンズの大人気バンド、ギャラクティック、プリザベーション・ホール・ジャズ・バンドや、スペシャルゲストのシリル・ネヴィル、カーミット・ラッフィンズにウォルター・”ウルフマン”・ワシントンと「Voodoo Threauxdown」と銘打って全米ツアーを開催。9月21日のコロラド州レッド・ロックスでのギグも含まれる。

 

Aug 09 2018

Maria Muldaurが5年ぶりのアルバムをリリース予定

初期のヒットである「Midnight at the Oasis」「Don’t You Feel My Leg」や、素晴らしいボブ・ディランのカバーで知られるマリア・マルダーが5年ぶりにアルバムをリリースする。9月28日発売予定のアルバムは、ニューオリンズの香りのするセクシーな曲のミックスで、「Don’t You Feel My Leg」も手がけたブルースの偉人ブルー・ル・バーカーによる曲だ。彼女はアルバム発売を期して、レッド・ホット・ブルースマン・バンドをバックにツアーを開催する予定。

Aug 07 2018

朝霧JAMのラインナップが発表に

今年の10月6日、7日に開催される朝霧JAMのラインナップが発表され、ボアダムス、CHAI(フジロックで素晴らしいステージを披露した)、ジョン・バトラー・トリオ、マウス・オン・ザ・キーズ、ユア・ソング・イズ・グッド、ヨ・ラ・テンゴが含まれることがわかった。

Aug 07 2018

Halie Lorenの新譜ツアーが終了

ヘイリー・ロレンの新アルバム『From the Wild Skies』を冠したツアーが、日本、韓国の後のロンドン、パリでのライブも含めて終了した。このアルバムはほぼ全曲ロレンのオリジナルで構成されていて「How To Dismantle a Life」や「Well-Loved Woman」も収録されている。

Aug 07 2018

Joan Jettのドキュメンタリーが公開へ

ジョーン・ジェットを描いた待望のドキュメンタリー映画『Bad Reputation』が公開される。本名ジョーン・マリー・ラーキンの彼女は南カリフォルニアで育ち、14歳でギターを始めた。両親の離婚後、彼女は母の姓をとってジョーン・ジェットとなる。イギリス音楽に傾倒し、グラムロックやパンクの大ファンだった彼女はロドニー・ビンゲンハイマーのイングリッシュ・ディスコに入り浸り、同世代の音楽ファンと出会い、10代のガールズバンド、ザ・ランナウェイズを結成する。ロックファンに愛されつつも音楽評論家から嫌われ、ランナウェイズはオリジナルアルバムは2枚しか契約解消前に作ることはできなかった。また、ランナウェイズでの人気にも関わらず、ジェットのマネージャーが彼女のソロデビューのために奔走するも、レコード会社からは拒否される。結果、彼女とマネージャーは自分たちでブラックハーツ・レーベルを立ち上げることとなった。ジョーンは英国ツアーでテレビを見た際に気に入ったザ・アローズの「I Love Rock’n’Roll」(アラン・メリル共同作曲、彼は当時日本でもアイドル状態で渡辺プロダクションと契約もしていた。母は著名なジャズシンガーのヘレン・メリル)という曲をカバーする。オリジナルは1982年の全米ナンバーワンを7週連続獲得したジョーン・ジェットによるカバーと比べると精彩を欠く。ここから、彼女の素晴らしく、様々な挑戦に溢れたソロ活動が始まったのだ。

Aug 07 2018

John Coltaneのドキュメンタリーが評判に

徐々に評判になってきたのは、かの有名なジョン・コルトレーンのドキュメンタリー『Chasing Trane』だ。監督は『Peace Bed:The U.S. vs. John Lennon』を手がけたジョン・シェインフェルド。この映画は数々のフィルム・フェスティバルに参加し、多くの賞も獲得している。映画はコルトレーンの人生とその時代を映し出し、コルトレーンの音楽に溢れている。また、ナレーションはデンゼル・ワシントンが務める。