Sep 17 2021

オークランドの野外イベント「Halloween Meltdown」が10月に開催

10月16日と17日、カリフォルニア州オークランドは、伝説の映画製作者ジョン・ウォーターズをホストに屋外イベント『ハロウィーン・メルトダウン』を計画中だ。ヘッドラインはオーシーズ。ジ・オー・シーズとしての方が良く知られているかもしれないが、このバンド名には7つのバリエーションがある。アルバムの総数は23、ひとつとしてチャートインしたことはないが、彼らの不定期なライブは、どこで開催されようと、ほぼすべて完売する。オーシーズは創立者のジョン・ドワイヤー(日本ではカルト的な人気を誇った元コーチウィップスのメンバー)が率いている。他の参加ミュージシャンとして名を連ねているのはザ・マミーズ、ザ・ドリーズ、ザ・ワットエヴァーグレーズ(このバンドは2017年、2018年、2019年の毎年日本でツアーを行っている。2020年は新型コロナでキャンセルに)、そしてホット・ランドリー(現在ロサンゼルスの有名なラジオDJ、ロドニー・ビンゲンハイマーによりヘビロテされている)。

Sep 17 2021

Kuana Torres Kaheleが新譜を発売へ

クアナ・トレス・カハレは特別なアルバム『Kashiwa』を9月30日に発売する。このアルバムには18曲が収録されているが、すべてがクアナの25年にわたるキャリアの中から選ばれ、フルバンドで再録されたものとなる。CDのバージョンにはハワイ語の歌詞と英語の翻訳が併記されたものも同梱される。クアナはハワイ音楽の大家で、フラの世界では、ソロでも、ナ・パラパライのメンバーとしてもひっぱりだこだ。最近はズームのフラ教室を行ったり、ハワイアン音楽の伝説的存在、ロバート・カジメロと共演したりしている。

Sep 17 2021

Galacticがツアー復帰

ニューオリンズを代表するファンクバンド、ギャラクティックがツアーに復帰、全米の、屋外ステージでライブを開催する。ファンは詳しいと思うが、このバンドは伝説的なライブハウス、ティピティーナズを2018年に購入。残念なことに、昨年は新型コロナでほぼ閉店状態だったが、このところライブを再開していた。そこにハリケーン・アイダが直撃、ニューオリンズ全体に大打撃を与えたが、ティピティーナズは軽症で済んだという。ただ、不運なことに、電気網に障害が発生したため停電が続いていて、誰もいつ復旧するか知らないという。もしティピティーナズを応援しようと思う方がいれば、リンクのストアで応援してあげてほしい。 <https://shop.tipitinas.com>.

Sep 17 2021

Streetlight Cadenceがホノルルに凱旋

ストリートライト・ケイデンスは、ホノルルのストリートプレイヤーとしてブレークしたバンドだ。彼らの陽気なゲリラ・ライブは常に多くの観客を集め、世界ツアーを回るほどになった(来日の際、六本木で路上ライブを行ったところ、もう少しで逮捕されるところだった)。彼らはこのところロサンゼルスをベースにするようになり、新型コロナでかなり厳しい制限はあるものの、ディズニーランドやユニバーサルスタジオで定期的にライブを行っている。
バンドは最近ハワイでの凱旋ライブに成功。ブルーノート・ホノルルで完売するほどの盛況なライブを行った。

Sep 17 2021

負傷の Juan Alderete、順調に回復

ベテランのベースプレイヤー、ホアン・アルデレッテが、2020年1月13日に起こしたバイク事故による外傷性の脳損傷から順調な回復を見せている。彼は、事故後4週間も意識不明の状態が続いた。現在、歩いたり、自転車に乗ったり、ベースを演奏することもできているという。ホアンは10代の頃、レーサーXとの共演から始まりスティーヴィー・サラスとの日本での共演、フジロックにバンドのマーズ・ヴォルタで戻り(マーズ・ヴォルタではグラミー賞も受賞)、プロジェクトバンドのハーロー・オービットでシュガー吉永やマーク・ジュリアナとも共演。事故が起こった当時はマリリン・マンソンと共演するなど、長期にわたって活躍する、注目されるべきアーティストの一人だ。