Jan 31 2013

Mars VoltaがTwitterで解散発表

マーズ・ヴォルタが“今時流”にツイッター上で解散したことを発表した。マーズ・ヴォルタは、パンク・バンドのアット・ザ・ドライブインのメンバーだったセドリック・ビクスラーとオマー・ロドリゲスによって2001年に結成された。風変わりでプログレ的なハードロック・スタイルで多くのファンを魅了し、好調なセールスを記録。さらにはグラミー賞までも受賞した。バンドは数回のドラマー交代を経ながら、時おりレッチリのフリーやジョン・フルシアンテをゲストに迎え、様々な音楽の要素を取り入れたサウンドを展開していった。ベースのホアン・アルデレッテ(元レーサーXとスクリームのメンバーで、2003年から2013年まで在籍)、キーボードのアイキー・オーウェンズ(元ロング・ビーチ・ダブ・オールスターズ。2001年から2010年まで在籍)らが最も活動歴の長いメンバーにあげられる。バンドは2012年にアルバム『ノクターニキット』をリリースしたが、ツアーを行なわなかったために多くのファンを失望させた。ビクスラーはツイッターで、ボスニアン・レインボーズ(2月に2週間のツアーを行なう)をはじめとするサイド・プロジェクトで多忙を極めているロドリゲスがバンドを無期限の活動休止状態に追い込んだために、解散することを選んだとコメントしている。このツイッターで、ビクスラーはマーズ・ヴォルタのファンに感謝の気持ちを表し、自身がマーズ・ヴォルタとは全く異なる方向性の音楽に取り組んでいることも明かした。この解散に関して中立的な立場をキープしているアルデレッテは、自身のバンドのヴァト・ネグロでの活動、そして機材に特化したウェブサイトwww.pedalsandeffects.comの運営などを精力的に行なっている。