Sep 09 2018

レゲエのAddis Pabloが新EPを発売

レゲエ・マスターでメロディカ(鍵盤ハーモニカ)奏者のオーガスタス・パブロの息子、アディス・パブロが新EP『Majestic Melodies』を発売した。彼の非常にチャーミングなデビュー・アルバムは『In My Father’s House』で、父親のサウンドに忠実に作られている。今度の新譜は同じように鍵盤ハーモニカをベースにしたメロウなものだが、よりモダンなビートを効かせ、トラック「From Morning」のゲストとしてヴォーカリストのシャニーク・マリーを起用している。

Sep 09 2018

少年ナイフが北米ツアーを開始

少年ナイフが何度目かになる北米ツアー『Alive! In the USA Tour』を開始した。最初のライブは彼女達のアメリカでのレーベル本部があるバッファローのグッド・キャラメルで開催され、同時に同じレーベルに所属している日本のロック・グループ、モリス(今夏北米で40を越えるライブを行った)が演奏した。少年ナイフは1980年代に北米で活動を開始、初期のライブにはカート・コバーンも観客として参加、1991年にはツアーに招待した。その後彼らは続けて国際ツアーを行っている。

Sep 09 2018

ジャズピアニストのランディ・ワトソン他界

尊敬されるジャズピアニストのランディ・ワトソンが92歳で他界した。死因は未だ不明。ワトソンはアーティストであり教育者、そして永遠の求道者でもあった。彼はそのキャリアを通じてブルースやジャズのアフリカのルーツを調査し続けた。また、多くの大学で教鞭を取った。デューク・エリントンやセロニアス・モンクに強く影響を受け、自作の曲に加えて二人のためのトリビュート・アルバムも録音している。1973年には『Tanjah』で、1995年には『The Splendid Master Gnawa Musicians or Morocco』でグラミー賞を受賞した。