May 25 2012

シンセサイザーのパイオニアRobert Moogの誕生日によせて

5月25日はエレクトロニック・ミュージックのパイオニア、ロバート・モーグの誕生日だ。モーグは2005年に71歳で他界。音楽好きなエンジニアだったモーグはテルミンを販売する会社を設立し、テルミンの人気を復活させるのに貢献した。その後、“Moog”というブランド名でシンセサイザーの製造・販売を始め、1967年の〈モントレー・ジャズ・フェスティバル〉で初の製品発表を行なった。初期の顧客にはビートルズ、ミック・ジャガー、サン・ラなどが名を連ねた。ミュージシャンで初めてシンセサイザーをツアーに使用したのは、1968年にMinimoogをツアーに取り入れたキース・エマーソンだった。また、同年にはウェンディ・カルロスがMoogを使ったアルバムをリリースし、ベストセラー・ヒットとなった。ブランドの知名度アップに貢献したその他の初期のMoog愛用者には、イエス、ピンク・フロイド、冨田勳、ハービー・ハンコック、クラフトワークなどがいる。2003年にはニューヨークで一夜限りのクラブ・イベント〈モーグフェスト〉が開催され大成功を収めた。後に開催地をノースカロライナ・アッシュヴィルに移した同イベントは年々規模を拡大。3日間開催となった昨年は、ブライアン・イーノ、フレーミング・リップス、タンジェリン・ドリームらが出演した。また、最近ではWooufというメーカーが初期のMoogに似たデザインのソファを発表している。モーグの誕生日を記念して、Googleは最新Doodleの“モーグ・フォン”(カーソルを鍵盤の上に合わせてクリックすると、Moog シンセサイザーに似た音が鳴り、各種制御用つまみを動かすこともできる)を昨日発表したばかりだ。