Apr 14 2019

Ladytronがアメリカでのアルバムツアーを発表

リバプール生まれのシンセサイザーバンド、レディトロンがアメリカ東海岸でのツアーを発表、10月2日にブルックリンからスタートするという。このツアーは、これより以前にすでに発表されていた西海岸ツアーの後で、7年ぶり、6枚目の、バンド名を冠したアルバムの発売ツアーとなる。このアルバムは批評家からは高い評価を得て、彼らの最高のアルバムと評されている。女性フロントのこのグループはエレクトロ・ポップの旗手で、彼らのデビュートラック「He Took Her To a Movie」は1999年にリリース。初期のファンにはブライアン・イーノもいる。人気のライブ活動に加え、レディトロンはクリスティーナ・アギレラ、ナイン・インチ・ネイルズ、ブロンディやギャング・オブ・フォーなど数多くのリミックスも手がけている。

Apr 14 2019

CHAIが3回目のアメリカツアーへ

日本の女性バンド、CHAIが3度目のアメリカツアーへの出発を発表。7月に開始するという。前座にはニューヨークをベースに活動するバンド、ザ・ドラムスを起用した。

Apr 14 2019

Billie Eilishがイギリスで最も若くして1位になった女性アーティストに

アメリカのシンガー、ビリー・アイリッシュがデビューアルバム『When We Fall Asleep, Where Do We Go』でイギリスチャート1位を獲得した。これにより、ジョス・ストーンズの『Mind, Body & Soul』を退けてアイリッシュが1番若くして1位に輝いた女性アーティストとなった。17歳3ヶ月18日で、ビリーの方が2ヶ月若かったためだ。ビリーのアルバムはビルボードでも1位に輝き、14曲がトップ100に入っている。

Apr 14 2019

Donald Trumpがキャンペーン広告でワーナーとトラブルに

アメリカの嘘つきで犯罪者でもある大統領、ドナルド・トランプが2020年の大統領選挙用広告の音楽に、ハンス・ジマーがバットマンの映画のために書き下ろした「The Dark Knight Rises」を使用している。ローリング・ストーンズ、ザ・オージェイズ、アデル、ニール・ヤング、REMなど非常に多くのアーティストが彼のラリーなどでの曲の使用について許可しないとしているが、ラリーなどのイベントでの曲の使用には特に制限がないため、法的な手段に訴えることができない。しかし、広告についてはシンク・アドと呼ばれるものが必要になる。トランプ陣営がこれを取得していないため、ワーナー・ブラザーズはすでに法的措置の手続きを始めたという。

Apr 14 2019

ロイヤリティ問題でSpotifyがトラブルに

スポティファイが著作権ロイヤリティ委員会(Copyright Royalty Board, CRB)によって定められた著作権料の値上げについて反対を表明した件で、アーティスト達との間で騒動になっている。ナイル・ロジャース、ベイビーフェイスやテディ・ガイガーなど多くのアーティストがスポティファイのCEO、ダニエル・エクに公開書状を送り、会社に対する反感を「我々は、非常に傷つき、落胆している…あなた方は我々を使っている…反対の表明を撤回し、正しいことをしてほしい」と訴えている。

スポティファイとは際立って対照的に、ライバルのアップルはロイヤリティの上昇に賛成の意を表明。アップルはこのところ、アメリカでの有料会員の数がスポティファイを超えた。