Nov 27 2018

Na Palapalaiの新譜が制作中

ナー・パラパライの新譜『Back to the Patch』が制作中だが、リリース時期は未定だ。このグループのメンバー、クアナ・トレス・カヘレは現在日本で7日間ライブツアーを(素晴らしいスペシャルゲスト、ケハウ・タムレと共に)敢行中で、他にも12月に「Winter Wonderland」と銘打ってライブを行う予定だという。

Nov 27 2018

Perry Farrellが2019年にソロアルバムを発表予定

ペリー・ファレルが2019年に新たなソロアルバム『Kind Heaven』を発表する。彼はラスベガスで彼の言うところの「没入型エンターテイメント」をするためのレジデンシー・プログラムの予定もあるという。これが正確に何を意味するのかはまだはっきりしないが、カインド・ヘヴンのメンバーにはドラムにマット・チャンバーレイン、ジェインズ・アディクションのベーシスト、クリス・チェイニーや、キーボードにマット・ロードやギターにニック・マーベリーがいる。アルバムのゲストとして決定しているのはモトリー・クルーのトミー・リー、フー・ファイターズのテイラー・ホーキンズやジョージ・ハリソンの息子のダーニ・ハリソン。このアルバムは、ペリー・ファレルにとっては2001年以来で、プロデューサーはデイヴィッド・ボウイ、T .レックスやアンジェリーク・キジョーとの仕事で知られるトニー・ヴィスコンティだ。

Nov 27 2018

Kacey Musgravesがカントリー・ミュージック・アワードで受賞

今年フジロックで演奏したケイシー・マスグレイヴスだが、今年のカントリー・ミュージック・アワードの「今年のアルバム」賞を、彼女の『Golden Hour』が受賞した。この受賞は、様々な面から評価されている。まず、ラジオで聴けるカントリー音楽は男性シンガーが非常に強く、とある情報によると、女性アーティストの曲はラジオでは10%ほどしか流れないという。今年、彼女以外の4人の候補者はすべて男性で、ラジオでも彼女よりはるかに多く取り上げられてきた。また、ケイシーのアルバムは厳密にはカントリーのみではなく、ポップやエレクトロニックの影響が大きい。

ケイシー・マスグレイヴス、受賞おめでとう。また、彼女の幅広い活躍に気づいたスマッシュ、おめでとう。