Aug 25 2019

Kayo Dotが9月に新譜を発表

プログレッシブ・ロック・グループのカヨ・ドットが9月6日に新譜『Blasphemy』をリリースすると発表。カヨ・ドットはデビューアルバム『Choirs of the Eye』を2003年にジョン・ゾーンのザディック・レーベルから発売。このアルバムはモジョの変なアルバム50選にランクイン。その後、彼らは日本のデイモアを含む数々のレーベルからアルバムをリリースしている。リーダーのマルチ・インストゥルメンタリストのトビー・ドライバーが唯一のコンスタント・メンバーというバンドでもある。彼らのメタルとクラシカル・サウンドの融合はよくアヴァンギャルドと解説される。彼らのサウンドはロック楽器の手の込んだ伴奏と、ヴァイオリン、サックスやヴィブラフォン、クラリネットやフルートのサウンドを多用する。カヨ・ドットの音楽は主流のポップスから大きく外れることも多いが、その興味深いサウンドは彼らにカルト的なファンを獲得、ツアーも国際的なものが多い。

Aug 25 2019

歌手のEddie Moneyが食道癌を発表

歌手のエディ・マネーがステージ4の食道癌で、すでに全身に転移していることを発表した。1978年に自分の名前を冠したアルバムでデビュー、「Baby Hold On To Me」「Two Tickets To Paradise」などを含んでいた。その後「Shakin’」「Take Me Home Tonight」などのヒットを飛ばし、1990年代初頭のヒットがチャート最後になる。マネーは長期間に渡る喫煙者であり、また長期に渡り薬物を常用していたが、リハビリを重ね2001年にカムバックを果たし、ツアー活動(彼の子供達をバンドに参加させたりした)、テレビやコマーシャルへの露出(リアリティ・ショーの「Real Money」を含む)など多岐な活躍をしていた。この我慢強いシンガーの回復を祈る。

Aug 25 2019

紅茶会社がGrateful Deadにインスパイアされた紅茶を発表

アメリカの紅茶を代表する紅茶会社セレッシャルシーズニングが新たなフレーバーティー、ランブル・オン・ローズを発表した。このフレーバーティーはサンフランシスコをベースに活躍するバンド、グレイトフルデッドにインスパイアされたという。「Ramble On Rose」は元々ギタリストのジェリー・ガルシアと作詞家のロバート・ハンターの共作で「Europe ’72」アルバムに初めて登場した。紅茶の外装もグレイトフルデッドにインスパイアされた髑髏とバラだ。ただ、これはグレイトフルデッドにまつわる初めての食品ではない。これ以前にもアイスクリーム会社のベン&ジェリーが1995年に他界したデッドのギタリストの記念として「Cherry Garcia」を発売、その後人気のフレーバーとして定着している。今後もビール会社ドッグフィッシュ・ヘッドがグラノラ・フレーバーのビール「American Beauty」を発売予定だが、これは1970年に発売されたデッドの5枚目のアルバムの名前をとったものだ。

Aug 25 2019

ベーシストLarry “the Mole” Taylorが他界

著名なベーシストのラリー・ザ・モール・タイラーが77歳で死去した。彼は画期的なブルース・ロック・バンド、キャンド・ヒートのメンバーとして1番知られていた。キャンド・ヒートは数々のヒットと、「Going Up the Contry」や「On The Road Again」などの国際的なスマッシュヒットを飛ばし、モンタレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックにも参加していた。

タイラーはキャンド・ヒートへの参加以前には人気のセッション・プレイヤーで、モンキーズやジェリー・リー・ルイスらのレコーディングにも参加している。彼はまた、デビューアルバム以前のフランク・ザッパとも活動。キャンド・ヒートを1970年に脱退したのちはギタリストのハーヴェイ・マンデルと共にトム・ウェイツのセッションやツアーに参加。度々キャンド・ヒートのツアーにも参加していた。安らかに。

Aug 25 2019

Adam Deitchが初のソロアルバムを発売

ドラマーのアダム・デイッチが最初のソロアルバム『Egyptian Secrets』を8月23日に発売した。デイッチはジャズ・ファンク・バンドのレタスと定期的に活動、また長い間ジャズギタリストのジョン・スコフィールドのドラマーとして活躍、エレクトロニック・アーティストのプリティ・ライツとも共演を続けている。彼はまた50セントやタリブ・クウェリ、レディシなどのプロデュースも手がけている。彼はプロ・ドラマーの両親の間に生まれつきのドラマーとして誕生、その才能をバークレー音楽学院でさらに育てた。

このアルバムについて、彼は制作スタイルはオーガニック(ポストプロダクションも編集もなし)で、彼のファンキー、ヒップホップなテイストに60年代のヴァーヴやブルーノートのフレーバーをミックスしたと言っている。このアルバムには、オルガン奏者のウィル・ブレイズ、トランペット奏者のエリック・ベニー・ブルーム、サックス奏者のライアン・ゾイディスに加え、ジョン・スコフィールドが何曲か参加している。