Dec 23 2018

Moliceが北米で60ヶ所ツアーを敢行、幾何学模様も

日本のオルタナ・ロックバンド、モーリスがアメリカでライブ回数60回を超え、来年も続けて北米ツアーを行う予定だ。彼らのアルバム『Gate』はアメリカのグッド・キャラメルからリリースされた。グー・グー・ドールズのロビー・テイキャックがプロデュースし、日本でも人気だったトラック「Romancer」「Hole」「Headphone」も含まれている。同じように、日本のサイケデリック・ロックの幾何学模様も国際ツアーを敢行し、アメリカだけでも今年46公演(カナダでも何度か)行っていて、ヨーロッパにも2ヶ月、また来年初頭にアメリカに戻る。彼らのライブもいくつかは既にソールドアウトとなっている。

Dec 23 2018

Kacey Musgravesのアルバムツアーが大好評

ケイシー・マスグレイヴスの『Golden Hour』のアルバムツアーが米国内でカントリー・ポップからオルタナティヴの観客まで魅了するスマッシュヒットとなっている。

このアルバムはアップル・ミュージック、エンターテイメント・ウィークリー、ステレオガムなどの他、カントリー音楽に関係ないアソシエイテッド・プレス、ビルボード、ノイジー、ザ・インディペンデント、ローリング・ストーンやピッチフォークなどでも2018年の1位とされている。このアルバムはラジオなどではあまり放送されなかったにもかかわらずビルボードのカントリー音楽で1位を獲得、メイン・チャートでも4位につけた。もしまだ試聴されていないようならぜひ「Butterflies」や「Space Cowboy」などの曲をお試しあれ。

Dec 23 2018

Gregg Allmanのバースデイ・トリビュート

2年目になるグレッグ・オールマンのバースデイ・トリビュートがサンフランシスコのフィルモアでオールマン・ファミリー・リバイバルとして祝われた。グレッグの息子、デヴォン・オールマン、デュアン・ベッツ(ディッキーの息子)、ベリー・オークリー・Jr、アレックス・オービソン(ロイの息子)、ウェット・ウィリーのシンガー、ジミー・ホール、G.ラヴやノース・ミシシッピ・オールスターズのルーサー&コーディ・ディキンソンなどが参加している。

Dec 23 2018

RunawaysのベーシストJackie Foxがクイズ番組で8万7千ドル獲得

元ランナウェイズのベーシストで本名のジャッキー・フックスでエンターテイメント業界の弁護士として活動しているジャッキー・フォックスだが、現在トリビア・クイズ番組の「ジャパディー」で4日連続首位を獲得、8万7千ドル勝ち越している。2015年、彼女は当時死去していたプロデューサーのキム・フォーリーに1977年の新年のパーティで、クエールード(日本ではメタカロンで知られる鎮静催眠薬)を摂取した後レイプされたと主張している。彼女はこの体験を話す際、カメラの前で取り乱さずに秘密を話せたことを自分で評価している。フォックスは1977年の日本ツアー中に、異説ある状況の最中、ランナウェイズを脱退。

一方、メンバーのリタ・フォードは近年ランナウェイズの再結成について公言していて、ジョーン・ジェットのマネージャーがそれを阻止していると話している。リタとの諍いで脱退したシェリー・カーリーは最近リタとコラボレーションをしている。オリジナルのドラマー、サンディ・ウエストは2006年に肺ガンで死去。

Dec 23 2018

Bob Dylanがオリジナルのウイスキーブランドを

アルコールに手を出すロックスターの中、1番最近に自らのウイスキーブランド「Heaven’s Door」を手がけたのはボブ・ディランだ。このブランドではテネシー・ストレート・バーボン、ダブル・バレル、ストレート・ライの3種類を扱う。ラベルデザインには彼のメタルワーキング・スタジオ、ブラック・バッファロー・アイロンワークスが製作した鉄の門扉(金属溶接はボブの趣味だ)が使われている。現在のところ、飲料業界に乗り出したロック・アーティストで1番成功しているのは、カボ・ワボ・テキーラを創立し、製品の80%をカンパリに8千万ドルで売却しているサミー・ヘイガーと言われている。