Jun 22 2019

Streetlight Cadenceが新譜を発表

ロサンゼルスをベースに活動するバンド、ストリートライト・ケイデンスが新譜『MOMENTARY』をリリースした。このバンドはホノルルのストリートで活動を開始。その後、ハワイで数々の「バンドバトル」を勝ち抜き、ロスに移住した。彼らのストリートパフォーマンスは大人気で、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオでの演奏に繋がった。このバンドはライブの後に外食することでも知られていて、彼らのツアーの記録を「Will Play For Food」というビデオに残している。このバンドは様々な場所で活動していて、来日もしている(六本木で逮捕されそうになった)。それらの全てで彼らはライブ活動とその後の食事風景を録画している。これらのビデオはハワイのテレビ番組として放映され、エミー賞にもノミネートされている。このバンドは珍しくインストゥルメンタルのラインナップが多く、多くの曲にヴァイオリン、チェロやアコーディオンが使われている。最初の反響として、人気のトラックは「Vinyl Records」と「I Miss You」のようだ。

Jun 22 2019

VulfpeckがMike Violaとコラボ

現代のカルト・ファンクバンド、ヴァルフペックがシンガー・ソングライターのマイク・ヴィオラとコラボ、彼らの新しいシングル「For Survival」でヴォーカルを取っている。ヴァルフペックはミシガン州アンアーバー出身。もともと彼らはジョーク・バンドもどきの、クラフトワークとマッスル・ショールズが合体したファンク専門のドイツ人セッション・マンに扮して活動していた。しかしオリジナル・レーベルから出版された彼らのアルバムは非常に人気が高く、デイヴィッド・T・ウォーカーやブーツィー・コリンズ、ジギー・モデリストやバーナード・パーディーらとのコラボレーションに繋がった。「For Survival」のトラックとビデオは彼らの最新アルバム『Hill Climber』から取られたものだ。マイク・ヴィオラが最初に名を知られるようになったのは、キャンディ・ブッチャーズのリーダーとしてだが、彼はライアン・アダムズやファウンテンズ・オブ・ウェイン、マンディ・ムーア、フォール・アウト・ボーイ、レイチェル・ヤマガタらとも仕事をし、「That Thing You Do!」のテーマを歌うなど、映画音楽にも多く採用されている。

Jun 22 2019

ビートルズファン必見の演劇「This Girl」

ビートルズファン必見の新たな劇がお目見えする。演劇『This Girl』がこの夏リヴァプールでこけら落としとなる。この劇はジョン・レノンの最初の妻、シンシア・パウエルがレノンと結婚していた間のエピソードを描く。2人は1957年、大学で出会い、恋人同士となると1962年に結婚。彼らはビートルマニアやツアー、浮気やドラッグも乗り越え結婚生活を続けたが、1968年に破局した。彼女はその後、2005年に出版された「John」を含む2冊の自伝を書き、2015年に他界。劇作家のマイク・ホウルは数々のビートルズ曲のインスピレーション源を含んだ詳しい調査を行った。この劇で彼は、ジョンやジョンの音楽に対するシンシアの強い影響力を描いている。これは、ジョンの未亡人であるヨーコ・オノが通常ジョンのビートルズ時代よりもソロでの活動期を優先する事に反したものだ。