Feb 27 2013

注目を浴びるアジアの映画監督たち

ワシントン・ポストに“韓国映画がハリウッドを支配する?”という見出しの記事が掲載された。この記事では、ポン・ジュノ、キム・ジウン、パク・チャヌクら韓国の映画監督たちが絶賛されている。また、今週開催されたアカデミー賞授賞式では、台湾生まれの監督アン・リーが『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で監督賞を受賞。リー監督は、2006年にも『ブロークバック・マウンテン』でスティーブン・スピルスバーグ監督を負かしてアカデミー賞監督賞を受賞している。アカデミー賞4冠を達成した『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は、すでに5億8500万ドル以上の興行収入を記録中だ。