Aug 21 2021

全米2位のプロモーターAEG、ワクチンパスポート導入

全米で2位のコンサートプロモーター、AEGが、今後、観客とスタッフの全員にワクチン接種を求めるという方針を打ち出した。AEGは、ニューヨークのウェブスター・ホール、ロサンゼルスのエル・レイ・シアターを含む全米48ヶ所に会場を持ち、コーチェラやニューオリンズ・ジャズ・フェスティバルなどの著名なフェスの主催者でもある。それに対し、トップ・プロモーターのライブ・ネーションは、個々のアーティストにどのような措置を取るかの判断を任せるとしている。

Aug 21 2021

Rickie Lee Jonesの自伝がヒット

リッキー・リー・ジョーンズの自伝『Last Chance Texaco』が驚くべきことにヒット本となっている。著名な批評家のボブ・レフステッズは、この本を評して「私が読んだ中で、ロックの世界でアーティストとして生きることについて書かれた本の最高峰」と絶賛。この本で、ジョーンズは、トム・ウェイツ、ローウェル・ジョージやヘロインとの関係を含む波乱に満ちた音楽キャリアのみならず、機能不全だった彼女の家族のこと、音楽にのめり込んで高校をドロップアウトしたことや、ヒッチハイクや車泥棒を繰り返した荒れた10代の生活についても克明に描写している。各地の書店でのイベントの他、8月31日からは、ビブラフォン奏者兼パーカッショニストのマイク・ディロン率いる彼女のバンドでの全米ツアーも開始する。

Aug 21 2021

Mike Finniganが癌で他界

ベテランのキーボード奏者、マイク・フィニガンが76歳で他界、原因は癌だという。ソロでもいくつものアルバムを上梓しているが、フィニガンは基本的にはサポートプレイヤーで、クロスビー・スティルス・アンド・ナッシュ、ジョー・コッカー、、ケブ・モー、デイヴ・メイソン、レス・デューデック、ボニー・レイット、ジミ・ヘンドリックス(「Still Raining, Still Dreaming」)やタージ・マハルらのアルバムなどに登場することでよく知られている。

Aug 21 2021

Resplandorが新譜リリースを発表

ペルーで生まれ、オランダをベースに活動しているドリーム・ポップ/シューゲーズバンドのレスプランドールが、新アルバム『Tristeza』をオンラインとドーナツレコードとして発売する。このアルバムはコクトー・ツインのロビン・ガスリーがプロデュース、スローダイブのサイモン・スコットがマスタリングを担当した。最初のシングル「Adore」はオンラインで現在配信中で、イギリスではラジオで取り上げられている頻度が増えている。