Sep 12 2020

Bella Thorneが映画・アルバムなど話題に

アメリカのモデル兼女優兼シンガーのベラ・ソーンがここ最近ニュースに頻出している。元々は子役としてディズニーの番組に出演していたが、その後多くのトップ雑誌のカバーに抜擢され、CMにも出演。その後活躍の幅を映画にも広げ、多くのサスペンスやホラー映画に出演、他にも「Midnight Sun」(日本映画のタイヨウのうた」の米リメイクばん)に出演している。彼女の人気はインスタグラムのフォロワー2380万人という数字にも現れている。最近になって彼女は業界やファンを仰天させた。特に彼女のディズニー時代のファンは、彼女がネットポルノサイトのポルノハブのために、ポルノ映画を監督するという発表に驚いたが、その映画「Her & Him」は非常に高く評価されている。今年はジョーダン・ギャランドの脚本・監督による「Leave Not One Alive」に、アカデミー賞受賞女優であるメリッサ・レオと共演予定。また、エピック/ソニーより新アルバムが発表されるという。

Sep 12 2020

Record Store Day、再開

レコード・ストアの日は、2008年に設定され、毎年多くの人々が楽しみにしていたイベントだ。毎年、アーティストらがレコード・ストアの日のためにスペシャルな曲などをリリース、特に近年はCDよりも人気が高いレコードの発売が多い。更に、コレクターズアイテムとして、多くの限定アイテムがリリースされる。今年のイベントは4月18日に予定されていたものの、新型コロナウイルスによりショップがほとんど閉店していたことから延期された。ようやくいくつかのショップが限定的ではあるが開店し、8月29日、9月26日、10月24日と11月27日に4つのイベントが設定された。今回リリースされるアイテムには、ライブ・アルバムがダイナソーJr.やアリス・クーパーの1982年版、ハンブル・パイの1971年版、チープ・トリックの1972年版など、色付きのシングルレコードとしてGo!チームの「クッキー・シーン」、ダンディ・ウォーホルズやべべ・ビュエルが演奏した「ファム・ファタール」、フリートウッド・マックの「Rumours」の別バージョン、マイルス・デイヴィスの「Bitches Brew」時代の希少なアルバム、などなど。日本でも多くのストアがレコード・ストアの日に参加しているので、ぜひ近所のショップで詳細をチェックしてほしい。

Sep 12 2020

Trump大統領がキャンペーンでの楽曲使用拒否を無視

アメリカ合衆国の、ナルシストで、嘘つきな独裁者になりたいドナルド・トランプはその豚のように強欲なやり方を、著作権の世界でも踏襲している。ほぼ全てのロック・ミュージシャンはトランプ政権と良好な関係であるとは思われたくないため、自分の曲をイベントなどで使用されること恐怖している。共和党のこんべんshんではトランプのチームがレオナルド・コーエンの事務所に、彼のマスターピースである「ハレルヤ」の使用許可を得ようとし、断られた。しかし、トランプチームは許諾無しのままこの曲をイベントで使用。より最近の話では、トランプがジェット機から降りてくる時のテーマとしてCCRの「Fortunate Son」を使用。この曲は、金持ちの息子が戦争への召集令状を家の力で避けるという、ドナルド・トランプの父が彼をベトナムに行かなくて良いように医者にドナルドに骨刺の症状があるという証明書を書かせ、徴兵を免れた状況に非常に似ている。こちらも許可を得ないまま使用したとして、作曲家のジョン・フォガティは、この曲はまさにトランプのような人間を想定して書いたものだとコメントした。

Sep 05 2020

作曲家のDan Penn が久々の新譜を発表

偉大な作曲家のダン・ペンが何年ぶりかの新譜『Livin’ On Mercy』をリリースした。このアルバムでは、メンフィス・スタジオのスター達が素晴らしい演奏を披露。このアルバムには「I Do」や「Clean Slate」など素晴らしい曲が含まれている。ダンは自分の名前でのヒットはなかったものの、47曲のトップ40ヒットソングジェイムス・アンド・ボビー・ピュリファイの「I’m Your Puppet」、ジェームス・カー、フライング・ブリート・ブラザーズやアレサ・フランクリンなど100名を超えるアーティストが録音した「Dark End of the Street」、オーティス・レディングによる「You Left the Water Running」、ジャニス・ジョプリンによる「A Woman Left Lonely」、アレサ・フランクリンによる「Do Right Woman, Do Right Man」、ボビー・ブランドの「I Hate You」、ボックストップスの「Cry Like a Baby」など。これはチェックするべきアルバムだ。

Sep 05 2020

レゲエの伝説Toots Hibbert が新譜を発表

レゲエの伝説的存在であるトゥーツ・ヒバートがザック・スターキーのプロデュースで、トロジャン/BMGから新譜『Got To Be Tough』をリリースした。このアルバムにはジギー・マーリー、スライ・ダンバー、シリル・ネヴィルやリンゴ・スターが協力している。トゥーツは、1968年、「Do The Reggaey」という曲でレゲエという言葉を最初に歌に使った、レゲエのパイオニアと言われるザ・メイタルズのリーダーだった。トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズには、彼らのアルバム『The Harder They Come』から「Pressure Drop」を含む2曲、彼らの指標とも言えるべき曲がある。
不幸なことに、現在トゥーツはコロナウィルスに罹患、重症だが病状は落ち着いているという。