May 18 2019

Neil Youngが新譜を発表

ニール・ヤングが、1973年にアラバマで彼のストレイ・ゲーターズ・バンドと行ったライブの録音アルバム『Tuscaloosa』を6月7日に発売すると発表した。このアルバムに録音されているのは『Harvest』アルバムの曲や、当時の新譜『Time Fades Away』の曲がほとんどだ。ニールは現在新たな曲をクレイジー・ホースと録音中で、ニルス・ロフグリンが引退したポンチョ・サムペドロの代わりにギターを担当する。

May 18 2019

SXSWの日本代表、Hiroshi Asada(麻田浩)が引退

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)がトムズ・キャビン代表の麻田浩氏が日本代表を引退すると発表した。麻田は弁天レコードのオードリー・木村と共に30年近くこの役職を勤め、非常に人気の高い「Japan Nite」イベントとツアーを企画・運営した。ペティ・ブックス、マミー・ザ・ピープショー、ブリーチ、ヌードルス、ロリータNo.18、浅草ジンタ、50回転ズ、ペッズやエレガーデンら、多くの日本バンドが麻田と木村の努力によりここからアメリカでの足がかりを得た。SXSWは新代表を早目に発表するとしている。

May 18 2019

伝説のシンガー、女優のDoris Dayが自宅で死去

アメリカのシンガー、女優で動物愛護活動家だったドリス・デイがカリフォルニア州カーメル・ヴァレーの自宅で死去した。97歳だった。本名ドリス・カッペルホフの彼女がドリス・デイとして最初に日の目を見たのは1939年、ビッグ・バンドのシンガーとしてだった。彼女は1位を獲得した1945年のヒット曲「Sentimental Journey」を含め多くのヒット曲を歌った。1948年には『Romance on the High Seas(邦題:洋上のロマンス)』で映画デビューを飾ると、その後はロック・ハドソン、クラーク・ゲーブル、ケーリー・グラント、ジェームズ・キャグニーやフランク・シナトラなどのトップ俳優と次々共演した。1989年にはグラミーの生涯功績賞を受賞。彼女は明るいロマンティック・コメディを得意としており、元気できちんとしたイメージでよく知られている。彼女は4度結婚しており、そのうち2回はミュージシャンとの短いものだったが、その後彼女のマネージメントや映画のプロデューサーをしたマーティン・メルチャーと結婚、最後にはレストランのメートル・ドテルだったバリー・コムデンと結婚した。1968年にメルチャーが他界した際、彼が管理していたはずのドリス・デイの資産はほぼ亡くなっていたのが発表された。彼女が1968年から73年の間、あまり希望していなかったテレビ番組の司会を彼の要求に応えて引き受けたのもこの資産状況の影響だったと言われている。80年代半ば頃から、彼女はエンターテイメント業界からほぼ引退していた。彼女は動物愛護活動家として熱心に活動していて、1971年には他の多くの女優たちと反毛皮運動を始める。多くのアニマル・シェルターの資金を提供し、動物の権利の為にキャンペーン活動もしている。彼女の最後の夫は、実際彼女は彼よりも動物たちを大切にしていると言っていた。彼女は最初の夫との間に1子をもうけたが、彼はコロムビア所属の音楽プロデューサー、テリー・メルチャーとしてよく知られていて、バーズ、ポール・リビア、レイダーズやビーチ・ボーイズと仕事をしている。彼についてよく知られているのは、彼がカルト・リーダーであるチャールズ・マンソンに興味を持ったものの、最終的には一緒に仕事をすることを拒んだことだろう。その後、マンソンと彼のカルトのメンバーは以前メルチャーが借りていた家に当時住んでいた女優のシャロン・テートを殺害したことで知られている。テリーはまた、スライ・ストーンと契約した事でも知られている。スライ・ストーンはドリス・デイのヒット曲で、彼女の番組のテーマソングでもあった「Que Sera Sera」をカバー。長年にわたり、ドリス・デイとスライ・ストーンが恋愛関係にあるのではと囁かれていたが、これについては証拠はない。

非常に才能に恵まれ、大きな心を持った女性、ドリス・デイよ、安らかに。