Nov 15 2013

再結成Frightwigがライブ活動中

サンフランシスコの有名ガールズ・パンク・バンド、フライトウィッグが再結成しライブ活動を行なっている。バンドは1982年に結成され、中心メンバーのディアナ・アシュリーとミア・レヴィン以外は何度かメンバー交代を繰り返してきた。バンドはバットホール・サーファーズ、DOA、レッド・クロス、ソニック・ユース、L7、ビキニ・キルなど多数のバンドと共に北米とヨーロッパでツアーを行なったが、メンバー各自のやりたいことを追求するために1994年に解散。昨年、実力の衰えを見せないアシュリーとレヴィンを中心に、キーボードにエリック・ドリュー・フェルドマン(キャプテン・ビーフハート、フランク・ブラック、ピクシーズと活動した経歴を持つ)を迎えて再結成した。ライブでは少年ナイフの「パブリック・バス」のカバーなど過去の楽曲や最新EP『ヒット・リターン』からの楽曲を演奏している。