Jul 05 2013

Pretty Lightsの新譜が好調

エレクトロニック・ミュージック・アーティスト、プリティ・ライツの新作アルバム『ア・カラー・マップ・オブ・ザ・サン』がiTunesのアルバム・チャート10位にランクインした。今作で、プリティ・ ライツはサンプルを一切使わないという初の試みに挑戦。本名デレック・ヴィンセント・スミスのプリティ・ライツが時折ライブを一緒に行なう名ドラマーのア ダム・ダウチはレタスやジャズ・ギタリストのジョン・スコフィールドのドラマーとしても知られ、今年のフジロックで来日するアダムのDJセットにも注目が集まっている。アメリカで大人気を博すプリティ・ライツを一躍有名にしたのは2010年のコーチェラでのパフォーマンスだった。しかし、現在までにアメリカの全ての主要フェスに出演してきたにも関わらず、国外でのツアーは一度も行なっていないのは意外である。レッド・ツェッペリン、ナイン・インチ・ネイルズ、ニルヴァーナの楽曲をミックスさせるライブ・セットは彼を有名にしたが、その一方でモービー、デヴィッド・ゲッタ、ファットボーイ・スリムなどのEDMと並んで“メインストリームすぎる”と批判されている。