Jul 31 2021

Umphrey’s McGeeが新譜を発売

インスト・ギター・ロックバンド、アンフリーズ・マックギーが最新アルバム『You Walked Up Shaking In Your Boots But You Stood Tall And Left A Raging Bull』をリリースした。また、激辛ソースメーカーのナッシュビル・ヒートとコラボし、「Rage. Rest. Repeat.」の三つのスパイスソースにアンフリーズのロゴをつけたボックスセットとして発売。バンドは8月5日から長期ツアーを開始、12月にはメキシコでのコンサートを、また2022年3月にはアイスランドで3回のショーを予定している。このバンドは2006年のフジロックで演奏していて、日本のバッファロー・レコードから何枚ものアルバムをリリースしている。エイドリアン・ベロウとジェフ・ベックのファンは要チェックだ。

Jul 31 2021

NYのHomecomingコンサートが告知

ニューヨーク市は「Homecoming Concert」を8月21日にセントラル・パークで開催すると告知した。
このコンサートには、ブルース・スプリングスティーン、ポール・サイモン、パティ・スミス、カルロス・サンタナなど。参加にはワクチン証明書が必要だが、アメリカのほとんどのコンサートでは現在同様の措置がとられている。

Jul 31 2021

ZZ TopのJoseph “Dusty” Hill、死去

ZZトップのベースプレイヤー、ジョセフ・”ダスティ”・ヒルが72歳で他界した。死因は発表されていない。彼は近年腰に問題があり、ヒルの要請で、長年ZZトップのギター・テクニシャンを務めていたエルウッド・フランシスがいくつかのライブで代理を務めている。ZZトップは1970年から変わらないラインナップで15枚のアルバムをリリースし、5千万枚を売り上げている。ビリー・ギボンズがリード・ボーカルとしてこのブルース・ロック・トリオの殆どの曲を歌っていたが、ダスティ・ヒルはファンから最も愛された「Tush」「Beer Drinkers and Hell Raisers」のリード・ボーカルだった。

Jul 30 2021

Monoが9月に新譜をリリース

日本のインストゥルメンタル・ギター・ロックバンドのモノが11枚目のアルバム『Pilgrimage of the Soul』を9月17日にアメリカのテンポラリー・レコード、ドイツはペラジック、中国ではニュー・ノイズから発売する。このアルバムはスティーブ・アルビニがプロデュース。バンドは2022年に長いヨーロッパツアーを予定している。

Jul 30 2021

Chuck E. Weissが癌で他界

チャック・E・ウェイスが76歳で癌により死亡した。ウェイスは長年、LAの音楽シーンでは欠かせない存在だった。彼を有名にしたのは、リッチー・リー・ジョーンズの1979年のヒット曲「Chuck E’s in Love」。また、彼はトム・ウェイツとの長年の友人で、ウェイツの曲「Jitterbug Boy」の中で触れられている。彼のキャリアは変わっていて、ライティン・ホプキンスとドラムを演奏したり、バンドP&ジョニー・デップやバットホール・サーファーズのギビー・ヘインズと一緒に演奏、またTVなどで脇役として登場、彼のバンドであるゴッダム・ライヤーズとLAのクラブ・セントラル(後のバイパー・ルーム)で定期的にギグを行いながら、ソロでも何枚かアルバムを出版している。

 

Jul 30 2021

Monterey Jazz Festivalが日程を発表

モントレー・ジャズ・フェスティバルが9月24日から26日で開催される。このフェスティバルは、1958年にプロデューサーのジミー・ライオンズが最初に開催以来毎年行われていたが、昨年初めてコロナ禍でキャンセルされた。地元に住むクリント・イーストウッドはこのフェスティバルのサポーターで、1992年から運営委員にも名を連ねている。今年のフェスティバルはコロナ禍の影響で例年の半分の規模で行われるが、チケットはすぐに完売となった。参加予定アーティストにはハービー・ハンコック、ジョージ・ベンソン、テリ・リン・キャリントン、パット・メセニー、レディシ、クリスチャン・サンズ・グループ、キャンデース・スプリングス、ラス・カフェテラスに、日本の挾間美帆があげられている。

Jul 22 2021

Tower Recordsの旗艦店が復活?

2006年に閉店したロサンゼルスのサンセット・ブルバードにあった伝説のタワーレコード旗艦店(1974年には世界最大のレコードショップだった)が、1990年中盤の最盛期に見えるよう化粧直しをした。これは、近日公開の『Pam and Tommy』という女優パメラ・アンダーソンと、モトリー・クルーのドラマー、トミー・リーとの激動の関係を描いた映画にタワーレコードが登場するため。

Jul 22 2021

Black KeysのDan AuerbachがDr.Johnのドキュメンタリーをプロデュース

バンド、ブラック・キーズのダン・オーバックが以前共演したニューオリンズの偉大なミュージシャン、ドクター・ジョンのドキュメンタリーをプロデュースする。ドクター・ジョンは本名マルカム・ジョン・レベナック・ジュニアで、16歳にしてプロのミュージシャン・プロデューサーとして活躍、高校生にしてクラブなどで演奏していた。最初はギタリストとして活動を始めたが、手を撃たれた後ピアノに転向。一時期薬物乱用で収監されていたが、出所後ロサンゼルスに移住し、セッション・ピアニストとして引っ張りだこになった。カーリー・サイモン、マリア・モルダー、リッキー・リー・ジョーンズ(彼とのデュエット「Makin’ Whoopee」で、ドクター・ジョンは6つ取ったグラミー賞の1つを獲得している)ら、ビッグ・ネームの後ろで演奏している。また彼はドクター・ジョンとしてニューオリンズのウィッチ・ドクター(土着の呪術医)兼ソロ・ピアノ・プレイヤーというキャラクターを確立。1973年に「Right Place, Wrong Time」で大ヒットを飛ばして以来、2019年に他界するまで人気のライブ・パフォーマーとして名を馳せている。

Jul 22 2021

The Bawdiesが新譜を9月にリリース

ザ・ボゥディーズが新アルバム『Blast Off』を9月22日に発売すると発表。彼らはフジロックの8月20日、レッド・マーキーにも出演する。

Jul 18 2021

Lotusがコロラド、レッド・ロックスでライブ

フィラデルフィアをベースに活躍するエレクトロニック・ジャムバンド、ロータスがコロラド州レッド・ロックスでの4日間のライブを開催。このショーは録音され、オンラインでリリースされた。9月にはロータスが主体となってオハイオ州のサマーダンスにてフェスを開催、これがギタリストのマイク・レンペルの最後のショーになる予定だ。円満な脱退の後、ギタリストのティム・パルミエリがバンドに参加、10月15日に予定されているニューヨークのアーヴィング・プラザでのライブから始動する。ロータスは、日本ではバッファロー・レコードから多くのCDをリリース、2013年のフジロックのヘブン・フィールドにて歴史的なライブも行っている。

Jul 18 2021

King Crimsonがツアーを開始

キング・クリムゾンがアメリカツアーを7月22日に開始、今回のラインナップにはドラマー3人を含む7人が含まれる。ツアーの一部にはレイ・ホワイト、マイク・ケネリー、ロバート・マーティン、スコット・チュニス、ジェイミー・カイム、ジョー・”ヴォルトマイスター”・トラヴァースなど元フランク・ザッパ共演者たちによるザッパ・バンドも合流する予定だ。

Jul 18 2021

パワー・ポップのJim Basnightがカバーアルバムを発売

ベテランのパワー・ポップアーティスト、ジム・バスナイトがオール・カバーアルバム『Jokers, Idols & Misfits』を発売した。バスナイトが最初に知られるようになったのは、シアトルのオルタナロック・バンド、モバーリスのメンバーとして、またニューヨークのグラムロック、パンクシーンに出没していたところから。今回バスナイトがカバーするアーティストは、ザ・フー、デイヴィッド・ボウイ、ザ・ニューヨーク・ドールス、ポール・リヴィア&ザ・ライダース、ビートルズ、キンクス、ザ・タートルスなど、また、ソニックスなど北東部のそこまで知られていないバンドのカバーもしている。

 

Jul 18 2021

ポップ・デュオCrystalが新譜を発表

丸山素直、三宅亮太による日本のエレクトロニック・ポップ・デュオのクリスタルが新譜『Reflection Overdrive』と共に国際的な人気を博し始めている。日本ではフラウ・レコードより発売。このアルバムでは海外アーティストとのコラボも多く、コロンビアのジュリアン・マヨルガ、チリのマタイス・アグアヨや、著名な作曲家兼ベーシストでアメリカのスティーブン・”サンダーキャット”・ブルーナーなど。全体を通して聞くとYMO、アート・オブ・ノイズ、ニュー・ジャック・スイング・ファンクやゲーム音楽の影響が感じられる。このアルバムはアジアでラジオにて多く取り上げられ、また多くの英語メディアでも話題となっている。

Jul 18 2021

Billie Eilishのセカンドアルバム、7月にお目見え

ビリー・アイリッシュのセカンドアルバム『Happier Than Ever』が7月30日に発売になる。彼女の最新シングル「NDA」(秘密保持契約)は、現在ビリー本人が監督したビデオで見ることができる。グラミー賞7部門受賞の彼女は、9月に、北米・ヨーロッパでのツアーを開始。マジソン・スクエア・ガーデンでの2夜を含め、ほとんどのチケットが完売しているという。

Jul 18 2021

訃報:ニューオリンズのライブハウスオーナーDale Triguero

ニューオリンズのライブハウス、チッキー・ワー・ワーのオーナー、デイル・トリゲイロが68歳で他界した。心臓に問題があったという。トリゲイロはこのライブハウスを2006年にオープン以来、新進気鋭のアーティストや、中堅アーティストを見出すことで知られていた。このライブハウスから育ったアーティストには、パパ・グロウズ・ファンクや、アンダース・オスボーン、ボネラマ、ジョン・クリアリーがいる。