Nov 09 2013

「YouTube Music Award」が初開催

11月3日に開催された「第一回YouTube Music Award(ミュージックアワード)」に賛否両論が寄せられている。授賞式のディレクターは映画監督のスパイク・ジョーンズ、司会をシンガー/コメディアンのレジー・ワッツと俳優のジェイソン・シュワルツマンがつとめた。一般的な授賞式と異なるこのイベントには革新的な試みが数多く見られたが、まとまりのない混沌とした部分が目立ったのも事実だ。その一方で、レディ・ガガ、アール・スウェットシャツ、エミナムといったトップアーティストによる“ライブビデオ”のパフォーマンスは見応えのあるものだった。実際にオンラインでこのイベントをライブで観た人はわずか22万人ほどだったが、終了後にテレビのニュースやオンラインメディアで大きく取り上げられている。主な受賞者は以下のとおり。

Breakthrough Video:マックルモア&ライアン・ルイス
Video of the Year:少女時代
Response of the Year:リンジー・スターリング
Artist of the Year:エミネム