Dec 04 2018

GalacticがニューオリンズのTipitina’sを購入

いくつかの情報によると、ニューオリンズのファンクバンド、ギャラクティックがニューオリンズのアップタウンに位置するライブハウス、ティピティーナズを購入したらしい。ティピティーナズが最初にオープンしたのは1977年、プロフェッサー・ロングヘアのファンがすでに開業していたクラブを買い取り、プロフェッサー・ロングヘアの曲から名前をもらった。以降、このライブハウスは何度かの変遷を経て1984年には一度閉店。現在は問題のある不動産屋のローランド・フォン・カーナトウスキー(現在不動産以外のビジネスに関連する問題で訴訟を起こされている)が持ち主だった。プロフェッサー・ロングヘアやギャラクティックだけでなく、ザ・ネヴィル・ブラザーズ、ザ・ミーターズ、ドクター・ジョン、トロンボーン・ショーティやラジエーターズなど、ニューオリンズのトップミュージシャンの多くがここで演奏している。ギャラクティックは未だティピティーナズの購入を公表していないが、彼らの新アルバム『Already Ready Already』が2月7日に発売になる事、また2月に全米ツアーを開始することを発表している。

Dec 04 2018

3月にRyuichi Sakamotoも参加の原子力反対コンサートが開催

2019年3月23日、24日にNo Nukes(原子力反対)コンサートが予定され、坂本龍一、アジアン・カンフー・ジェネレーション、アシッドマン、ザ・ハイエイタスやブレーメンなど、トップアーティストが参加予定。最初のNo Nukesコンサートは1979年にマディソン・スクエア・ガーデンで開催され、ジャクソン・ブラウン、ボニー・レイットやグラハム・ナッシュが主催者に混じって演奏した。それ以降もNo Nukesの活動は不定期に続けられた。日本人アーティストの多くは政治的な立ち位置を明確にしないが、RCサクセションは1988年に非常に有名になったエディ・コクランの「サマータイム・ブルース」に日本語で歌詞をつけた反核ソングを録音している。東芝EMIは、親会社の東芝が原子力発電に多額の投資をしていることからこのアルバムの発売を拒否。しかし、後にRCサクセションの『Covers』アルバムは発売され、大ヒットとなった。日本で最初のNo Nukesイベントは福島原発のメルトダウンとその後起こった環境危機に際し、2012年に開催された。東京電力の緩い危機管理や政府が問題を隠蔽しようとしたことにより、多くの人がより心配や怒りを深めることになった。来年のイベントに参加のミュージシャンと、多くの企業利益よりも公共の安全を大切にする人に感謝したい。

Dec 04 2018

Mark Knopflerが3年ぶりのアルバムを発売

マーク・ノップラーが3年ぶりにソロアルバム『Down the Road Wherever』をリリースした。プリテンダーズ、ジョン・メイヤーやポール・マッカートニーとプレイしていたロビー・マッキントッシュも、金管やフィドル、フルートや口笛奏者たちと登場する。ジェフ・ベックの協力者かつソロプレイヤーとして活躍中のイメルダ・メイもバック・コーラスとして参加している。