Aug 26 2018

Slightly Stoopidがレゲエチャートトップを獲得

南カリフォルニア発のレゲエ・ロックバンド、スライトリー・ストゥーピッドが9枚目のスタジオアルバム「Everyday Life, Everyday People」をリリース、初めてビルボードのレゲエ・チャートで1位を獲得した。このアルバムはバンドが主宰するストゥーピッド・レコード・レーベルからリリース、メインチャートでも60位にランクイン。ゲスト参加したのはUB40のアリ・キャンベル(ピーター・トッシュ「Legalize It」のカバーに参加)、ドン・カルロス、イエローマン、イタリアのレゲエ・スター、アルボロジーや、ブルース、ロックのシンガーG.ラヴなど。前作が、強く影響を受けたサブライムばりにパンクロックの爆発的な音を含んでいたのに対し、今作は、様々な影響が含まれるもののよりピュアなレゲエ・サウンドとなり、夏の1枚として完璧なアルバムになっている。

Aug 26 2018

Lynyrd SkynyrdのEd Kingが癌で他界

レーナード・スキナードのソングライター兼ギタリスト、エド・キングは癌と闘病の末、68歳で他界した。

ミュージシャンとしてのキャリアを開始した当初、キングは1967年に「Incense and Pepermints」というヒットソングを飛ばしたストロベリー・アラーム・クロックというサイケデリック・ポップ・バンドに所属していた。その後、彼はストロベリー・アラーム・クロックの前座で登場した新進バンド、レーナード・スキナードと出会う。スキナードのベーシスト、レオン・ウィルクソンが1972年に短期間バンドを抜けた際キングはスキナードに誘われ、ウィルクソンは戻ってギターに転向、スキナードの象徴だったトリプル・ギター・アタック・サウンドが完成した。キングは最初の3枚のアルバム制作の間バンドに在籍。「Sweet Home Alabama」「Workin’ for MCA」や「Saturday Night Special」などのヒットを共作。しかし、1976年にスキナードのめちゃくちゃなツアースタイルに疲弊してバンドから離脱、替わりにスティーブ・ゲインズが参加したが、ゲインズはヴォーカルのロニー・ヴァン・ザントと1977年10月20日の悲劇的な飛行機事故で亡くなっている。スキナードが1987年に再結成した際はキングも参加し、1996年に心臓のトラブルで離脱(その後2011年に移植手術を受けた)するまで行動を共にした。

 

Aug 26 2018

Aretha Franklinを送る会はデトロイトで開催

アレサ・フランクリンの家族と友人のみ列席の葬儀は8月31日に予定されているが、デトロイトのチャールズ・H・ライト・アフリカ系アメリカ人歴史博物館にて8月28日と29日、送る会が予定されている。葬儀にて歌う予定の歌手はスティービー・ワンダー、ジェニファー・ハドソン、チャカ・カーン、ロン・アイズリー、フェイス・ヒル、シャーリー・シーザー、ジェニファー・ホリデーを含むと発表されている。