Jun 21 2012

Graham Nashの自伝が来年秋に出版

グラハム・ナッシュ(70)が2013年秋に出版予定の自伝の執筆を進めている。噂によると今回の原稿料前払いとして数百万ドル以上を受け取っているそうだ。ブリティッシュ・インヴェイジョンの流れに乗ったホリーズ(初めてのヒット曲は1963年)のメンバーとして活動し、音楽出版社を設立して当時まだ若かったエルトン・ジョンと契約を結び、LAに移住してスタートしたクロスビー、スティルズ、ナッシュ&ヤング(以下、CNS&Y)での活動など、多様な経歴を持つナッシュの自伝は面白い内容になるだろう。CNS&Yは、音域の高いボーカル、バンド内の駆け引きとメンバー同士の対立、そして麻薬中毒だったことで知られる。ナッシュは後にアメリカ国籍を取得。一時期はジョニ・ミュッチェルと恋愛関係にあった他、MUSE (Musician United for Safe Energy)の共同創設者で副業の写真家としても活動している。また2006年にはデヴィッド・ギルモアとツアーを行なった。