Jun 25 2012

ジャック・ジョンソンとは?

今年になり改名したヤシーン・ベイことモス・デフが中心となり、90年代初期に活動した伝説のバンド、リヴィング・カラーのドラムスだったウィル・カルホーンに、同じくリヴィング・カラーのベーシストのダグ・ウィンブッシュ、キーボーディストでパーラメントのオリジナルメンバーでもあったバーニー・ウォーレルに、これまた伝説のバンドバッド・ブレインズのスーパーギタリスト、Dr.ノウという面子のスーパーブラックロックバンド、ブラック・ジャック・ジョンソン。実は実在した人物の名前だとご存知だろうか?
若者はハワイ出身のシンガー・ソングライターであるジャック・ジョンソンを思い浮かべるだろうが、最も有名なのは1908-1915年にアメリカで黒人初のボクシングのヘビー級チャンピオンであったボクサーのジャック・ジョンソンだ。
当時非常に大きな論争の的となった彼は、ジャズ・トランペットの巨匠マイルス・デイビスのアルバム『A Tribute to Jack Johnson』や2005年にエミー賞を獲得したKen Burns 監督のドキュメンタリー映画「Unforgivable Blackness: The Rise and Fall of Jack Johnson」の題材となった。