Oct 17 2018

Lazy Guns Brisky がニューシングルをリリース

レイジー・ガンズ・ブリスキーがニューシングル「Hello Again」をリリースした。この女性オンリーのインディーズ・ロックバンドは2006年にメンバー全員が高校生の時に結成され、すぐに国内外で多くのファンを獲得する。しかし、全てがうまく行き始めたように思えたときに一度解散。現在は再結成され、さらに力強くなって現在ヨーロッパツアーを敢行中だ。

Oct 17 2018

Live Nationがニューオリンズに新たなライブハウスをオープン

イベントプロモート会社のライブ・ネーションが、ニューオリンズのハラーズ・カジノに新たなライブハウス「The Fillmore」をオープンする。最初のライブは2月で、ザ・フー・ファイターズがこけら落としとなる。チケットは269ドル50セントにサービス料がつくものが最安。1969年のザ・フィルモア・イーストで行われたレッド・ツェッペリンのライブチケット代は3ドル、4ドル、5ドルだった。

Oct 17 2018

NBAシーズン到来

アメリカのプロバスケリーグ、NBAのシーズンが始まろうとしている。今年、ファンの興味はゴールデン・ステート・ウォリアーズが3年連続の優勝を獲得できるかに集中している。NBAの大ファンであるドレイクは「Thank Me Now」で「スポーツと音楽っていうのはこんなに似ている/俺たちはあいつらになりたいし、あいつらは俺たちになりたいんだ」と言っている。

ミュージシャンの多くがバスケファンで、プロバスケのコート近くではセレブ・ミュージシャンをよく見かける。実際、バスケチームの部分所有権を持っているミュージシャンもいる。アッシャーはクリーヴランド・キャヴァリエズ、ウィル・スミスはフィラデルフィア・セヴンティ・シクサーズ、ジャスティン・ティンバーレイクはメンフィス・グリズリーズの部分所有権を保持している。ネリーとジェイ・Zは元オーナーだ。トニー・パーカー、コービー・ブライアント、シャキール・オニール、アレン・アイヴァーソン、ケヴィン・デュラント、デイミアン・リラードやイマン・シャンパートなど、数多くのNBA選手もラップ音楽を出版している。