Jun 17 2019

Shonen Knifeが19枚目のアルバムを発表

少年ナイフが19枚目のスタジオ・アルバム『Sweet Candy Power』を発売した。1981年の結成以来、少年ナイフはオリジナルの道を進み、日本の音楽業界を驚かせ、世界の音楽ファンを喜ばせて来た。彼女らはメジャーなレーベルと契約前に多くのメジャーなミュージシャンが参加したトリビュート・ダブル・アルバムがあり、食品や動物に関する自作の曲を英語、日本語両方で作っていた。ヴァージン・レコードと契約後は、カート・コバーンの勧めでアメリカとヨーロッパをツアーで回り、彼女らの曲調がアップビートでハッピーなものが多いにも関わらず、パンク・ファンを魅了。また、数々のアメリカ映画に曲を提供している。シンガー/ギタリスト/作曲者の山野直子以外のメンバーの結婚、出産や他のイベントにも関わらず(メンバーがツアーにも戻ってきたりしているなど)バンドの形を保っている。

少年ナイフ、ロック・オン!

Jun 17 2019

Discogがもっとも高く売れたレコードの金額を発表

ウェブサイトのディスコグは、2005年のサイト開設以来、高額で売れたレコードの金額(アメリカドルに変換)を発表した。金額にはバラエティがあるものの、パンクのシングルカットは多くランクイン。ゴリラ・ビスケッツの『ゴリラ・ビスケッツ』は6,164ドル、ネガティヴ・アプローチの『ネガティヴ・アプローチ』は5,000ドル、バッド・ブレインズの『Pay to Cum』は4,000ドル、ネクロスの『Sex Drive』は3,800ドル、ミスフィッツの『Cough』は3,000ドル、アグノスティック・フロントの『United Blood』は2,592ドル、マイナー・トレットの『In My Eyes』が2,500ドルとなっている。

Jun 17 2019

Miles Davisの幻のデビューアルバムが発売に

マイルス・デイヴィスのデビューアルバムとなるはずだったが『Tutu』の方がベターとされ幻となった、1985年の『Ruberband』アルバムがライノから9月6日にリリースされる事になった。このアルバムはオリジナル・プロデューサーのランディ・ホール、ゼイン・ジャイルズがマイルスの甥でドラマーで、デイヴィスの遺産管理者でもあるプロデューサーのヴィンス・ウィルバーン・Jrの協力を得て完成された。R&B-ジャズシンガーのララー・ハサウェイやレディシも一曲ずつフィーチャーされている。

Jun 17 2019

テナーサックス奏者Terry Hanckの新譜が発売に

ブルース、R&Bのテナーサックス奏者、テリー・ハンクが新アルバム『I Still Get Excited』を7月12日に発売する予定。ゲストはリック・エストリン、トレイシー・ネルソン、クリス・ケインやノルウェー出身のギタリスト、クリス・”ザ・キッド”・アンダーソン。ハンクは長年、エルヴィン・ビショップのサイドマンとして活躍し、彼のソロ活動ではブルース・ミュージック・アワードで「ベスト・ホーン』賞を何度も受賞している。

Jun 17 2019

Dylan LeBlancが新譜を発表

シンガーソングライターのディラン・ルブランが新譜『Renegade』を発売。このアルバムは彼の以前のアルバムに加え、よりギターを中心にしたロックサウンドとなり、彼が生まれたアメリカ南部の影響が強いように思える。ディランはニール・ヤングとトッド・ラングレンに影響されたとしているが、それに加え、アルコール依存からの脱却、ニューオリンズでの過剰飲酒による逮捕も影響しているとしている。

Jun 17 2019

音楽ドキュメンタリー”Echo in the Canyon”が高評価

音楽のドキュメンタリー映画『Echo in the Canyon』が非常に好評で、現在のところ上映館が限られているにも限らず観客動員数も高い。この映画はバーズ、ザ・ビーチ・ボーイズ、バッファロー・スプリングフィールド、グラハム・ナッシュ、ジャクソン・ブラウンやママス・アンド・ザ・パパスらが活躍した60年代の南カリフォルニア、ローレル・キャニオンでの音楽シーンの物語。この映画のおかげで「California Dreamin’」「Monday」ローレル・キャニオンの事を歌った「Twelve Thirty (Young Girls Are Coming to the Canyon)」を含むママス・アンド・ザ・パパスの60年代のヒット曲がリバイバルとなっている。ボブ・ディランの息子でウォールフラワーズのリーダー、ジェイコブ・ディランは当時の曲のリメイク曲で『Echo In the Canyon』と呼ばれるアルバムを、レジーナ・スペクター、キャット・パワー、ベック、エリック・クラプトン、ノラ・ジョーンズやジェイド・カストリノスらと製作中だ。

Jun 17 2019

The Rolling Stonesのツアーが6月に開始

ローリング・ストーンズの「No Filter」ツアーの予定が発表になり、6月21日にシカゴで開始、前座としてダムスタファンク、ゲイリー・クラーク・Jr.、ウォンバッツ、リヴァイヴァリスツ、ナサニエル・レイトリフやルーカス・ネルソンが決まっている。ダムスタファンクとリヴァイヴァリスツは両者ともニューオリンズ出身で、ルーカス・ネルソンはウィリー・ネルソンの息子で、ヒットした「A Star Is Born」のサウンドトラックに楽曲提供したり、6月14日には新譜『Turn Off The News』(Build A Gardenから出版)も発表した。