Mar 31 2020

Alan Merrill、コロナウィルス感染で他界

ロック・ミュージシャンのアラン・メリルが69歳で、コロナウイルスの感染により他界した。アラン・メリルはニューヨークに、サックス奏者のアーロン・サクスと、シンガーのヘレン・メリルというジャズミュージシャンの両親の元で生まれた。9歳から13歳の間はスイスの寄宿学校に通う。アメリカに帰国すると、彼はニューヨークの名所でもあるカフェワッ?で演奏していた、数々のセミプロバンドでプレイした。彼の母親の2人目の夫はメディアの重役で、彼女は1966年に、アランを連れて夫と東京に移る。この頃には彼女はメジャーなスター歌手で、クリフォード・ブラウン、クインシー・ジョーンズ、エンニオ・モリコーネやギル・エヴァンスらと共演。アランは渡辺プロダクション、RCAヴィクターと契約し、『時間ですよ』という人気ドラマに出演したアイドル風バンド、ザ・リードにも参加、CMにも出演していた。のちに、スパイダーズのムッシュかまやつひろしや、テンプターズの大口 広司らとヴォッカ・コリンズというグラム風味のスーパーグループを結成、アルバム『東京−ニューヨク』を東芝EMIから発売している。

その後、彼はロンドンに移住し、ギタリストのジェイク・フッカーやドラマーのポール・バーリーとアローズを結成。プロデューサーに著名なミッキー・モースト(アニマルズ、ハーマンズ・ハーミッツ、ザ・ヤードバーズを手掛ける)を迎えた。彼らはUKで、ヒットメーカーの作曲家デュオ、チャップマン・チンが作り、トップ10となった「Touch Too Much」を数えると、3度チャート入りヒットを飛ばしている。この曲はのちにローマン・ホリディ、ヘローやロンドン・カウボーイズらがカバー。しかし、彼の人生で最大のヒットとなったのは、彼とフッカーが共著したB面用の曲、「I Love Rock’n’Roll」だった。ジョアン・ジェットはアローズがこの曲を演奏するのを、1976年、ランナウェイズとのツアー中にテレビで見た。彼女は1981年にこの曲をソロシングルとして発表し、全米チャート1位に7週に渡り輝くことになった。2002年にはブリトニー・スピアーズがバージョン違いで録音し、2011年にはラルク・アン・シエルが別のバージョンをカバーしてペプシのCMに起用された。スーパーフライは、2015年にカバーを発売したが、その時のギタリストはアーロンだった。ウィアード・アル・ヤンコヴィックはパロディ・バージョンを録音、タイトルも「I Love Rocky Road」に変えた。ジョアン・ジェットのバージョンは、繰り返し様々な映画に起用されている。

後にアランはランナーというバンドを結成し、チャートインをするが、こちらは短命に終わる。その後、彼はリック・デリンジャーやルー・ロウルズらの曲を共作したり、ミートローフのバンドに短期間在籍。

また彼は折に触れ日本に戻ってきている。1990年にはヴォッカ・コリンズの再結成ツアーでも来日していた。

安らかに。

Mar 27 2020

新型コロナ(Covid-19)で全てのライブが中止・延期に

新型コロナウイルスの大流行を受け、そこそこのサイズの物から巨大なフェスまで、ほぼ全てのコンサートが中止か延期となっている。1000を超えるバンドがアメリカ全土、そして世界中から参加する予定だったサウス・バイ・サウスウエスト2020は中止。ボナルー・フェスティバルは9月24日から27日へと延期になった。コーチェラは10月まで延期の予定だ。ローラパルーザは当初の予定通り7月30日から8月2日にシカゴで開催予定。コールドプレイのクリス・マーティン、デミ・ロヴァート、クリスティーン・アンド・ザ・クイーンズ、ストゥープ・キッズ、マイリー・サイラスやニール・ヤングら、多くのアーティストは、オンライン・ビデオパフォーマンスを決行、または開催予定だ。

Mar 27 2020

サンフランシスコの名ライブハウス、Slim’sが閉店

サンフランシスコの人気ライブハウス、スリムズが閉店する。1988年にボズ・スキャッグスと友人らが始めたこのクラブは500人を収容、そのステージでは様々なジャンルの、多くのインディーズ、メジャー問わないバンドの数々が演奏した。ここでサンフランシスコ・デビューを飾ったバンドには、レイディオヘッド、ベック、アリソン・クラウスやシェリル・クロウが含まれる。ボズ本人もここで演奏することがあった。クラブの閉店理由は、新型コロナウイルスによる外出禁止令とのことだが、もう再開はしないと発表。このクラブは、他にもサンフランシスコのゴールデン・ゲート・パークで開催される非常に人気の高いハードリー・ブルーグラス・フェスティバルの発起人としても知られる。彼らは2001年に、億万長者のウォーレン・ヘルマンの寄付を取り付け、この企画を立ち上げていた。

Mar 27 2020

Genesis P-Orridge白血病で他界

伝説となった、様々な意味で注目のメディア・アートバンド、スロッビング・グリッスルの共同創設者だったジェネシス・P・オリッジが白血病で他界した。スロッビング・グリッスルはインダストリアル・ミュージックの先駆者と言われ、自分たちのレーベルからアルバムもリリースしていた。バンド自体が活動していたのは1976年から1981年の期間だけだったが、ジェネシスと他のメンバー達−コージー・ファニ・トゥッティ、ピーター・クリストファーソンやクリス・カーターらは、サイキックTVやクリス・コージー・アンド・コイルなど様々なプロジェクトを立ち上げ、カルト的なファン層を獲得していた。2004年に再結成もするが、2009年にまた解散。ジェネシスはジャックリーン・メアリー・ブレイヤー(レディ・ジェイとして知られる)と1995年に結婚し、二人でお互いに似せていくための数々の身体改造手術を行うプロジェクト、「パンドロジェニー・プロジェクト」を行う。このプロジェクトは、2007年のジェイの死後も続けられた。彼は最初の妻、ポーラ・ブルッキングとの間に2人の娘を設けている。

Mar 08 2020

ジャズピアニストのMcCoy Tyner他界

ジャズピアニストのマッコイ・タイナーが81歳で逝去。タイナーはマイルストーンやブルーノートから多くのアルバムを発表し、フレディ・ハバードやジョー・ヘンダーソン、ウェイン・ショーターらビッグネームともレコードを発表。さらに、ジョン・コルトレーンのバンドの支柱としてマスターピースと呼ばれる「A Love Supreme」をレコーディングしたことで非常に名高かった。

Mar 08 2020

SXSWが中止に コロナウィルスで

音楽、映画、テクノロジーのイベント、サウス・バイ・サウスウエストがコロナウィルスの影響でキャンセルとなった。テキサス州オースティンで毎年開催されているこのコンベンションは1987年に音楽業界イベントとして開始したが、多くのモダン・カルチャーを巻き込み規模を拡大していった。しかし、いまだ音楽の素晴らしい祭典として、ここ最近は世界中から1000以上のバンドが集結していた。「Japan Nite」はこの中でも特に人気のイベントで、ここに参加した日本のバンドがそのままアメリカツアーを行うことも多い。

 

Mar 08 2020

ベーシストJuan Alderete事故の治療費のためにチャリティコンサート

レイサーX、スティーヴィー・サラス・バンド、マース・ヴォルタやマリリン・マンソンでの活躍で知られるベーシストのホアン・アルデレッテが、1月13日自宅の近所でバイクで事故にあい、重度の脳挫傷により昏睡状態が続いていた。このところ回復の兆しを見せている物の、このような怪我は回復の予測が難しく、人によっては急に回復が進むが、そうでなければ全く回復しない場合も。ホアンはフジロックで通訳として働いていた日系アメリカ人の女性と結婚、二人はツアーやプライベートでよく日本を訪れていた。彼の医療費のために、4月16日ロサンゼルスでイベントが開催される。ディレクション3030、DJ Qバートとキッド・コアラ、そして彼が共演した多くのアーティストらが参加予定だ。