May 11 2015

MayweatherがSuge Knightの保釈金を用立て?

ボクシング史上で歴史的な一戦となったメイウェザー対パッキャオ戦は3—0でフロイド・メイウェザーが勝利し、巨額のファイトマネー(約144億円)を手にした。しかし、私生活での素行が悪いことで知られるメイウェザーは、試合前から自分が勝った場合はファイトマネーの一部を友人であるシュグ・ナイトの保釈金に使うと語っていた。ナイトは過去25年間に渡ってDV、自動車窃盗罪、薬物や武器の所持罪、および殺人未遂罪など多岐に渡る犯罪に関与してきた。デス・ロウ・レコードのCEOとして、NWA、スヌープ・ドッグ、The D.O.C.、MCハマー、ヴァニラ・アイス、2パックらをヒットさせて巨万の富を築いたが、2006年に破産保護申請をしている。また、2パックの銃撃殺害事件への関与も疑われているが、事件の犯人はいまだに明らかになっていない。現在は男性2人を轢いて死亡させた容疑(本人は彼らから脅迫されていたと主張)で拘留中の身にあり、その保釈金は1千万ドル(約10億円)と言われている。