Aug 08 2012

Richard BransonがJohn Peelに感謝の意

ヴァージン・グループの創設者で会長のサー・リチャード・ブランソンが、自身が億万長者になるきっかけを作ってくれたのはBBCのDJジョン・ピールのおかげだと最近のインタビューでコメントしている。1973年、どのレーベルも興味を示さなかったマイク・オールドフィールドのアルバム『チューブラー・ベルズ』を気に入ったブランソンは、設立したばかりのヴァージン・レコードから新譜第一弾として同作品をリリース。このアルバムを高く評価したピールがアルバム収録全曲を自身の番組でオンエアしたことで人気に火がつき、瞬く間にマルチミリオンセラーの世界的ヒットとなった。今年はロンドン五輪に繰り返しフィーチャーされた効果でリバイバル・ヒットとなっている。活動初期にピールに支持されたことでブレイクした数々のバンドは、T・レックス、ピンク・フロイド、デヴィッド・ボウイ、ジョイ・ディヴィジョン、ホワイト・ストライプス、パルプなど。また、少年ナイフやメルト・バナナといった日本のインディーズ・バンドの多くもピールから支持されている。