May 29 2014

ハリウッドで日本作品の映画化続く

ハリウッド映画の題材として日本の作品が使われる事が続いている。『ゴジラ』の新作は、公開初週で世界で2億ドルという巨額の利益を生み出した。
また、現在噂になっているのが、トム・クルーズとエミリー・ブラント主演のSFCG映画、『Edge of Tomorrow』だが、これは桜坂洋のライトノベル『All You Need Is Kill』の漫画化を原作としている。
また、他の作品でも、日本の作品に触発されたと見てよさそうなものが続いている。『Hunger Game』は『バトル・ロワイアル』との共通点が多いし、『Her』のストーリーは、主人公秀樹が「ちぃ」と名付けられたコンピューター・プログラムに恋をする『ちょびっツ』に非常に似ている。