Nov 21 2021

訃報:Margo Guryon

シンガー・ソングライターのマーゴ・ガーヤンが84歳で他界した。ジャズを学び、キャリアの初期にはオーネット・コールマンやドン・チェリーと共演。ガーヤンの曲が最初にレコーディングされたのは、1958年に彼女の「Mood Ride」がジャズ・シンガーのクリス・コナーにコピーされた際だ。その後ハリー・ベラフォンテが「I’m On My Way to Saturday」をレコーディング、ディジー・ガレスピーが「This Lovely Feeling」、スパンキー&アワ・ギャングが「Sunday Mornin」(この曲は1967年にチャートのトップ30にランクインし、フランス語でもカバーされた)。カルメン・マクレー、ジュリー・ロンドン、クロディーヌ・ロンジェ、ライナス・オブ・ハリウッドやセイント・エティエンヌも同じく彼女の曲を録音している。彼女のデビュー・アルバムは1968年にリリースされた『Take a Picture』だが、カルト的な人気を誇っている。しかし、彼女はツアー・ミュージシャンになることに興味がなく、隠者のような生活を送った。彼女のデビューアルバムのオリジナル・プレス版はコレクターズアイテムとなり、日本で特に人気が高かったため、2000年にリイシュー版がリリースとなった。安らかに。

Nov 21 2021

新型コロナ:ライブチケットの価格がインフレ

新型コロナウイルスの副作用の一つとして、多くのライブのキャンセル、遅延があげられる。一部のバンドはこのところライブを再開しているが、大物アーティストらは2022年まで待つ体制のようだ。さらに一部のアーティストは、ほぼ一年後を想定したチケットの販売を開始。再結成したペイヴメントは2022年9月のライブのチケットを発売した。ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツは3月から9月のライブのチケットを発売開始し、ほとんどのライブで売り切れとなっているという。また、チケット購入希望が多いため、チケットの価格が吊り上がっている。現在行われているローリング・ストーンズのNo Filterツアーでは、「No Filter, 最前列パック」のチケットの価格幅は80ドルから、驚くべきことに7500ドルにもなるという。

Nov 21 2021

Kikagaku Moyo 幾何学模様 カリフォルニアツアー中

日本での知名度はイマイチの幾何学模様だが、アメリカでは彼らは絶え間ないツアー、素晴らしいライブパフォーマンスから、最も知られる日本バンドの一つだ。彼らの現行のライブツアーでは、ビッグ・サー地区のキャンプ場でのライブや、売り切れとなったサンフランシスコのカストロ・シアター(1400人収容の施設だ)でのライブ含み、カリフォルニアで7回のライブを行っている。ツアーの最後を締めくくるのは新しいフェス、デザート・デイズへの出演となる。