Mar 21 2021

Coilが30周年に1991年のアルバムのリイシューをリリース

スーパー・カルトの実験音楽バンド、コイルが30周年を記念して、ワックス・トラックス・レコードから1991年のアルバム『Love’s Secret Domain』を、様々なフォーマットでリイシューする。リマスターはジョシュ・ボナティ。今回、ライナーノーツにはマトモスが長文を掲載、中には「Titan Arch」でゲストボーカルを担当したマーク・アーモンドや、プロジェクトに参加した他のメンバーとの思い出話なども。

 

Mar 21 2021

ライブ活動に復活のきざし

北米のライブ音楽ビジネスは2020年3月半ばからほぼ完全に活動停止に追い込まれていたが、復活の兆しが、北米で1億人を超える人々がワクチンを受け終わったことで見えてきた。ニューオリンズの名高いライブハウス、ティピティーナズは、近々制限付きで再開すると広報している。また、ラスヴェガスで毎年9月に開催される音楽祭ライフ・イズ・ビューティフルと、ニューヨークのエレクトリック・ズーが目玉アーティストのラインナップを発表した。

Mar 21 2021

ジャズベーシストPaul Jackson他界

ジャズベーシストで作曲家でもあったポール・ジャクソンが73歳で他界した。ジャクソンはカリフォルニア州オークランド生まれ。彼は9歳でベースを始め、オークランド・シンフォニーと14歳で共演している。サンフランシスコ・コンサーヴァトリーで音楽を学んだ彼は、後に教育者としても活動した。彼が一番よく知られているのは、ハービー・ハンコックとの後半にわたる共演・共作だろう。特に参加した『Head Hunters』アルバムは、アルバム自体がジャズにファンクの要素を強く使った草分けの作品として高く評価されている。オリジナルのヘッドハンターズ・メンバーはハンコックとジャクソンに、ハーヴィ・メイソンがドラムを担当(1アルバムでマイク・クラークと交代した)、ビル・ウィザーズがパーカッションを担当した。彼らの最も著名な曲である「God Made Me Funky」はグラミー賞にノミネートされ、後にフージーズ等にサンプリングされている。ハンコックとジャクソンは「Chameleon」を共作、この曲は現在ジャズのスタンダードナンバーとされている。ジャクソンは他にも、サンタナ、アステカ、ソニー・ロリンズ、スタンリー・タレンタインやポインターシスターズなどとも共演している。1985年に彼は神戸に移住し、日本各地で音楽教育に携わる傍、東芝EMIから『Black Octopus』アルバムを上梓し、高く評価されている。日本でも彼はChar、ツトム・山下、渡辺貞夫など多くのトップミュージシャンと共演している。また、彼はドラマーのマイク・クラークとも強い友情を継続、1998年にアルバム『The Return of the Headhunters』をリリースした。

安らかに。

Mar 07 2021

ハワイアン音楽のKuana Torres Kaheleが新譜をリリース

ハワイアン音楽の象徴とも呼ばれるクアナ・トレス・カヘレが最新アルバム『Nani Wai’ale』をリリースし、アイチューンズのメインチャートで29位につけるなど、非常に高い評価を得ている。カヘレはハワイ文化の第一人者で、多くの楽器を弾きこなし、ハワイ語で執筆・作曲を行う。また、傑出したダンサーで、ダンスも教えている。ソロ作品の他にも、大人気バンドのナ・パラパライのメンバーとしても活躍し、バンドとして7枚のアルバムをリリース、ハ・ホク賞も受賞している。クアナはまた、ピクサーのアニメ映画『Lava(邦題:南の島のラブソング)』のサウンドトラックも手がけている。日本にはクアナ・スクール・オブ・ハワイアン・アーツを開設しており、東京・大阪・京都でもハワイの音楽と文化を広めている。

Mar 07 2021

Lotusが新 EPでカムバック

エレクトロニック・グルーブ・マスターズのロータスが、新EP『Citrus』を4月6日にリリースする。トラック「Phantom Tooth」はすでにオンラインで視聴可能。このバンドは元々インディアナで結成し、人に「ジャムトロニカ」と呼ばれる位、ジャムバンドとして人気が高く、オーブと比べる批評家も多かったが、彼らのサウンドはジャズ・ファンクやエレクトロ・ポップをより取り入れていた。ロータスは日本にも6回きていて、クラブでのショーや、グリーン・ルーム・フェスティバル、フジロックにも参加している。

Mar 07 2021

Jay-ZがTidal株を売却

ジェイ・Zが、支配株として保有していたストリーミング・サービス、タイダルの株式を、Twitterの共同創立者ジャック・ドーシーが設立したモバイル支払会社のスクエアに売却した。タイダルの金額は2億9700万ドルと言われている。ビヨンセ、マドンナやリアーナはそれぞれの株式をそのまま保有している。2015年にジェイ・Z が彼らを説得、共同でこの会社を5600万ドルで購入した。タイダルは、業界のトップランナーであるスポティファイに対して、よりクオリティの高い音響や、アーティストへの還元率の高さなどで差をつけていた。

Mar 07 2021

The Dictators が再結成、アルバムをリリース

NY出身で非常に影響力の強いプロト・パンクロックバンド、ザ・ディクテーターズが再結成し、今年中にアルバムを出す予定だ。オリジナルのバンドは1973年にトータル・クラッドをやめたロス・”ザ・ボス”・フリードマンと、音楽ジャーナリストだったアンディ・シャーノフ、共通の友人だったスコット・”トップ・テン”・ケンプナーが始めた。ドラマーとしてはスチュー・ボーイ・キングやリッチー・ティーターなどが参加した。今回の再結成では元ブルー・オイスター・カルトのアルバート・ブーチャードがドラムスとして参加する。元ローディーで、バンドの秘密兵器としてヴォーカルを担当していたディック・マニトバは今回はメンバーに入っていないようだ。ザ・ディクテーターズは1975年3月にデビューアルバム『Go Girl Crazy』をリリースした。批評家からは絶賛されたものの、売り上げがそこそこしかなかったため、エピックレコードは契約を解除した。しかし、その後CBGBなどのパンクシーンが活性化したことにより、バンドへの期待値が上がり、ディレクターズはアサイラムから2枚のアルバムをリリースし、全米ツアー、ヨーロッパツアーなどにも出ている。その後バンドは、1990年にはマニトバのワイルド・キングダム『…And You?』アルバム、2001年にはザ・ディレクターズとして『D .F .F .D.』のために再結成を繰り返す。今回の再結成では、すでに「God Damn New York」のシングルリリースと動画リリースを1月に済ませ、今月また別のシングルをリリース予定だ。