May 30 2019

Spotifyがロイヤリティ増額に反意、バッシングに

作曲者のオンライン収入を守るためにアメリカで決まったロイヤリティ増額の取り決めに対して、アップルが受け入れたのに対し、スポティファイが拒否の姿勢を示したことで、スポティファイは多くの作曲者や、音楽業界のリーダー達から激しい非難を受けている。全米音楽パブリッシング協会や多くの作曲者がこのムーブメントをリードしている。アーティストらに敏腕マネージャーとして名高いアーヴィング・アゾフはツイッターで「アップルはアーティスト・ビジネスを理解している。Google、パンドラ、スポティファイは全くわかっていない」と意見を表明。アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイやグウェン・ステファニに曲を提供しているソングライターのジェイソン・トランターは「曲が存在しなければこれらのテクノロジー会社には売るべきものがないだろうに。恥ずべきことだ」と言っていたと言われている。音楽業界でのトップ弁護士であるダイナ・ラポルトはもっとはっきりと「スポティファイ、なんて安っぽいゴミ野郎なの。ふざけた寝言をどっかにやってちょうだい…恥を知るべきです」と発言。多くの言葉が投げつけられる中、アーティストらと仲の良いスポティファイ版権事業の世界統括部長だったアダム・パーネスは6月3日に有効となる退職届を提出したという。

May 30 2019

Streetlight Cadenceが6月新譜をリリース

ストリートライト・ケイデンスが新譜『Momentary』を6月18日にリリースする。このバンドはホノルルのストリートで活動を開始、その後数々のバンドバトルを勝ち抜き、ハワイのナ・ホク賞の「オルタネイティブ・アルバム」賞を受賞。活動を広める為、ロサンゼルスに移住し、またストリートで活動するもディズニーランドやユニバーサルスタジオ他、様々なクラブなどでのギグも行う。また、ストリートの活動を記録したビデオ「Will Play For Food」をハワイのテレビで放映した。このテレビシリーズでは、東京を含む数々の大都市での路上ライブの様子が含まれ、多くの観客に囲まれて、警官に睨まれる様子なども写っている。「Will Play For Food」は安価な機材で記録されているが、彼らの技術の高さ(多くの場合、スタンダードなロックの楽器に加えヴァイオリン、チェロやアコーディオンを使用)や彼らの溢れるユーモアのセンスが光っている。バンドにとって驚いたことに、このテレビシリーズはエミー賞にノミネートされた。こちらの賞は9月22日に決定される。