Mar 05 2019

Ken Nordineが他界

歌手のケン・ノーディーンが2月19日、96歳で他界した。彼はジャズという言葉を作った男として知られている。1956年のデビュー曲のタイトルが『Word Jazz(ジャズという言葉)』だった。彼の音楽のユニークで詩的な言葉使いによって、「ビートニク」「ウィアドー」と呼ばれることもあった。彼はよくエドガー・アラン・ポーやフランツ・カフカと比べられる。彼の1967年のアルバム『Colors』は、ラヴェンダー、オリーブ、ピュースなどを含む34色の色についての考察だった。通常はジャズミュージシャンと考えられていたが、グレイトフル・デッドやデヴィッド・ボウイ、ザ・ジャクソンズとも共演していた。彼はまた、ナレーションの仕事もしていて、作家のモーリス・センダックの作品や、映画、広告などでも良く知られている。また、彼は映画「エクソシスト」でリンダ・ブレアのヴォーカル・コーチを務めた事も有名だ。本物のオリジナルだった人物だ。安らかに。

Mar 05 2019

Moon Hoochが全米ツアー中

サックス、サックスとドラムのトリオ、ムーン・フーチが素晴らしいアリアナ・グランデのカバー「God Is a Woman」を収録した。彼らは現在全米ツアー中で、サマーフェスをはしごしている。最も最近のリリースは、3曲収録のシングル『Light It Up』だ。

Mar 05 2019

Allison Millerが新譜をリリース

ジャズドラマー兼作曲家のアリソン・ミラーが新譜『Glitter Wolf』をリリースした。彼女は現在、彼女のバンド、ブーン・ティック・ブーンと北米ツアーを行っていて、その後ヨーロッパで1ヶ月ツアーをする予定。彼女のバンドには、ヴァイオリニストのジェニー・シェインマン(ビル・フリーセルと長期に渡り共演、収録もしている)、クラリネット奏者のベン・ゴールドバーグ(ティン・ハット、ネルズ・クライン)、コロネット奏者のカーク・ナフク、ベーシストのトッド・シッカフォーズ(アンドリュー・バード、アニ・ディフランコ)や、ピアニストのマイラ・メルフォードが参加している。アリソンはジャズドラマーと認識されていて、パトリシア・バーバーやキティ・マルゴリスなど著名なシンガーや、偉大なオルガン奏者のドクター・ロニー・スミスと共演している。また、彼女は女性のシンガー・ソングライターのナタリー・マーチャント、ジル・ソベル、アニ・ディフランコ、グラミー賞を受賞したブランディ・カーライルとも共演している。

Mar 05 2019

Metallicaがビール作りに参戦

メタリカが、サンディエゴをベースにEnter Night Pilsnerのメーカー、ストーン・ブリューイングの事業に参加するという。このビールは、黒い缶にメタリカのロゴと似たロゴがプリントされて販売されている。ストーン・ブリューイングはグレッグ・コックがオーナー。メタリカとコックはしばらく前から友人で、このビールのアイディアは全員で考えたという。

Mar 05 2019

New York DollsのJohnny Thundersが映画化

悪名高いニューヨーク・ドールズのギタリスト、ジョニー・サンダースの死の論争を呼ぶ状況が映画化される。脚本・監督フェルナンド・コルデロ・キャバレロ&ヴィンセンテ・コルデロによる「Room 37 :ジョニー・サンダース、謎の死」はレオ・ラムジーがジョニーを演じる。この映画は6月1日に全米で公開される。

Mar 05 2019

元カンのDamo Suzukiが自伝を出版

ダモ鈴木は日本のミュージシャンで、60年代にヨーロッパを旅して周り、大道芸をしたり、絵を描いたり、地元のミュージカル「Hair」に出演したりしていた時、ドイツのバンド、カンのメンバーが、彼がカフェでやっていたパフォーマンスを見てバンドに誘った。鈴木の、カンでの最初のパフォーマンスはその夜だったという。1970年から1973年の、カンの最盛期に鈴木は所属し、その後も何度か再結成している。彼は現在ダモ・スズキズ・ネットワークとして全米ツアー中で、彼が「サウンド・キャリアー」と呼ぶ地元のミュージシャンと共演している。また、ダモは来月、音楽についてよく書いているポール・ウッズの助けを借りて自伝を出版する予定だ。この本には、友人、家族やコラボレーターとのインタビューも含まれている。